上白石萌音の大学・学部は?大学生活や卒業はいつ(2021?)かも調査!

エンターテイメント

女優の上白石萌音さん。

上白石萌音さんの大学・学部が気になりますよね。

上白石萌音さんの大学生活や、大学卒業はいつ(2021年?)かも調査しました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

上白石萌音の大学・学部は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿

上白石萌音さんの大学・学部はどこなのでしょうか。

上白石萌音さんの学歴をご紹介します。

上白石萌音の小学校

小学1~2年生の頃は、父親の仕事の都合で、鹿児島県いちき串木野市立照島小学校に通学していました。

子供の頃から歌ったり踊ったりすることが好きでした。

3歳からピアノを習っていましたが、音楽が流れると歌ったり踊ったりしたくなってしまい、身体が勝手に動いてしまったため、小学校1年生で挫折。

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿

母親の勧めで小学校1年生の時より、鹿児島市内のミュージカルスクール「マリアミュージカルアカデミー」に通っていました。

HKT48/AKB48の宮脇咲良さんとは、同じミュージカルスクールに通っていた友人で、同い年だそうです!

 

同時に、クラシックバレエも習っていました。

バレエ教室の友人に、鹿児島読売テレビアナウンサーの横山あさみさんがいます。

幼馴染でもあるそうですよ!

 

父親が職業柄、歴史好き。

上白石萌音さんも、小学生の頃から、父親と一緒に大河ドラマを観ていたそうです。

 

小学3年生から5年生の時まで、メキシコで生活していまた。

中部にある、グアナフアト州に在住していました。

街中に歌や踊りが溢れている国で、あらためて音楽やエンターテインメントの魅力を感じたそう。

人とのつながりを大切にする国でもあったため、人と話すことや人との関係を築くことが好きになったそのだとか。

メキシコでの生活は、上白石萌音さんの自己の形成に大きな影響を与えたそうですよ!

人付き合いが苦手でふさぎ込んでいた上白石萌音さんを変えてくれたラテンの地、とブログにも綴っています。

 

ちなみに、メキシコ時代は、父親が勤務していた日本人学校に通っていました。

担任の先生が休んだ際に、当時中学部で教えていた父親が臨時で教壇に立ったのを見て、「お父さんは本当に先生なんだ」と実感したのだとか。

 

小学校6年生で帰国。

鹿児島市立皇徳寺小学校に通学していました。

 

帰国後に、再びミュージカルスクールにも入校。

先生にも、性格が変わったと言われたそうです。

上白石萌音の中学校

上白石萌音さんは、鹿児島市立皇徳寺中学校に通学していました。

公立の中学校にも関わらず、有名人の卒業生が多い中学校。

妹の上白石萌歌さん、AKB48の柏木由紀さん、女優の加藤ローサさんの出身校です。

 

部活の経験は有りませんが、陸上競技の大会シーズンに人手不足の際には頼まれて、選手として出場していました。

種目は短距離走です。

 

中学1年生の時に、「第7回東宝シンデレラオーディション」の審査員特別賞を受賞します。

ミュージカルスクールの教員の勧めで受験したそうですよ!

グランプリを受賞した、妹・上白石萌歌さんと共に、東宝芸能へ所属しました。

本気で芸能界入りを目指していたわけでは無く、軽い気持ちでの応募だったそうですよ!

 

中学2年生の時に、大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」でドラマ初出演。

 

 

ミュージカル「王様と私」で初舞台。

長編アニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」で声優を務めました。

 

中学2年生の頃から、コードを押さえながら歌うことを楽しむようになり、再びピアノを弾くようになりました。

 

中学時代は週末に鹿児島から東京まで通いつつ仕事をこなしていました。

周りの人たちにも迷惑を掛けたし、上白石萌音さん自身もかなりきつかったそう。

宿題は、行き帰りの飛行機の中で行っていたそうですよ!

