「ヒーリングっどプリキュア」第22話のあらすじ(ストーリー)と感想

「ヒーリングっどプリキュア」第22話「ラテ逃げないで!消える体と芽生える気持ち」が、2020年8月30日に放送されました。

あらすじ(ストーリー)と感想をまとめました。

前回の内容をチェック!

⇒「ヒーリングっどプリキュア」第21話のあらすじ(ストーリー)と感想は、こちら。

「ヒーリングっどプリキュア」第22話のあらすじ(ストーリー)

専用の部屋を用意してもらい、喜ぶアスミ。

早速ラテのベッドもアスミの部屋に移動。

ビョーゲンキングダムでは、シンドイーネがキングビョーゲンに焦がれています。

メガパーツをシンドイーネに渡すダルイゼン。

ラテのお世話をしようと張り切るアスミ。

やりすぎてしまい、ラテに避けられてしまいました。

ラビリンにもやり過ぎと言われしょんぼり。

 

気持ちが落ち込んで身体が透明になってしまいました。

街を歩いている所をちゆに助けてもらいます。

おやつのすこやか饅頭をたくさん食べて「美味しい」「好き」に出会ったアスミ。

身体も元通りになります。

足湯につかり「好き」のバリエーションも体感。

好きは、気持ちが良いだけではない事を伝えるため、ちゆはハイジャンプの練習を見せます。

止めようと思っても止められない気持ちが、「好き」。

アスミの心にもあるのではないか?と、ちゆは言います。

ラテを見ると気持ちが落ち、再び身体が透明になってしまったアスミ。

楽しい気持ちにさせようと、ひなたとニャトランは慌てます。

そこへ、シンドイーネとメガビョーゲンが出現。

 

アスミとラテを残し、3人+3匹でお手当に向かいます。

メガパーツを使うシンドイーネ。

メガパーツと、使い方を知ったプリキュア達。

メガビョーゲンの力に圧倒されます。

シンドイーネは、新たなメガパーツを確保します。

 

自分の「好き」は、ラテであると気づいたアスミ。

ラテに気持ちを伝え、プリキュアに変身します。

水のエレメントさんに氷のエレメントボトルを使うキュアフォンテーヌ。

アースウインディハープで、キュアアースがお手当完了。

「この世界のには、私の心の知らない事がたくさんありそうですね。」と言うアスミでした。

次回は「かわいいってなんですか?アスミと子犬ものがたり。」

お楽しみコーナーは、エレメントさんどーこだ?でした。

「ヒーリングっどプリキュア」第22話の感想

アスミ、少し人間らしく振舞えるようになってきましたね。

気持ちが落ちると、姿も薄れてしまうところが、流石妖精さん!

地球から生まれたことを痛感させられますね。

 

今回は、「好き」とは何か、がテーマでした。

好きという感情って、確かに色々な形があって、説明しずらいものですが、ちゆは上手に優しく伝えていましたね。

 

次回の「かわいい」は、ひなた担当でしょうか?

以前ショッピングモールにちゆとのどかを連れて行ってくれたこともあり、かわいいと言えばひなたのイメージです。

楽しみですね。

 

シンドイーネ、今回はメガパーツを1つ使い1つ持ち帰りました。

ダルイゼンは、地位を守ることよりも地球をむしばむことが優先、というスタイルでした。

バテテモーダの様な嫌らしさがなくて、好感が持てます(笑)

今後のビョーゲンズのやり取りも、楽しみです!

 

そして、後期エンディングテーマ曲。

ポップな踊りのキュアアースにまだ違和感しかありません(笑)

いつか、あのように楽しい笑顔を振りまく日が来るのでしょうね!

 

エレメントさんをチェック!

⇒エレメントさん一覧と声優プロフィールは、こちら。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です