小澤諒祐(ドローン)の高校はどこ?学歴や会社・父親を紹介!

エンターテイメント

高校生にして日本トップのドローン操縦士、小澤諒祐 さん。

小澤諒祐さんの高校がどこなのか、気になりますよね!

小澤諒祐さんの学歴や社長を務める会社・父親についても、ご紹介します。

スポンサーリンク

小澤諒祐の高校はどこ?

小澤諒祐さんの高校はどこなのでしょうか。

小澤諒祐さんの学歴をご紹介します。

小澤諒祐の小学校

小澤諒祐さんの小学校は、愛知県江南市の小学校だと考えられます。

 

小学校5年生・10歳の時に、ラジコン好きの父親がおもちゃ屋さんでドローンを見つけたことが、ドローンに出会うきっかけとなりました。

小澤諒祐さんが初めて手にしたドローンは、初心者向けのエントリーモデルとされる「クアトロックス アイ」でした。

ドローンを始める前は、カメラが好きだった小澤諒祐さん。

写真や映像が好きで、映画なども「こういう画角で撮影しているのか」という視点で観ていたそうです。

小学生なのに、すごいですね!

 

空からの撮影が出来るドローンの魅力にハマり、どんどん好きになったそう。

普段見ることの出来ない景色を見ることが出来るし、ただの遊びではなく、何かにつながるのではという予感もしていたそうです。

 

ドローンを購入した3ヶ月後に、自宅近くのドローン練習場が出来ました。

まだ周囲にドローンを持っている人は全くいなかったので、1人で毎日黙々と練習をしていたそうです。

 

ゴーグルをつけるとドローンの視点で観ることが出来るというのは、普段の生活では絶対に体験できないこと。

それが面白くて、FPV(一人称視点)にハマったそうです。

 

ただただ楽しい!と、夢中で練習を続けていました。

 

愛知県江南市のドローン練習場は、タキデンキかもしれません。

小澤諒祐の中学校

小澤諒祐さんの中学校は、愛知県江南市の中学校だと考えられます。

小澤諒祐さんは、食べたら食べっぱなしで片付けの出来ない男の子

家ではどこにでもいる、普通の男の子なのだそうですよ。

 

中学1年生で、国内最大級のドローンレースで優勝

その後も、数々の大会で優勝するトッププレイヤーへと成長しました。

優勝率は、8割を超えているそう!

すごいですね!!

 

ドローンレースに参加することで、格段にドローンの技術が上がるため、積極的に参加しているのだそうです。

レースの速さに目が慣れていると、動体視力がついて、通常の空撮映像がゆっくりと見えるようになるのだとか。

よりなめらかな映像撮影が出来るようになるし、メンタルも鍛えられて、どんな場面でも余裕を持って操縦できるようになったそうですよ!

 

レーシングドローンは制御センサーがついていないので、操縦練習に役立つそう。

技術向上のために、レーシングドローンでの練習は、欠かさずに行うそうですよ。

 

中学2年生の時に、初めてのドローン空撮の仕事をします。

テレビのバラエティ番組で、芸能人がスポーツ対戦をするシーンの撮影でした。

 

撮影のオファーが多くなったことから、中学3年生の時にドローン撮影会社を設立

社長に就任しています。

社員は社長一人。

撮影には、同業者を呼んでいるそうです。

 

ドローンの機体は、20~30機も保有しているそうですよ!

撮影場所に応じて、機体を使い分けているのだそう。

レースには、こちらを使用しているそうです。

 

中学3年生でFUJIWifiとサポート契約。

中学生の頃には、すでに5社のスポンサーを抱えていました。

「ドローン★ビレッジ」オーナーの柳沢昭次さんも、ドローン撮影の仕事を紹介することがあるそうですが、中学生の金銭感覚が狂わないようにと、1回1万円の報酬にしていたそうです。

ちなみに、千葉県にある柳沢昭次さんのJUDIAドローンスクールに、月に一度通っているそうですよ。

ここで、才能を見いだされたのだそうです。

小澤諒祐の高校はどこ?

小澤諒祐さんの高校は、愛知県内の高校だと考えられます。

調べましたが、校名などは分かりませんでした。

 

高校1年生の時に、シンガー・ソングライター米津玄師さんの「馬と鹿」のミュージックビデオ(MV)撮影に参加。

この曲は、日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」の主題歌で、「第102回ドラマアカデミー賞」最優秀ドラマソング賞を受賞しています。

ラグビー・ワールドカップの会場でも流れていました。

 

「Base Ball Bear」のミュージックビデオ(MV)撮影や、桑田佳祐さんの「SMILE」も担当しています。

小澤諒祐の大学

小澤諒祐さんは、高校卒業後は、映像系の専門学校に通う予定だそうです。

ドローンパイロットとして、さらなる技術の習得を目指すのでね!

スポンサーリンク

小澤諒祐の会社

小澤諒祐さんが社長を務める会社についてご紹介します。

小澤諒祐さんが社長を務める会社では、愛知県のあいち航空ミュージアムのプロモーションムービー撮影などを手がけています。

今後は、ドローンだけでなく、地上カメラも含めた映像会社にしたいという、事業展開を考えているのだとか。

主な実績ご紹介します。

  • TBS「体育会系TV」
  • フジテレビ「vs嵐」
  • クボタ CM
  • オリンピック聖火リレー CM
  • Base Ball Bear MV
  • 米津玄師MV
  • 桑田佳祐オリンピック共同ソング
  • GENERATIONS MV
  • 伊木山フォレストCM

  • 24時間テレビ撮影
  • あいち航空ミュージアムPV
  • LDHオンラインライブ撮影
  • 欅坂46ライブ撮影
スポンサーリンク

小澤諒祐の父親

小澤諒祐さんの父親をご紹介します。

小澤諒祐さんの父親は、小澤一誠さん。

2020年2月時点で50歳だったので、2021年で51~52歳ですね。

 

父親の趣味は、ラジコン飛行機ラジコンカー

一緒にラジコン飛行機を買いに行ったときに、「マルチコプター」という名前のドローンを見つけたそうです。

父親に買ってもらったことをがきっかけで、小澤諒祐さんのドローン人生が始まりました。

 

父親は、いつでもドローンの練習を出来るようにと、小澤諒祐さんの部屋の天井にドローンコースをつくいってくれたそうです!

スポンサーリンク

小澤諒祐のプロフィール

名前:小澤諒祐 (こざわ りょうすけ)

生年月日:2004年4月27日

年齢:17歳(2021年7月時点)

出身地:愛知県江南市

血液型:AB型

身長:177cm

スポンサーリンク

小澤諒祐の経歴

小澤諒祐さんの経歴をご紹介します。

小澤諒祐さんは、数々の大会で受賞歴があります。

  • ROBOZドローンレース6回連続優勝
  • ドローンコンテスト2018年優勝
  • ドローンコンテスト2019年優勝
  • ドローンビレッジ醍醐レースタイムアタック優勝(多数)
  • ドローンビレッジ醍醐レースチーム優勝
  • バンブルビードローンレース優勝
  • 広島忍者ドローンレース優勝
  • ドローンビレッジ富士優勝
  • スカイドローンレース優勝
  • ROBOZボーリング場レース優勝

 

エンターテイメント
スポンサーリンク
花ママをフォローする
花ママの便利帳
タイトルとURLをコピーしました