上白石萌音の高校

上白石萌音さんは、実践学園高校に通学していました。

偏差値56

難易度は普通です。

上白石萌音さんは、高校進学を機に上京しています。

部活が盛んで、卓球部やバスケットボール部が全国大会の常連です。

 

高校時代の好きな教科は英語、苦手な教科は理科でした。

おそらく、文系だったのでしょうね。

勉強熱心な高校だったので、1年生の時からビシバシ鍛えられて勉強漬けの毎日だったそうです。

 

友人にも恵まれ、芸能活動をしているからといって特別扱いはせずに、ごく自然に接してくれたそう。

仕事と学校とのオンオフがしやすい環境で、とても楽しい高校生活だったそうですよ!

部活動は、特に行っていませんでした。

 

高校2年生の時に、映画「舞妓はレディ」で主演を務めました。

800名を超えるオーディション参加者の中から主演に選ばれています!

オーディションの時に、課題曲とは別に何か歌える曲はないかと言われ、その場でミュージカル「レ・ミゼラブル」の劇中歌「On My Own」を披露したことが、合格の決め手となりました。

高い演技力・歌唱力で数々の賞を受賞しています。

  • 第38回日本アカデミー賞 新人俳優賞
  • 第26回山路ふみ子新人女優賞
  • 第29回日本インターネット映画大賞 日本映画部門 ニューフェイスブレイク賞・ベストインパクト賞
  • 全国映連賞女優賞

周防正行監督からは、「平成のオードリー・ヘップバーン」と称されています!

役名の「小春」名義で、主題歌「舞妓はレディ」のシングルもリリースしています。

 

12月には、「みえない雲」で舞台初主演。

高校3年生の夏には、舞台「赤毛のアン」で主演を務めました。

上白石萌音の大学・学部

上白石萌音さんは、明治大学 国際日本学部に通学しています。

偏差値62.5。

難易度は難関です。

日本を国際的な視点から見つめ直し、その魅力を世界に発信できる人材の育成をコンセプトにしている学部。

英語教育に力を入れている学部で、海外からの留学生も多く、英語漬けの日々だったそうです。

 

上白石萌音さんは、スペイン語検定6級など、語学力に長けているため、更に英語力を磨くために入学したようです。

高校の先生に勧められて、他の学部も受験したようですが、最終的には自分が最も行きたかった学部に進学したとのこと。

ただし、仕事の都合で受験勉強の開始が遅れ、かなりキツかったそう。

学力の高さがうかがえますね!

スポンサーリンク

上白石萌音の大学生活

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿

上白石萌音さんの大学生活は、どのようなものだったのでしょうか?

 

上白石萌音さんは、大学には週5日、しっかり通学していた様です。

同級生には、ダンスロックバンド・DISH//のメンバーMASAKI(矢野昌暉)さんがいます。

MASAKIさんがブログに、「同じ大学」と書いたことがきっかけで、上白石萌音さんの大学が判明しています。

 

入学後は、月に12冊も読むほど読書にも励んでいました。

半身浴をしながら読書をするのが日課だそうです。

俳優の風間俊介さんに、おすすめの書籍を教えてもらっているそうですよ!

 

妹の上白石萌歌さんが高校を卒業するまでは、母親と共に事務所の寮で3人暮らしをしていましたが、上白石萌歌さんが大学進学後は、母親は地元の鹿児島市に戻りました。

その後は、上白石萌音さんと上白石萌歌さんの2人暮らしをしています。

 

大学1年生の時に、歌手デビュー。

ファーストアルバム「chouchou」を発売しました。

 

歌は、2~3歳の頃から大好きで、ずっと身近にあった物なので、1つの形になったというのは、人生の大きな分岐点であり、何かが始まる瞬間だな、という気持ちだったそうですよ。

大学1年生の時には、劇場アニメ「君の名は。」で主人公の声を務めました。

「ホクサイと飯さえあれば」で連続ドラマ初主演。

 

大学2年生の4月からは、ナレーターとして初レギュラー番組となる「風景の足跡」が始まりました。

大学3年生の時には、映画「羊と鋼の森」で妹の上白石萌歌さんと映画初共演しています。

大学4年生では、映画「スタートアップ・ガールズ」で主演を務めました。

 

上白石萌音さんが受けている授業は、英語でのプレゼンテーションや、翻訳など、事前準備にも時間がかかり、大変そうな授業が多いです。

仕事が忙しい理由で、点数が取れなかったと言い訳したくない

と語るほど努力家で、負けず嫌いなんですね。

スポンサーリンク

上白石萌音の卒業はいつ(2021)?

