「ヒーリングっどプリキュア」第15話のあらすじ(ストーリー)と感想

2020年7月12日、「ヒーリングっどプリキュア」第15話「初めてのケンカ・・・すれ違うのどかとラビリン」が放送されました。

あらすじ(ストーリー)と感想をまとめました!

 

前回のストーリーをチェック

⇒「ヒーリングっどプリキュア」第14話のあらすじ(ストーリー)と感想は、こちら!

「ヒーリングっどプリキュア」第15話のあらすじ(ストーリー)

授業に必要なリコーダーを家に忘れて、落ち込むのどか。

そこへラビリンらが現れます。

忘れ物に気がついて届けてくれたのです。

 

その帰り、道で驚く物を見つけたヒーリングアニマル達。

 

ビョーゲンキングダムでは、バテテモーダが、ダルイゼンの足をマッサージをしています。

機嫌を取ろうとしますが、ダルイゼンは「お前に興味はない」と冷たくします。

 

実は昼間見た、ハーブガーデンの置物ラベンダルマちゃんに、心を奪われたラビリン。

ニャトラン・ペギタンは可愛くないと言っていたので、つい話を合わせてしまったのでした。

 

お店のイベントに参加してスタンプを集めると、ラベンダルマちゃんのぬいぐるみが貰えると言う事で、のどかが参加する事に。

スタンプを全て集め、念願のぬいぐるみを手に入れました。

喜ぶラビリン。

 

帰りにひなたとニャトランに会います。

ラベンダルマを持っていることをニャトランに冷やかされ、ラビリンは思わずぬいぐるみを投げてしまいます。

「本当は嫌だった!

ひどいのはのどかラビ!」

と怒るラビリン。

 

ついさっきまで楽しい話をしていたのに、と混乱するのどか。

言い合いになり、ケンカをしてしまいます。

のどかにとっては、初めての友達とのケンカでした。

 

翌朝、ひなた・ちゆに、励まされるのどか。

ラビリンに謝るニャトラン。

そんな時、ラベンダーガーデンにダルイゼンとメガビョーゲンが出現します。

 

急いでラベンダーガーデンに向かい、プリキュアに変身しようとしますが、のどかとラビリンは変身出来ません。

 

フォンテーヌとスパークルに任せて、その場を離れるのどかとラビリン。

ラテの仲裁で勇気を出してラビリンに謝るのどかでした。

ラビリンは、全て自分が悪いから、のどかに嫌われたのでは、と思いを伝えます。

 

和解した2人は、プリキュアに変身します。

プリキュアヒーリングオアシスで、葉っぱのエレメントさんを救出。

葉っぱのエレメントボトルをもらいます。

 

2つ目のラベンダルマちゃんのぬいぐるみを貰い、達成感を感じるのどかとラビリン。

ケンカしない方法は分からないけれど、仲直りの方法は分かったからいっか、と微笑みあう2人でした。

 

お楽しみコーナーは、本物どっち?

葉っぱのエレメントさんを見分けました。

 

次回は「友情の誓い!永遠の大樹の下で。」です。

「ヒーリングっどプリキュア」第15話の感想

のどかとラビリンは「パートナー」というイメージが強くて、初めのうち「友達」、という響きがしっくり来ませんでした。

オープニング前から「友達」を強調したストーリー展開でした。

 

長い間、病気だったのどかは、友達とのケンカも初めてだったのですね。

のどかは全く悪くないのに、ラビリンの気持ちに気がついてあげられなかったことを反省して、自分から謝る姿が印象的でした。

ラテのムッとした表情による、ケンカの仲裁、なかなか良かったです。

そして、のどかもラビリンも、純粋にお互いが大好きという事が伝わってきました。

二人とも優しいんですよね。

ケンカ、といっても、温かい気持ちになる内容でした。

 

ケンカをして、信頼関係がなくなると、プリキュアには変身出来ないのですね。

心の肉球にキュンとくることが、パートナーの条件でしたものね!

 

コロナの影響で延期になっていた映画の公開日が決まりましたね。

プリキュアがますます盛り上がりそうです!

 

エレメントさんの声優をチェック!

⇒「ヒーリングっどプリキュア」エレメントさん一覧と声優プロフィールは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です