入山杏奈の小学校は?実家や留学についても紹介!

エンターテイメント

女優で歌手の入山杏奈さん。

AKB48の”あんにん”として親しまれています。

入山杏奈さんの、小学校はどこなのか、気になりますよね。

入山杏奈さんの実家や留学についてもご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

入山杏奈のプロフィール

まずは、入山杏奈さんのプロフィールをご紹介します。

本名:入山 杏奈(いりやま あんな)

生年月日:1995年12月3日

年齢:25歳(2021年5月時点)

出身地:千葉県

血液型:B型

身長:160cm

活動内容:女優、歌手

事務所:太田プロダクション

趣味:アニメ鑑賞、フルート、お菓子作り、料理

特技:スペイン語

スポンサーリンク

入山杏奈の小学校

入山杏奈さんの小学校はどこなのでしょうか。

入山杏奈さんの学歴をご紹介します。

入山杏奈の小学校

千葉市内の公立小学校に通学していたと考えられます。

千葉市美浜区内の小学校という情報もあります。

美浜区内には、公立小学校が20校あります。

 

小学生の頃から、フルートを習っていました。

子どもの頃からテレビドラマが大好きだったため、小学生の時には女優に憧れを抱いていました。

テレビドラマを観て泣いてしまったことがきっかけで、「人の心を動かせるのはすごいな」と思ったそうです。

 

小学生時代からしっかり者で、模範的な生徒でした。

学級委員も、度々務めていました。

テキパキと周囲に指示を出すことから、それいけアンパンマンの「こおりのじょうおう」というあだ名がついていたそうです。

 

幼児期はいたずらが大好きなおてんば少女だったそうです。

3歳の時の入山杏奈さん、可愛らしいですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

入山杏奈 ANNA IRIYAMA(@iamannairiyama)がシェアした投稿

入山杏奈の中学校

入山杏奈さんは、千葉市立稲毛中学校に通学していました。

偏差値66。

難易度は難関です。

千葉市立稲毛中学校は公立校ですが、中高一貫校です。

そのため入試があり、千葉県内でも難関中学として知られています。

入山杏奈さんも、中学受験で入学しています。

学力の高さが伺えますね。

 

部活は吹奏楽部で、フルートを担当していました。

中学2年生の時に、AKB48第10期オーディションに合格し、芸能界入りしています。

オーディションを受けたのは、学校の先輩に誘われたことがきっかけでした。

親になかなかAKB48のオーディションを受けたいと言えなかったそうですが、先輩に誘われたことで決心できたそうです。

 

芸能界入り後は、吹奏楽部を退部し、AKB48としての活動に専念しています。

中学3年生の時に、AKB劇場デビューします。

入山杏奈の高校

入山杏奈さんの高校は、千葉市立稲毛高校に通学していました。

偏差値68。

難易度は難関です。

千葉市立稲毛高校は、千葉県内の公立校の中では、上位の進学校です。

 

入山杏奈さんは、内部進学ですが、付属中学自体も難関なので、かなりの学力であることは間違いありません。

入山杏奈さんの高校時代は、AKBのグループ活動がメインとなっています。

そのため、部活動は行っていなかった様です。

 

高校1年生の時に、テレビ東京系「マジすか学園2」で女優デビューしています。

高校2年生の時に、26枚目のシングル「真夏のSounds good !」で、初の選抜メンバー入り。

高校3年生の4月に、バラエティ番組「めちゃめちゃイケてる」の企画「国立め茶の水女子大学付属第28高等学校期末テスト」に出演。

頭脳明晰ぶりを発揮して、1位となっています。

 

芸能活動と学業を両立させて、しっかり卒業しているので、かなりの努力家であることが伺えますね。

入山杏奈の大学

入山杏奈さんは、芸能活動に専念するため進学はしていません。

高校を卒業してやりたい事の幅も広がったとの事。

色々なことに挑戦して、自分の夢や目標を見極めていきたいと語っていました。

スポンサーリンク

入山杏奈の実家

入山杏奈さんの実家は、千葉県千葉市にあります。

入山杏奈さんは、父、母、姉の4人家族です。

入山杏奈の父親

入山杏奈さんの父親は、宮崎県出身です。

入山杏奈さんは、小学生の頃からフルートを習っていたことから、お金持ちの家庭で育ったのではないかと推測できます。

入山杏奈の母親

入山杏奈さんの母親は、入山杏奈さんそっくりだそう!

美人さんなのでしょうね!