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿

上白石萌音さんは、多忙ながらも、仕事と学業の両立はしっかりしてきた様です。

普通に単位を取得していれば2020年3月の卒業です。

しかし、卒業の報告が無い事から、留年したのではないかとの噂も出ています。

 

2020年8月放送の情熱大陸では、気になる発言も。

「10分課題やろう!

ちょっとでも進めたい」

さらにナレーションでも、「現役の大学生」という表現がされていました。

この発言を聞いた視聴者の間では、まだ卒業してないの?留年?と、反響がありました。

 

上白石萌音さんが投稿したInstagram内で、情熱大陸の密着が2カ月半前とコメントされていたことから、課題が大学関係だった場合は、2020年3月で卒業できず、留年していることが考えられます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿

 

情熱大陸では、課題についての発言後、カタカタとPC作業をする様子が流れていました。

仕事のことを課題とは言わないでしょうから、大学のレポートである可能性が高いと考えられます。

この時に取り組んでいた課題は、「歴史の授業で、スペイン内戦について」書いていたそうですよ。

 

スキマ時間の10分を使って進めようとする姿から、2021年3月の卒業を目指して頑張っているのではないかとも推測できます。

 

上白石萌音さんが、情熱大陸で課題に取り組む姿を見て、一部では、大学院進学の噂もありました。

しかし、2021年にはドラマに多数出演。

女優業の忙しさを考えると、大学院に進学した、というのは、非現実的です。

 

大学は、最大8年間在学できます。

努力家の上白石萌音さんですから、留年しても、諦めずに卒業を目指すのではないかと考えられます。

 

将来は、留学して本場で英語を学びたいのだとか。

過去に留学しようとした際には、お仕事の都合で実現できなかったそうです。

留学のために、卒業を見送った可能性も考えられますね。

 

2019年の4月に、4年生に進級したことは判明しています。

4年生までは、留年せずに順調で合ったことが分りますね!

スポンサーリンク

上白石萌音のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿

上白石萌音さんのプロフィールをご紹介します。

本名:上白石 萌音(かみしらいし もね)

生年月日:1998年1月27日

年齢:23歳(2021年6月時点)

出身地:鹿児島県

血液型:AB型

身長:152cm

活動内容:女優、歌手、声優、タレント

事務所:東宝芸能

趣味:読書、音楽を聴くこと、歌うこと、踊ること

特技:リコーダー

「萌音」と言う名前は、母親の「音楽が好きになって欲しい」との願いを込めて名付けられました。

海外では、クロード・モネのイメージが強いので、外国人の方にも覚えてもらいやすい名前ですね。

両親とも、モネの絵が好きだったそうですよ!

スポンサーリンク

上白石萌音の実家

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿

鹿児島県鹿児島市に実家はあります。

上白石萌音さんは、父、母、妹の4人家族です。

両親ともに辛口。

冷静に姉妹の出演作の演技などを評価するために、上白石萌音さんは、両親の意見を最も信頼しているそうです!

上白石萌音の父親

社会科の教師で、メキシコの日本人学校に勤めていました。

上白石萌音の母親

元音楽教師で、ピアノの指導者です。

母親のおなかの中にいる頃から、音楽に囲まれた環境で育った、上白石萌音さん。

言葉を覚えるのが早く、2歳になる前にはペラペラと話し、歌も歌い始めていたそうですよ!

