「ヒーリングっどプリキュア」第24話のあらすじ(ストーリー)と感想

2020年9月13日、「ヒーリングっどプリキュア」第24話「今行きます!お手当を風にのせて。」が放送されました。

あらすじ(ストーリー)と感想をまとめました。

前回の内容をチェック!
⇒「ヒーリングっどプリキュア」第23話のあらすじ(ストーリー)と感想

「ヒーリングっどプリキュア」第24話のあらすじ(ストーリー)

ひなたが持ってきたガイドブックを見て、アスミが気に入った湖に、週末にピクニックに行きました。

大自然の中で遊び、皆でお弁当を食べます。

野生の鳥のヒナが木から落ちてしまったのを見つけたのどか。

樹木医のサクヤさんに、触ることを止められました。

サクヤが樹木医になったきっかけを聞き、地球のお手当をしていると感じたのどか。

 

ダルイゼンが、湖に現れました。

メガパーツの新しい使い方を実験しに来たのです。

ヒナ鳥を見つけ、メガパーツを埋め込むダルイゼン。

 

すこやか市に戻って数日後。

ラテがメガビョーゲンの出現を感じます。

ひなたがスマホで、湖付近で新種の鳥?のニュースを発見。

 

「風は自然の思いを届ける力を持っている」というさくやさんの話を思い出しました。

アスミの思いを風に乗せることで、湖までワープすることができました。

鳥(ネブソック)は、ダルイゼンを兄ちゃんと呼び、褒めてもらう為に戦います。

強さに手こずりますが、高いところが怖いという弱点を見つけてお手当完了。

サクヤさんの事も助けました。

次回は「勇気を出して!とらわれのペギタン」です。

 「ヒーリングっどプリキュア」第24話の感想

初めてエレメントさんが登場しませんでした。
⇒ヒーリングっどプリキュアのエレメントさん一覧と声優プロフィールは、こちら。

メガビョーゲンも出現しませんでしたね。

 

メガパーツを生物に埋め込むと新幹部が誕生する。

バテテモーダもそうでしたが、新幹部は、戦い好きで破天荒なキャラクーなのでしょうか?

ただ、キュアアースは、新幹部であれば浄化できてしまうのですね。

 

ダルイゼンはヒナ鳥にメガパーツ埋め込み、ちょっと早すぎたと感じたようなので、次はもっと強そうなものを新幹部として誕生させるのではないでしょうか。

 

アスミのワープ技もすごかったですね。

精霊のパワーを感じました。

アスミ自身が、”この人を守りたい”という意思を強く持って変身したのが、印象的でした。

サクヤさん、また登場するような気がします。

そして、アスミの成長が著しいです。

精霊なので、特に自然の中で感じ、成長する部分が大きいのでしょうね。

ちゆと同じくらい足が速いのも印象的でした~!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です