コロナ中の過ごし方(赤ちゃん・幼児)、公園は?

新型コロナウイルス感染症の影響で、緊急事態宣言が全国で出ています。

赤ちゃんや幼児のいる家庭は、どのように過ごしたら良いのでしょうか?

公園あそびはどうするかなど、現役保育士の観点からまとめました。

あくまでも個人的な意見なのでご了承ください。

コロナ中の過ごし方(赤ちゃん)

保護者(特にお母さん)の不安感を察知しやすいです。

テレビは極力消し、マイナスのニュースに触れる時間を減らすようにしましょう。

スマートフォンなどでコロナ関連の情報を得るのも、1日に1〜2回で十分かと思います。

極力お母さんが不安にならず、明るく楽しく過ごせるよう工夫することが大切です。

 

ハグや抱っこなど、スキンシップをいつもより多くすることがおすすめです!

くすぐりっこや、わらべ歌遊びも、とっても良いスキンシップになります。

大好き」も、言葉に出して1日に何度も伝えてみましょう。

赤ちゃんが安心するだけでなく、大人も幸せな気持ちになれますよ。

赤ちゃんを守る、一番の力は「保護者の愛情」なのです!

実際、愛情不足の赤ちゃんは、身体が弱かったり、体調を崩しやすかったりします。

 

極力、外気に触れたり、花や緑を見たりすることも大切です。

ベランダや庭にシートを敷くなどして遊ばせたり、公園に出たりと、家にこもりきりにならない様にしてあげましょう。

コロナ中の過ごし方(幼児)

身の回りの事を、たくさん経験させてあげましょう。

料理、掃除、洗濯物畳みなど、出来ることは任せてみましょう。

失敗も大切な経験です。

自分で出来ることを増やしてあげて下さい。

もしも保護者がコロナに感染してしまった場合に、少しでも困る場面を減らしてあげる事にもつながります。

 

食育として、野菜をベランダなどで育てる経験もおすすめです。

種や苗を買わなくても、小ネギなどの根付き野菜は、根っこを植えて(または水栽培で)育てる事も可能です。

休園などで食費が増えている家庭にも、おすすめですよ!

赤ちゃん同様、不安になるニュースは減らして、スキンシップや「大好き」の言葉を多めに過ごしてあげてください。

 

自宅での過ごし方を詳しくチェック!

⇒コロナによる自宅での過ごし方。子供・幼児・2歳はどう過ごす?はこちら。

⇒コロナによる自宅での過ごし方。夫婦・家族はどう過ごす?はこちら。

コロナ中の過ごし方。公園は?

できれば毎日、午前中に外遊びはさせてあげましょう。

午前中に太陽の光をたくさん浴びると、体内時計のリズムも整い、早寝早起きの生活習慣にもつながります。

こんな時だからこそ、健康的な生活リズムを整えてあげたいですね。

 

空いている公園や時間帯に配慮して遊ぶことで、他人との接触のリスクは減らせます。

遊具など、他の子がさわるものが気になる場合は、ストライダーや自転車・キックボード等の乗り物を持参して遊ぶことがおすすめです。

また、ボールや縄跳びなど持参したもので遊ぶことで、リスクを減らすことができます。

地面に円をかいての「ケンケンパ」も良いです。

近くに公園がない場合などは、歩いて散歩をするだけでも良いです。

花や虫を見つけながら、ゆっくり楽しめる様にしてあげてください。

 

コロナ陽性の有名人をチェック
⇒コロナ陽性、有名人(日本国内)はこちら。
⇒コロナ陽性、有名人(海外)はこちら。

ロックダウンについてチェック。
⇒コロナによる外出禁止(ロックダウン)への備蓄、食料の買い物リストはこちら。
⇒コロナでロックダウンした国。ロックダウンとは?海外での期間や対応も解説!
⇒コロナによるロックダウン。いつ?仕事や給料・休業補償はどうなる?は、こちら。

コロナ情報をもっとチェック
⇒コロナの収束見込み。ゴールデンウィーク、オリンピック(2021年)はどうなる?過去のパンデミックとの比較は、こちら。
⇒コロナはいつまで?日本の5月・6月・7月の予測は、こちら。
⇒コロナはいつまで?自粛や旅行・結婚式を予測。

コロナによる運動不足解消についてチェック。

⇒コロナによる運動不足。縄跳び・ダンスは?

⇒コロナによる運動不足。散歩・ランニング・自転車は?はこちら。

給付金についてチェック
⇒コロナの給付金、子育て世代はいつ?対象や申請・所得制限の解説はこちら!
⇒コロナの給付金(10万円)はいつから?申請窓口や申請場所・申請書についての解説はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です