上白石萌音の妹

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿

上白石萌音さんの妹は、女優の上白石萌歌さんです。

2歳年下の21歳です。

 

2人暮らしをしています。

そのため、2020年のコロナによる緊急事態宣言の際には、自宅からインスタライブをしていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿

スポンサーリンク

上白石萌音の経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿

上白石萌音さんの経歴をご紹介します。

2011年 「第7回東宝シンデレラオーディション」の審査員特別賞を受賞しました。

2011年8月 舞台「奇跡の人」で主演。

9月、HOME MADE 家族「スターとライン」のPVに妹の上白石萌歌さんと共に出演。

映像作品初出演となりました。

 

2011年11月 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」でドラマ初出演。

 

2011年11月 映画「空色物語 第4話 上白石萌音~二ケとかたつむり~」で映画初出演しました。

 

2012年7月 映画「おおかみこどもの雨と雪」で声優初挑戦。

 

ミュージカル「王様と私」で初舞台。

2013年3月 映画「だいじょうぶ3組」に出演しました。

 

2014年9月 映画「舞妓はレディ」で初主演。

 

2014年 「舞妓はレディ」で4つの賞を受賞しています。

  • 「第38回山路ふみ子映画賞」の新人女優賞
  • 「第19回日本インターネット映画大賞 日本映画部門」のニューフェイスブレイク賞、ベストインパクト賞
  • 「全国映連賞」の女優賞
  • 「第38回日本アカデミー賞」の新人俳優賞

 

2015年8月 舞台「赤毛のアン」で主演。

2016年3月 映画「ちはやふる-上の句-」に出演しました。

 

2016年4月 映画「ちはやふる-下の句-」に出演。

 

2016年8月 映画「君の名は。」で主演の声優を務めました。

 

2016年10月 ファーストアルバム「chouchou」を発売。

収録の「変わらないもの」では、弾き語りを披露しています。

収録に当たって、グランドピアノのあるスタジオに毎日通って、練習を重ねたそうですよ!

 

10月には、ミュージックステーションに出演。

音楽番組初出演となりました。

 

2017年2月には初めてのワンマンライブを開催。

4月からは、初のオリジナル曲「告白」が、「めざましテレビアクア」のテーマソングとしてオンエアされました。

 

2017年3月 「君の名は。」で、「第11回声優アワード」の主演女優賞を受賞。

2017年 「ちはやふる-上の句-」と「ちはやふる-下の句-」で、「第26回日本映画プロフェッショナル大賞」の新進女優賞を受賞しました。

7月には、初のオリジナルアルバム「and…」を発売。

 

2018年10月 大河ドラマ「西郷どん」に出演しました。

 

2019年4月、所属レコード会社をポニーキャニオンからユニバーサルへ移籍。

9月 映画「スタートアップ・ガールズ」に主演として出演しました。

舞台「組曲虐殺」で、All Aboutミュージカル・アワード新星賞を受賞。

 

2020年1月 TBS系「恋はつづくよどこまでも」に主演。

 

8月、初のオリジナルフルアルバム「note」を発売しました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿

2020年 「恋はつづくよどこまでも」で、「第104回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」の主演女優賞2019年度ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞を受賞。

 

2020年は他にも多数の賞を受賞しています。

  • oricon上半期ブレイク女優ランキング1位
  • ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2020
  • 「Yahoo!検索大賞2020」女優部門
  • モデルプレイス2020年「今年の顔」
  • oricon2020ブレイク女優ランキング

 

2021年1月 TBS系「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」に主演。

 

2021年3月 大河ドラマ「青天を衝け」に出演しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿

2021年、「第45回エランドール賞」の新人賞を受賞しました。

2021年 「恋はつづくよどこまでも」で、「第29回橋田賞」の新人賞を受賞しました。

2021年は他にも、多数の賞を受賞しています。

  • 「TV station ドラマ大賞2020」の主演女優賞
  • KKTV 2020年度日劇賞 最優秀女優賞
  • 第30回年間ドラマ大賞 主演女優賞

 

7月、”やっとこさ”全国ツアーの開催が決定。

2021年後期 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に主演します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿

タイトルとURLをコピーしました