森川葵の本名は?中学や兄弟も紹介!

エンターテイメント

カメレオン女優と評判の、森川葵さん。

数多くいる若手女優の中でも、群を抜いて演技力が高いと評判です。

森川葵さんの本名が気になりますよね。

森川葵さんの中学や兄弟もご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

森川葵の本名

森川葵さんの本名が気になりますよね。

まずは、森川葵さんのプロフィールをご紹介します。

本名:森川 葵(もりかわ あおい)

生年月日:1995年6月17日

年齢:25歳(2021年5月時点)

出身地:愛知県

血液型:不明

身長:156.8cm

活動内容:女優

事務所:スターダストプロモーション製作1部

趣味:編み物、アニメ、カメラ集め、睡眠

特技:ダイススタッキング

 

森川葵さんは、芸名ではなく、本名で活動しています。

名前の由来については、残念ながら公表されていません。

6月生まれですので、季節のお花で「葵」と名付けられたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

森川葵の中学

森川葵さんの中学はどこなのでしょうか。

森川葵さんの学歴をご紹介します。

森川葵の小学校

森川葵さんの小学校は、公表されていません。

中学校の校区から、下記の3校のいずれかに通学していたと考えられます。

  • 東海市立横須賀小学校
  • 東海市立大田小学校
  • 東海市立加木屋小学校

小学校時代は、クラッシクバレエを習っていました。

森川葵の中学校

森川葵さんは、東海市立横須賀中学校に通学していました。

吹奏楽部に所属していました。

中学3年生の時に、雑誌「Seventeen」が主催の「ミスセブンティーン」でグランプリを獲得。

専属モデルとして芸能界入りします。

 

モデルになりたかったというよりは、お小遣いが欲しかったそうです。

5人兄弟でお小遣い制がなかった森川葵さん。

周囲の友達が、学校帰りにコンビニで買い食いしているのがうらやましかったそう。

 

兄が高校を卒業したら一人暮らしをすると言っているのを知り、”自分も親に迷惑はかけられない。3年後には家を出ていかなければ”、と漠然と思っていたそうです。

森川葵の高校

森川葵さんは、名古屋工芸高校インテリア科に通学していました。

偏差値51。

難易度は普通です。

高校1年生の時に、映画「Love ToRAIN-ラヴトレイン-」で初主演し、女優デビュー。

高校2年生の時に、日本テレビ系「スプラウト」にヒロインとしてドラマに初出演しています。

高校3年生の時に、映画「スクールガール・コンプレックス-放送部編-」で主演を務めました。

森川葵の大学

森川葵さんは、芸能活動に専念するため進学はしていません。

スポンサーリンク

森川葵の兄弟

森川葵さんの兄弟について、ご紹介します。

森川葵さんの実家は、愛知県東海市にあります。

森川葵さんは、父、母、兄、妹、弟2人の7人家族です。

5人兄弟なのですね!

森川葵さんの父親

森川葵さんのブログを読むと、現在の父親は母親の再婚相手なのではないか、と推測できます。

以前は、母親と同じ勤務地で働いていました。

 

レストランのシェフとして働いていた人が、今の父親なのではないかと考えられます。

森川葵さんは「ぱぱ」と呼び、一緒に出かけるなど、関係は良好の様です。

森川葵さんの母親

森川葵さんが小学生の頃は、毎週末働いていた様です。

森川葵さんのブログから推測すると、名古屋港イタリア村で働いていたのではないか?と考えられます。

ミニカーやさんで働いていて、休憩時間には、森川葵さんとピザを食べたり、レストランで食事をしたりしていました。

母親は、魚の骨を取るのが上手だそうです。

森川葵さんは「まま」と呼んでいます。

森川葵の妹

森川葵さんの妹は、10歳くらい年下。

再婚した父親との子供なのではないか?との噂もあります。

スポンサーリンク

森川葵の経歴

森川葵さんの経歴をご紹介します。

2010年、雑誌「Seventeen」主催の「ミスセブンティーン」オーディションでグランプリを獲得。

専属モデルとして芸能界入りしました。

2012年2月、映画「Love ToRAIN-ラヴトレイン-」で主演。

女優デビューしました。

7月、日本テレビ系「スプラウト」でヒロインとして、ドラマ初出演しました。

 

2013年8月、映画「スクールガール・コンプレックス-放送部篇-」で主演。

 

2014年10月、TBS系「ごめんね青春!」に出演しました。

 

2015年2月、雑誌「Seventeen」の専属モデルを卒業。

5月、NHK「ちゃんぽん食べたか」にヒロインとして出演しました。

10月、フジテレビ系「テディー・ゴー!」で主演。

2016年7月、日本テレビ系「遺産相続弁護士 柿崎真一」でヒロインを務めました。

 

8月、映画「鷹の爪8~吉田くんのXファイル~」で声優初挑戦。

 

10月、NHK「プリンセスメゾン」で主演を務めましました。

 

2017年12月、NHK「許さないという暴力について考えろ」主演。

2018年11月、舞台「ロミオとジュリエット」にヒロインとして出演しました。

2019年4月、MBS系「カカフカカ-こじらせ大人のシェアハウス-」で主演。

5月、メーテレ「ヴィレヴァン!-名古屋が生んだ奇跡のギリギリな物語-」で主演を務めました。

 

日本テレビ系「それって!?実際どうなの課」にも、レギュラーとして出演。

6月、映画「耳を腐らせるほどの愛」にヒロインとして出演しました。

 

2020年4月、フジテレビ系「B面女子」で主演。

11月、映画「おジャ魔女どれみ 魔女見習いをさがして」で主人公の声を演じました。

 

2021年5月、映画「賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」に出演します。

タイトルとURLをコピーしました