入山杏奈の姉

入山杏奈さんの姉は4歳年上。

入山杏奈さんとは似ていないそうです。

お姉さんは、父親になのかもしれませんね。

 

入山杏奈さんのお姉さんは、すでに結婚しています。

2018年4月には、子どもも産まれています。

入山杏奈さんは、おばさんなのですね!

スポンサーリンク

入山杏奈の留学

入山杏奈さんは、メキシコに留学しています。

きっかけは、2018年9月に出演した、メキシコの連続ドラマ「L.I.K.E」。

 

2017年におこなわれた「第7回 AKB48紅白対抗歌合戦」で、主要キャストのうちの1名をAKB48グループメンバーから選ぶことが発表されました。

そして、入山杏奈さんが選ばれたという訳です。

AKBグループの中で「しっかりしている」「頭が良い」という印象が選ばれた理由だったようです。

このドラマは、メキシコの有名プロデューサー”ペドロダミアン”が手掛けています。

彼は、スペイン語圏で大ヒットを記録したドラマ「レベルデ」を手掛けたプロデューサーとして有名です。

 

入山杏奈さんは、”スペイン語も英語も話せない、メキシコに身内もいないのに、自らの意思で日本からL.I.K.E.にやってきた、ミステリアスな女の子”という設定でした。

テレビ放映は、2018年の夏から。

撮影は、2018年4月から開始しました。

 

このため入山杏奈さんは、語学留学もかねて1年間の予定でメキシコに渡りました。

入山杏奈さんは暗記が得意なので、英語もスペイン語もすぐに上達。

出演している画像からも、自然な笑顔で現場に打ち解けている様子がうかがえます。

入山杏奈さんの演技は高く評価され、メキシコの新人女優賞にノミネートされたんですよ!

メキシコで有名な日本人と言えば、入山杏奈さんの名前が出てくることは、間違いありませんね。

 

ドラマ「L.I.K.E.」は、2019年1月までの放送でした。

その後、完全には帰国せず、拠点をメキシコに移しています。

優しくて陽気な人たちばかりで楽しいし、タコスなどの食事も美味しいとの事。

 

なめらかに話せるほどスペイン語を習得し、メキシコなどのスペイン語圏のファン向けに動画配信も行っています。

スポンサーリンク

入山杏奈の経歴

入山杏奈さんの経歴をご紹介します。

2010年3月、AKB48第10期オーディションに合格し芸能界入りしました。

6月、AKB劇場デビュー。

2011年4月、テレビ東京系「マジすか学園2」で女優デビューしました。

 

7月、研究生から正規メンバー(チーム4)に昇格しました。

2012年5月、26枚目のシングル「真夏のSounds good !」で初の選抜メンバー入り。

8月、テレビ東京系「マジすか学園3」に出演しました。

 

2013年2月、日本テレビ系「So long !」に出演。

 

2014年7月、映画「青鬼」で初主演として、映画初出演しました。

 

9月、NOTTV「結婚させてください!! エピソード3 愛とトマト」でドラマ初主演。

10月、テレビ朝日系「黒服物語」に出演しました。

 

2015年1月、日本テレビ系「マジすか学園4」に出演。

 

4月、NHK総合「64(ロクヨン)」に出演。

 

8月、日本テレビ系「マジすか学園5」に出演しました。

 

10月、TBS系「劇場霊からの招待状」で主演。

 

11月、フジテレビ系「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」に出演しました。

 

テレビ朝日系「AKBホラーナイト アドレナリンの夜」で主演。

 

2016年2月、映画「9つの窓 先客あり」で主演を務めました。

 

4月、テレビ朝日系「AKBラブナイト 恋工場」で主演。

 

9月、舞台「歌姫」に出演しました。

12月、日本テレビ系「キャバすか学園」に出演。

 

2017年3月、ファースト写真集「美しい罪」を出版しました。

5月、テレビ朝日系「緊急取調室」に出演。

 

7月、NHK BSプレミアム「定年女子」に出演しました。

 

12月、雑誌「VOCE」のレギュラーモデルとなりました。

2018年4月、フジテレビ系「花にけだもの」に出演。

 

6月、WOWOプライム「連続ドラマW不発弾~ブラックマネーを操る男~」に出演しました。

 

9月、メキシコの連続ドラマ「L.I.K.E」に出演。

10月、映画「あいあい傘」に出演しました。

 

2019年3月、ドラマ「L.I.K.E」でメキシコの新人女優賞にノミネート。

8月、フジテレビ系「花にけだもの~Second Season~」に出演しました。

 

2020年4月、NHK総合「いいね!光源氏くん」に出演。

 

2021年2月、舞台「魔女の夜」に出演しました。

タイトルとURLをコピーしました