コロナによる運動不足。縄跳び・ダンスは?

新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言で、外出自粛が続いています。

コロナによる運動不足、縄跳びやダンスはどうなのか、を考察しました。

あくまでも個人的な意見ですので、ご了承下さい。

 

コロナによる運動不足についてもっとチェック。

⇒コロナによる運動不足。散歩・ランニング・自転車は?はこちら。

 

コロナ中の過ごし方についてチェック!

⇒コロナ中の過ごし方(赤ちゃん・幼児)公園は?こちら。

⇒コロナによる自宅での過ごし方。夫婦・家族はどう過ごす?はこちら。

⇒コロナによる自宅での過ごし方。子供・幼児・2歳はどう過ごす?はこちら。

コロナによる運動不足。縄跳びは?

縄跳びは、かなり良い運動となります。

運動不足解消のみならず、体力作り・身体作りにも良いかと思います。

ベランダや庭でできる家もあるでしょう。

もしかしたら、室内でも可能かもしれませんね。

我が家の子どもは室内用トランポリンの上で、毛糸の手編みマフラーを縄跳びにして、毎日跳んでいます(笑)

跳び方にバリエーションがあるので、難易度を上げたり回数を増やしたりと、飽きずに楽しむ事ができます。

大縄跳びは4歳頃から、短縄跳びは5歳頃からできます。

親子で一緒に楽しむ事が出来ますよ。

 

バリエーション例

  • 前跳び
  • 後跳び
  • あや跳び
  • 交差跳び
  • かけ足跳び
  • 二重跳び
  • 大縄跳び
  • 大縄跳び+縄跳びを一緒に跳ぶ、など

公園などで行う場合は、人の少ない場所を選んで行いましょう!

コロナによる運動不足。ダンスは?

ダンスは、室内で十分に楽しむ事ができます。

ジャンル・バリエーションもかなり豊富です。

子ども・親子の場合

  • 子ども向けTV番組のダンス・体操を観ながら一緒に踊る
  • CDをかけて踊る
  • 過去の運動会などのビデオを観ながら踊る
  • You Tube等で動画を観ながら踊る、等

大人の場合

  • 好きな歌手のDVDなどを観ながら踊る
  • You Tube等で動画を観ながら踊る
  • オンラインダンスレッスンを受講
  • カービィダンス等の教材を使って踊る、等

一人ではつまらなかったり、継続が難しかったりもします。

子どもや家族と一緒に、又はLINEのTV電話やZOOMを使って友達と一緒に、楽しく継続できると良いかと思います!

ストレッチや筋トレもあわせて行うと、より効果的ですよ!!

 

コロナの給付金についてチェック!
⇒コロナの給付金、子育て世代はいつ?対象や申請・所得制限の解説はこちら!

⇒コロナの給付金(10万円)の申請はいつから?申請場所や申請窓口・申請書についての解説は、こちら。

コロナ陽性の有名人をチェック
⇒コロナ陽性、有名人(日本国内)はこちら。
⇒コロナ陽性、有名人(海外)はこちら。

ロックダウンについてチェック。
⇒コロナによる外出禁止(ロックダウン)への備蓄、食料の買い物リストはこちら。
⇒コロナでロックダウンした国。ロックダウンとは?海外での期間や対応も解説!
⇒コロナによるロックダウン。いつ?仕事や給料・休業補償はどうなる?は、こちら。

コロナ情報をもっとチェック
⇒コロナの収束見込み。ゴールデンウィーク、オリンピック(2021年)はどうなる?過去のパンデミックとの比較は、こちら。
⇒コロナはいつまで?日本の5月・6月・7月の予測は、こちら。
⇒コロナはいつまで?自粛や旅行・結婚式を予測。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です