今田美桜の本名は?高校や大学も紹介!

エンターテイメント

女優でタレントの今田美桜さん。

女子高生を中心に人気を集めています。

今田美桜さんの本名が気になりますよね。

今田美桜さんの高校・大学もご紹介します。

スポンサーリンク

今田美桜の本名

 

この投稿をInstagramで見る

 

今田美桜(@imada_mio)がシェアした投稿

今田美桜さんの本名が気になりますよね。

まずは、今田美桜さんのプロフィールをご紹介します。

本名:今田美桜(いまだみお)

生年月日:1997年3月5日

年齢:24歳(2021年3月時点)

出身地:福岡県福岡市

血液型:A型

身長:157cm

活動内容:女優、グラビアアイドル、タレント

事務所:コンテンツ3

趣味:語学勉強(中国語検定2級)、料理

特技:博多弁の早口言葉、漢字検定準2級

 

今田美桜さんは、本名だったのですね!

「美桜」という名前は、母親の名前から「美」を取り、桜の時期に生まれたことと、みんなに愛されるようにと言願いを込めて「桜」と付けたのだそうです。

今田美桜さんは、この名前が大好きで、他の名前にはなりたくないという理由で、芸名は使わなかったそうですよ。

スポンサーリンク

今田美桜の高校・大学

 

この投稿をInstagramで見る

 

今田美桜(@imada_mio)がシェアした投稿

今田美桜さんの高校・大学はどこなのでしょうか?

学歴をご紹介します。

今田美桜の小学校

今田美桜さんの小学校は、公表されていません。

中学校の校区から、下記の小学校のいずれかであると推測されます。

  • 福岡市立笹丘小学校
  • 福岡市立長尾小学校
  • 福岡市立田島小学校

今田美桜さんは、小学3年生からミニバスケットボールチームに所属していました。

2チームに所属して、どちらも週3くらい練習があったそう。

週末には練習試合もあり、ずっとバスケをしていたのだとか。

 

また、小学時代から、父親の影響でpay pay ドームで福岡ソフトバンクホークスの試合を観戦していたそうです。

今田美桜さんは、幼い頃から近所では可愛いと評判の美少女でした。

子どもの頃は、内気で人見知りをする少女でしたが、打ち解ければおしゃべりだったそうです。

今田美桜の中学校

今田美桜さんは、福岡市立友泉中学校に通学していました。

中学時代は、陸上部に所属。

走り幅跳びをしていました。

運動神経はあまり良くないけれど、身体を動かすのが楽しかったそうです。

得意科目は社会。

理数系は全然わからなかったそうです。

 

将来の夢は幼稚園の先生だったそうですよ!

大好きな先生がいたから、自分もそんな先生になりたいと憧れていたそうです。

 

中学時代は、目が大きかったことから「金魚」というあだ名で呼ばれていました。




今田美桜の高校

今田美桜さんは、福岡県立福岡講倫館(こうりんかん)高校に通学していました。

偏差値は48。

難易度はやや容易です。

今田美桜さんは、総合学科に在籍していました。

単位制でビジネスや福祉、情報や芸術などに関する科目を専攻することが出来ます。

 

高校の先輩には、「王様のブランチ」リポーターなどを務める、松元絵里花さんがいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

松元絵里花(@matsumoto_erika)がシェアした投稿

高校時代から面識があったそうで、下記の様に話していました。

松元絵里花ちゃんが高校の1コ上の先輩なんです!

絵里花先輩はみんなの憧れの存在で、Rayモデルになったときはザワザワでした。

 

今田美桜さんは、高校2年生の時にモデル事務所にスカウトされ、芸能界入りします。

 

高校3年生の時に、テレビ西日本の情報番組「GeeBee」に出演。

出演メンバー歳少年でした。

福岡の流行担当として、いつもメンバー内に新しい風を吹かせていたそうです。

ただ、その果てしない元気と体力にメンバーが置いて行かれることもしばしばあったのだとか。

 

高校時代にCMに出演。

それがきっかけで、もっと長いお芝居をしてみたいと感じ、演技レッスンも通っていたそうです。

 

同じ年、NHK BSプレミアム「私は父が嫌いです」でドラマ初出演しています。




今田美桜の大学

今田美桜さんは、芸能活動に専念するため、進学していません。

両親は大学に進学して欲しいと思っていたために、進路については結構ぶつかったとのこと。

本当に俳優になりたいという自分の気持ちを素直に真っ直ぐ伝えて、担任の先生も両親を説得してくれたそうです。

しかし、大学卒業の年齢である、22歳までに形にできなければ辞める、と両親と約束をして芸能活動に専念しました。

 

