黒木華の経歴は?学歴や実家も紹介!

エンターテイメント

女優の黒木華さん。

数々の賞を受賞している、演技派女優です。

そんな黒木華さんの経歴が気になります!

黒木華さんの経歴や学歴、実家もご紹介します。

スポンサーリンク

黒木華のプロフィール

まずは、黒木華さんのプロフィールをご紹介します。

本名:黒木華(くろき はる)

生年月日:1990年3月14日

年齢:30歳(2021年1月現在)

出身地:大阪府高槻市(茨木市という説もあります)

血液型:B型

身長:164㎝

活動内容:女優

事務所:パパドゥ

スポンサーリンク

黒木華の経歴

黒木華さんはどのようにして、今のような立派な女優さんになったのでしょうか?

黒木華さんの経歴をご紹介します。

 

黒木華さんは、『ザ・キャラクター』(2010年)で初舞台をふみました。

また、1,155人のオーディションを見事勝ち抜き『表に出ろいっ!』(2010年)で野田秀樹、中村勘三郎との3人芝居にも出演。

さらに阿佐ヶ谷スパイダース『荒野に立つ』(2011年)、蜷川幸雄演出の『あゝ、荒野』(2011年)などの舞台に出演し、演劇界の期待の新人として注目されました。

2011年、『東京オアシス』でメインキャストとして映画初出演。

2012年には『おおかみこどもの雨と雪』で声優デビューしています。

NHK朝ドラ『純と愛』(2012-13年)でテレビドラマ初出演。

高い演技力が評判となりました。

『リーガル・ハイ』第2シリーズ(2013年)にも出演し、知名度が一気に高まりました。

映画『シャニダールの花』(2013年)や『舟を編む』(2013年)で、キネマ旬報ベストテンや日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など、そうそうたる賞で7つの新人賞を獲得。

極めつけは、山田洋次監督の映画『小さいおうち』(2014年)で、第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞!

日本人としては史上4人目で日本人最年少での受賞でした。

同じ日本人として、とても誇らしかったですよね。

2016年『リップヴァンウィンクルの花嫁』で映画単独初主演。

『重版出来!』で連続ドラマ初主演でした。

そのほか、ドラマ『花子とアン』(2014年)、『天皇の料理番』(2015年)、『真田丸』(2016年)、『みをつくし料理帖』(2017年)、『西郷どん』(2018年)、『凪のお暇』(2019年)、映画『母と暮せば』(2015年)、『日日是好日』(2018年)などに出演しています。

スポンサーリンク

黒木華の学歴

黒木華さんの学歴をご紹介します。

黒木華の小学校

黒木華さんの小学校は、茨木市立三島小学校です。

男の子とよく遊ぶような活発な性格で、両親にキャンプなどによく連れていってもらっていたとのこと。

剣道やトランポリンなどのスポーツにも取り組んでいました

 

また、お芝居や映画が好きな母親の影響で児童劇団に参加。

お芝居を褒めてもらい、とても嬉しかったそうです。

ただし、子供の頃の黒木華さんは、人見知りで人と話すのが苦手だったそうですよ。

 

小学校6年生の時に、関西が誇る長寿番組『探偵ナイトスクープ』に依頼者として出演。

「母親に、運動神経がないと思われているので悔しい。足を高く上げる特技で母を驚かせたい」という、なんともオモシロ可愛い依頼をしていました。

黒木華の中学校

黒木華さんの中学校は、茨木市立三島中学校です。

部活は合唱部でしたが、幽霊部員で、サボって校庭でバレーボールをしたりしていたそうです。

この頃から外で遊ぶより、読書などが好きになり、黒木華さんいわく「中学の頃は一番暗かった」のだとか。

 

高校で何をしたいかを考えた時に「お芝居」が浮かび、高校を決めたそうです。

黒木華の高校

黒木華さんの高校は大阪府の追手門学院高等学校です。

偏差値はコースによって違い、58〜68です。

追手門学院高等学校の演劇部は有名で、全国大会での優勝実績もあります。

 

幼い頃から女優を志していた黒木華さんは、演劇部に入部。

名門の演劇部で、黒木華さんはなんと3年間主役に選ばれていたそうです。

演劇部の練習はとてもハードで、朝から晩まで、土日も休まずに練習、また練習。

黒木華さんは、3年間、一度も練習を休まなかったそうですよ。

「青春時代、一生懸命に頑張ったからこそ今がある」とインタビューで語っていました。

黒木華の大学

黒木華さんの大学は、京都造形芸術大学(現 京都芸術大学)芸術学部映画学科俳優コースです。

女優を目指して、演劇を学べる俳優コース(偏差値42.5)に進学しました。

一人暮らしをしながら女優を目指す自信がなかったので、自宅から通えるところ、というのもポイントだったそうです。

 

当初は本当に女優になれるとは思っておらず、幼稚園の先生になろうと思っていたそうですよ。

 

大学では、監督コースの学生が、俳優コースの人をキャスティングするという実践を重んじる仕組みで、なかなか声がかからず。

そんな時、先輩から野田秀樹さんの演劇ワークショップの話を聞き、オーディションを受けると見事合格!

『ザ・キャラクター』で初舞台に立ってデビューしまし、女優としての活躍が始まりました。

 

大学4年生の時に『東京オアシス』で初めて映画に出演しています。

 

ちなみに黒木華さんは、大学時代、お化け屋敷でアルバイトをしていたそう。

演技力抜群ですから、怖いお化けだったのでしょうね。

スポンサーリンク

黒木華の実家

黒木華さんの実家をご紹介します。

黒木華さんの実家は大阪府高槻市、または茨木市という二つの説があります。

出身小学校、中学校、高校は全て大阪府茨木市なので、茨木市という説が有力ではないでしょうか。

家族構成は、両親、弟、華さんの4人家族です。

黒木華の兄弟

黒木華さんには、3歳年下の弟がいます。

名前は侑太さん。

 

一般の方のようで、お仕事など詳しいことは分かりませんでした。

弟さんは子どものころ、黒木華さんと一緒に児童劇団に参加したこともあるそうです。

お二人にとって、いい思い出になっているのでしょうね。

黒木華の父親

黒木華さんの父親についても、一般の方のようで、お仕事など詳しいことは分かりませんでした。

華さんのお名前は、父親が名付けられたそうで、「春のように華やかに生きてほしい」という意味が込められています。

 

黒木華さんが女優になりたいと相談した時「好きな事をしたらいい」と、母親と共に背中を押してくれたそうです。

とても理解のある素敵なご両親ですよね!

今でも、黒木華さんが落ち込んだときに一番に相談をするのは、ご両親だそうですよ。

黒木華の母親

黒木華さんの母親は貴子さん。

とても活動的な人で地域の活動によく参加していたとのことです。

その活動の一環に、黒木華さんが参加した児童劇団があり、それが女優への第一歩になりました。

 

母親の性格はとてもポジティブ。

黒木華さんがネガティブになったときは、よく助けられるそうで、黒木華さんは母親をとても尊敬しています。

 

また、両親ともに映画が大好きで、家族で映画をよくみていたそう。

知らず知らずではあると思うのですが、黒木華さんが女優を目指す土台を、母親が作っていたのですね。

私たちが今、黒木華さんの素敵な演技を見れていること、黒木華さんの母親に感謝です!

エンターテイメント
スポンサーリンク
花ママをフォローする
花ママの便利帳
タイトルとURLをコピーしました