珈琲いかがでしょうのドラマの主題歌は?アニメ珈琲いかがでしょうの主題歌も紹介!

エンターテイメント

幸せを運ぶ珈琲物語を描いた名作漫画、「珈琲いかがでしょう」。

2021年、実写ドラマ化されることが決定しました。

珈琲いかがでしょうの主題歌が気になりますよね。

珈琲いかがでしょうのドラマの主題歌をご紹介します!

スポンサーリンク

珈琲いかがでしょうのドラマの主題歌を紹介!

珈琲いかがでしょうのドラマの主題歌をご紹介します。

珈琲いかがでしょうのオープニングテーマは、小沢健二さんの「エル・フエゴ(ザ・炎)」

 

珈琲いかがでしょうとテーマが怖いくらい似ていて、強烈にシンクロしているとのこと!

オープニングテーマの形は、おそらく毎回変えていくそうです!

 

スキップしたら変化に気づけない仕組みになる様で、毎回観る楽しみが増えますね!

 

珈琲いかがでしょうのエンディングテーマは、Nulbarichの「CHAIN」です。

物語を包み込む、ムードたっぷりの楽曲です。

夜にピッタリの曲ですね!

Paraviでは、オリジナルストーリー「珈琲”もう一杯”いかがでしょう」も配信!

\動画配信はこちらをクリック!/ 
無料で珈琲いかがでしょうを視聴! 
⇒登録月は無料!
※レンタル作品は別途課金
スポンサーリンク

小沢健二を紹介!

 

この投稿をInstagramで見る

 

小沢健二 Ozawa Kenji(@sokakkoii)がシェアした投稿

小沢健二さんについてご紹介します!

小沢健二のプロフィール

生年月日:1968年4月14日

年齢:53歳(2021年4月時点)

出身地:神奈川県相模原市

職業:シンガーソングライター、ミュージシャン、作詞家、作曲家、朗読家、作詩家

事務所:ドアノックミュージック

レーベル:東芝EMI⇒EMI Records Japan⇒Virgin Music/Universal Music

共同作業者:フリッパーズ・ギター

学歴:東京大学文学部

小沢の家族・親戚

小沢健二さんの家族・親戚は、著名人が多い事で有名です。

 

父親:小澤俊夫(ドイツ文学者)

母親:小沢牧子(心理学者)

祖父:小澤開作(戦前の民族主義者)

伯父:小澤克己(彫刻家)

叔父:小澤征爾(指揮者)、小澤幹雄(俳優)

従弟:小澤征悦(俳優)

従妹:小澤征良(作家)

妻:エリザベス・コール(アメリカ人写真家)

小沢健二の代表作

小沢健二さんの代表作をご紹介します。

  • ラブリー(1994年)

  •  カローラⅡにのって(1995年)

  •  今夜はブギー・バック(スチャダラパーと共演・1994年)

スポンサーリンク

Nulbarichを紹介!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nulbarich(@nulbarich_official)がシェアした投稿

Nulbarich(ナルバリッチ)についてご紹介します。

 

Nulbarichは、メンバーそれぞれがアーティストとして活動している中、楽曲によって異なる編成を組んで演奏している音楽ユニットです。

リーダーのJQさんが音へのこだわりを尊重しながら、楽曲ごとにメンバー構成を組み替えています

 

Nulbarichは、リーダーのJQさんの呼びかけで結成されたバンドです。

JQさんは、もともとシンガーソングライターとして活動。

仲の良い友人たちに声を掛け、1つの表現の場としてNulbarichを結成しました。

 

Nulbarichは、音を楽しむことを目的としてスタートしたようです。

誰が聞いてもスッと心に響いてくれる音楽、という壮大なコンセプトを掲げて活動を続けています。

そのため、素顔を明かさずに、音へのこだわりを見せ続けています。

 

Nulbarichは、3つの単語を掛け合わせた造語です。

  • Null:ゼロ・無の状態
  • but:しかし
  • Rich:裕福・幸福感・贅沢

これらの単語を組み合わせて、「何もない状態でも満たされた音楽」として、名づけられました。

Nulbarichのメンバー

【リーダー・ヴォーカル】JQ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nulbarich(@nulbarich_official)がシェアした投稿

【ギター】カンノケンタロウ(菅野健太郎)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kent.Aro(@kent.aro_gram)がシェアした投稿

【ギター】ナッポ(永野雄一郎)

【ギター】サトウカツシロ

 

この投稿をInstagramで見る

 

サトウカツシロ(@katsushiro_sato)がシェアした投稿

【キーボード】ヤマザキタケル(山崎豪)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takeru Yamazaki(@yamazakitkr)がシェアした投稿

【キーボード】西村奈央

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nishimura Nao 西村奈央(@nyao1008)がシェアした投稿

【ドラム】久保デラックス(久保正彦)

【ベース】サクライロック(櫻井陸来)

 

この投稿をInstagramで見る

 

櫻井 陸来(@sakurai.rock)がシェアした投稿

【ベース・シンセサイザー】永井隆泰

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takayasu Nagai(@tkysbass)がシェアした投稿

スポンサーリンク

珈琲いかがでしょうの音楽を紹介!

珈琲いかがでしょうの劇伴音楽は、HAKASE-SUN

ドラマの世界観に寄り添った音楽で、珈琲いかがでしょうを一層盛り上げます!

 

HAKASE-SUN(ハカセ・サン)は、ミュージシャン・レゲエキーボーディスト。

通常の呼び方は「ハカセ」で、ソロ活動時のみ「SUN」が付きます。

HAKASE-SUNの経歴

1990年、ハカセとしてフッシュマンズに加入。

1995年、フッシュマンズ脱退。

LITTLE TEMPOにHAKASEとして加入。

 

2001年、川上つよしと彼のムードメイカーズに加入。

 

初のソロ作品も発表。

 

2014年、OKI DUB AINU BAND加入。

 

2015年、KODAMA&THE DUB STATION BAND再起動にあたり、メンバーとして参加。

スポンサーリンク

珈琲いかがでしょうのアニメの主題歌を紹介!

珈琲いかがでしょうは、2018年にアニメ化されています。

珈琲いかがでしょうのアニメの主題歌をご紹介します!

珈琲いかがでしょうのアニメの主題歌は、「憂うつはコーヒーカップの中」

ゆったりとしたテンポが心地の良い曲ですね。

【作詞・作曲・演奏・歌】アライヨウコ

アライヨウコのプロフィールを紹介!

 

この投稿をInstagramで見る

 

アライヨウコ| (@curryouko)がシェアした投稿

歌とギター。

都内を中心に、全国各地のライブハウス、カフェ、ギャラリー、美味しいものがありそうなところなど、場所を問わずにライブを行っています。

弾き語り形態の演奏と、2017年からはバンド(アライヨウコと潮騒)での活動も開始。

歌と並行し、イラストを中心としたフライヤー製作などのイラスト業でも活動しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

アライヨウコ| (@curryouko)がシェアした投稿

 

Paraviでは、オリジナルストーリー「珈琲”もう一杯”いかがでしょう」も配信!

\動画配信はこちらをクリック!/ 
無料で珈琲いかがでしょうを視聴 
⇒2週間無料!
※レンタル作品は別途課金
エンターテイメント
スポンサーリンク
花ママをフォローする
花ママの便利帳
タイトルとURLをコピーしました