高校を卒業した年に、SAGEMONガールズのメンバーとなっています。

今田美桜さんが、センター・リーダーを務め、最も人気のあるメンバーでした。

しかし、PR動画への出演など、限定的な活動のみでした。

そのため、福岡でモデル活動をしながら、日雇いのアルバイトをしたりしていたそう。

オーディションの度に上京していましたが、全く受からずに口惜しい思いをしたとのこと。

泣いて、スッキリして寝て忘れていたそうです。

振り返ると、一番キツかった時期だったそうですよ。

 

当時所属していた事務所は、東京での拠点がありませんでした。

しかし、上京して女優として勝負してみたいとの気持ちが強くなっていったそう。

 

そんな中、19歳の時に現在の事務所にスカウトされ、上京しています。

当初はグラビアアイドルとしての活動が多く、数々の雑誌の表紙を飾りました。

並行して女優としての活動も行い、20歳の時にテレビドラマ「僕たちがやりました」で初めて連続ドラマにレギュラー出演を果たしました。

同じ年に、「民衆の敵」に出演。

この頃から、徐々に知名度が上昇して、テレビ番組への出演が増えていきました。

スポンサーリンク

今田美桜の実家

 

この投稿をInstagramで見る

 

今田美桜(@imada_mio)がシェアした投稿

今田美桜さんの実家は、福岡県福岡市です。

高校は自転車通学をしていたことから、福岡市早良区に自転車通学できる範囲内に実家があると考えられます。

 

今田美桜さんは父、母、妹、弟の5人家族です。

今田美桜さんは、3人姉弟の長女です!

 

この投稿をInstagramで見る

 

今田美桜(@imada_mio)がシェアした投稿

今田美桜の父親

今田美桜さんの父親は、アウトドア好き。

キャンプが夏の定番だったそうですよ!

父親は、野球観戦も好きで、ヤフードームでソフトバンクホークスの試合を見に行っていたのだとか。

 

今田美桜さんは、眉山がしっかりした眉毛が印象的ですが、父親譲りなのだそうです。

父親も男前なのでしょうね!

 

父親は、今田美桜さんが大学に進学せずに芸能界入りすることを反対していたそうです。

最後は、22歳までに形になれば、という約束で認めたとのこと。

 

今の事務所に所属するときも、今田美桜さんのために下調べを、しっかりとしたそうですよ!

22歳になってからは、進路についての話はしなかったそうです。

その後『今田美桜スタイルブックイマ』(2019.7)を購入した父親から、

今はあなたを信じてその道に進ませてよかったって思います。

とLINEが来たそうです。

 

 

父親は、出張で東京に来ることが多く、ちょこちょこ会っているそうですよ。




今田美桜の母親

今田美桜さんの母親は、福岡市中央区にあるカレーパン屋さん「おやつSTAND IMADA082」を経営しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

みゆき(@__miyuki__05_14)がシェアした投稿

おしゃれなお店ですね!

今田美桜さんのファンもたくさん訪れている様ですよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

だいふく(@_kano.jim_)がシェアした投稿

 

母親は、今田美桜さんの出演作の感想をよく送ってくれるそうです。

いつも今田美桜さんを応援してくれているのだとか!

今田美桜さんの母親は、とっても美人だそうですよ!




今田美桜の妹

今田美桜さんの妹は、2歳年下です。

母親が経営しているパン屋さんでお手伝いをしていた、との情報もありました。

実際に見た人が、「めちゃくちゃかわいい」と大絶賛しているようです。

今田美桜さんの弟

今田美桜さんの弟は、姉がグラビアの仕事をしていることで、学校で冷やかされたりすることもあったのだとか。

それでも、家では「ただの姉」として接してくれる優しい弟の様です。

スポンサーリンク

今田美桜の経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

今田美桜(@imada_mio)がシェアした投稿

今田美桜さんの経歴をご紹介します。

2013年、天神でスカウトされ、福岡にある事務所の株式会社CGEに所属しました。

12月、「マリノアシティ福岡」のCMでCM初出演。

2015年1月、テレビ西日本の情報番組「GeeBee」に出演しました

「私は父が嫌いです」(NHK BSプレミアム)でテレビドラマ初出演。

10月、映画「罪の余白」で映画初出演を果たしています。

 

11月には、九州朝日放送「こわぼん」で声優に初挑戦しています。

 

2016年、19歳の時に、福岡の駅に貼ってあった今田美桜さんのポスターが、現在の事務所の社長の目に留まり、スカウトされました。

「映画の仕事をしたい、女優になりたい」と強く思ったことから、8月に上京。

現在の事務所コンテンツ3に所属しました。

 

キャッチコピーは、福岡で一番可愛い女の子

事務所の社長が付けたもので、東京進出時にスポーツ紙や週刊誌などのメディアで紹介されました。

中川駿監督の自主制作短編映画「カランコエの花」で主演。

2017年~2018年の多くの映画祭で、高く評価される作品となりました。

2017年、自身のYouTubeチャンネルを開設。

月に1回の動画投稿を開始しました。

6月、映画「ダブルミンツ」に出演。

 

7月には、関西テレビ系「僕たちがやりました」で初めて連続ドラマにレギュラー出演しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

今田美桜(@imada_mio)がシェアした投稿

10月、フジテレビ系「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」に出演。

 

フジテレビ系「刑事ゆがみ」にも出演しました。

 

12月、映画「デメキン」に出演。

 

この投稿をInstagramで見る

 

今田美桜(@imada_mio)がシェアした投稿

2018年3月、フジテレビNEXT/J:COM「記憶」に出演。

演じた真矢愛莉の「原作再現度の高さ」で注目されました。

 

4月、TBS系「花のち晴れ~花男Next Season~」に出演。

 

この投稿をInstagramで見る

 

今田美桜(@imada_mio)がシェアした投稿

最初はヒール役で、後に主人公の親友となる難しい役どころを好演。

演技力も評価され、ブレイクのきっかけとなりました。

 

NGがかかっても、監督のカットの声がかかるまでは決して芝居をやめないなど、女優として真摯に取り組む姿が、共演者やスタッフからも高く評価されています。

知名度が大きく上がったことから、ファッションモデルとしての活動も開始。

反響が大きかったことから、ヘアスタイルを再現する動画も公表されています。

 

「世界で最も美しい顔100人」にノミネートされました。

12月には、「Yahoo!検索大賞2018」女優部門を受賞

Instagram上で最も輝いた著名人「#MVI 2018」のトレンド部門に選出されました。

この年、Instagramのフォロワー数が100万人を突破しています。

今田美桜デジタル写真集「スタミナ」で、集英社 週プレ「グラジャパ!アワード2018 MVP」デジタル写真集賞を受賞。

 

2019年1月、自動車買取・査定サービス「ラビット」のイメージキャラクターに就任。

日本テレビ系「3年A組-今から皆さんは、人質です-」に出演しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

今田美桜(@imada_mio)がシェアした投稿

オーディション&エンタメ情報サイト「デビュー」の「2019ネクストブレイクランキング」女優部門で1位に選出。

「LINE Pay」「どんなときもWiFi」のアンバサダーに就任しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

今田美桜(@imada_mio)がシェアした投稿

6月、映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」で吹き替えに初挑戦しました。

 

7月、日経エンタテインメント!「タレントパワーランキング2019 」女優急上昇TOP20で1位に輝きました。

テレビ朝日系「セミオトコ」に出演。

 

10月、第36回「ベストジーニスト2019」女性一般選出部門で3位にランクインしています。

テレビ朝日系「ドクターX~外科医・大門未知子~」に出演しました。

 

11月、映画「いのちスケッチ」に出演。

 

12月には、映画「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」に声優として出演しました。

 

2020年1月、エム・データ発表の「2019~2020年の年末年始TV-CM会社数ランキング(女性)」で1位を獲得。

テレビ朝日系「ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~」に出演。

 

この投稿をInstagramで見る

 

今田美桜(@imada_mio)がシェアした投稿

2月、映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」、映画「ヲタクに恋は難しい」に出演しました。

 

8月、日本テレビ系「親バカ青春白書」に出演。

 

日本モニター発表の2020タレントCM起用社数ランキングで女性タレント部門1位(14社)。

2021年4月、日本テレビ系「恋はDeep」に出演します。

映画「東京リベンジャーズ」でヒロインを務めます。

エンターテイメント
スポンサーリンク
花ママをフォローする
花ママの便利帳
タイトルとURLをコピーしました