保育士免許の正式名称は?履歴書への書き方を解説!

お仕事

保育士が就職活動する際、保育士免許を取得していることを履歴書に記入しますね。

しかし、保育士免許の正式名称が分からず、履歴書にどう書けばよいかよく分からない方もいるのではないでしょうか。

今回は、保育士免許の正式名称は、「保育士資格」です。

志望動機や自己PRなど、何を書けばいいのか迷ってしまう方もいると思います。

今回は保母から保育士の移行についてや、履歴書の項目ごとの書き方のポイントも詳しくご紹介していきます。

 

履歴書の書き方で悩んでいる保育士さんは、コチラに登録する、と無料で履歴書の添削をしてもらうことが出来ますよ!

手厚いサポートで 
\転職まで安心!/ ⇒無料で会員登録
スポンサーリンク

保育士免許の正式名称

保育士免許の正式名称は保育士資格です。

 

2003年に児童福祉法が改正され、保育士資格は民間資格から国家資格に変わりました。

その際に保育士資格は名称独占資格となっています。

保育士資格を持たない人が「保育士」と名乗ることが禁止されている国家資格です。

 

以前は、保母資格があれば保育士として働くことができました。

しかし、児童福祉法改正に伴い、保母は保育士として働くことはできなくなりました

職業名に資格がついていることから分かるように、保育士として働ける人は「保育士資格の取得者のみ」です。

 

保育士資格を取得する方法は、2つあります。

1つ目は、保育士養成学校に通って卒業することです。

卒業すると保育士資格が取得できるため、保育士試験を受験する必要はありません。

 

2つ目は、大学や短大などに通って、所定の在学年数と単位をクリアし、保育士試験を受験することです。

大学・短大の学部学科は保育士と無関係でも構いませんが、保育士国家試験に合格する必要があります。

試験内容は筆記試験と実技試験があり、合格率は10~20%程度と狭き門となっています。

小さな子どもの命を預かる国家資格であるため、国家試験の難易度は「高め」と考えてよいでしょう。

 

保育士資格は、一度取得すると更新する必要がありません。

保育士登録を行うと保育士証が発行されて、以降は更新せず使い続けられます。

ただし、本籍地の変更や入籍により姓が変わった場合は変更手続きが必要です。

「保母資格」は、「保育士資格」への移行が必要

2003年以前に保育施設で働いた方の中には、保母資格を取得していた方もいるのではないでしょうか。

保母資格とは、保育士資格と同じく、保育士として働くことができる効果を持つ資格です。

 

しかし、2003年の児童福祉法改正により、保育士として働く資格は「保育士資格のみ」に統一されました。

現在では保母資格は認定されていません。

 

保母資格は、履歴書の資格欄に「保母資格」と書くことはできます。

しかし、児童福祉法改正により保育士資格は名称独占資格となったため、保母資格のみでは保育士として働くことができないのです。

保母資格のみを持っている方が再び保育士として働くためには、保母資格を保育士資格に変更する手続きが必要です。

 

資格の変更手続きは、以下の手順となります。

  1.  保育士登録機関の登録事務処理センターか「保育士登録の手引き」を取り寄せます。
  2. 「保育士登録の手引き」が届いたら、同封の振り込み用紙に記入して、登録手数料4,200円を振り込みます。
  3. 振り込み完了後、保育士登録申請書に必要書類と保母資格証明書(コピー不可)を添えて、登録事務処理センターへ送付します。

保育士登録申請書の送付から保育士証が手元に届くまで、2ヵ月ほどかかります。

保母資格を持っている方は転職時に焦らないよう、早めに保育士資格への切り替えを行いましょう。

スポンサーリンク

保育士資格の履歴書への書き方

保育園に就職・転職する際は、履歴書の「取得資格」の欄に保育士資格と記入するのが一般的です。

ここでは、保育士資格に関する履歴書の正しい書き方のポイントや注意点を解説します。

保育士資格の取得年月日

保育士資格を履歴書に記入する際は、取得年月日を記入しましょう。

保育士資格を取得した年月日は保育士証に記載されています。

 

保育系の大学を卒業した場合は、卒業と同時に資格取得となるので、学校を卒業した年月日を記入しましょう。

 

*注意点:登録日ではなく「取得日」

 

保育士証には保育士資格を取得した日だけでなく、「保育士登録」をした日も記載されています。

履歴書に資格取得日を書く際は、登録日と取得日を間違えないようにしましょう。

新卒の場合は、「取得見込み」と記入

保育系の大学・短大・専門学校に在籍中に就活する場合、履歴書に保育士資格を記入する項目に「取得見込み」と書き加えましょう。

 

保育系の大学・短大・専門学校は卒業と同時に資格が授与されるます。

在籍している時点で資格を保有しているわけではありません。

履歴書の年月日の欄には、取得見込みの年を書くだけでOKです。

認定機関を記入すると、丁寧な印象に

履歴書に「保育士資格」とだけ書くよりも、資格の名称の前に「認定機関」を添えた方がより丁寧な印象になります。

「認定機関」は資格の取得方法によって異なるので、自分に合った書き方をチェックしてください。

 

例えば、保育士資格の場合 ◯◯県知事(保育士証に書かれいてるとおりです)となります。

必ず保育士証を確認してください。

幼稚園教諭免許を持っている場合は、正式名称を記入

保育士の場合、幼稚園教諭の免許も持っている方も多いですよね。

幼稚園教諭の場合は卒業した学校によって3種類の免許があるので、下記のように記入しましょう。

  • 幼稚園教諭第一種免許(4年生大学を卒業した人)
  • 幼稚園教諭第二種免許(専門学校や短大を卒業した人)
  • 幼稚園教諭専修免許(大学院卒の人)

志望動機

履歴書を書く際、特に力を入れるべき項目は志望動機です。

志望動機では志望先の保育園に自分の熱意をアピールできます。 

 

保育士資格を取得しようと思った理由やきっかけなどを含めて、誠意が伝わる文章を考えましょう。

文量としては、最低でも記入欄の半分以上は埋めるようにしましょう。

 

【志望動機に含めるべき内容】

  1. 自分が保育士を目指した理由やきっかけとなるエピソード
  2. 数ある保育園の中から志望先の保育園を選んだ理由
  3. 前職を辞めた理由

上記に加えて、「就職・転職後はどのように働きたいか」をプラスすると、より好印象を与えられるでしょう。

自己PR

自己PRは、自分の強みを伝えられる項目です。

「これだけは誰にも負けない」と思う自分の長所や、周りから見た客観的な自分像を記入しましょう。

 

【自己PRの記入例】

  • 周りから相談されることが多く、的確なアドバイスをすることができる
  • 明るい性格で、誰とでもすぐに打ち解けられる
  • 保育士資格以外にも、調理師免許やリトミック講師などの資格を持っている
  • 協調性があり、輪の中で和やかに働くことができる
  • 体力に自信があり、子ども達と走り回って遊ぶことができる

など、自分の魅力をアピールしましょう。

 

自己分析の効果的な方法として、家族や友人、園の職員などに他己分析をしてもらうのもよいです。

自分では覚えていないエピソードが出てきたり、他者の視点から見ることで、意外な長所が発見できるかもしれません。

他の人から話を聞くことは、自分を客観的に知ることができるよい機会となるでしょう。

 

履歴書の内容で悩んでいる保育士さんは、コチラに登録する、と無料で履歴書の添削をしてもらうことが出来ますよ!

⇒履歴書の添削はコチラ!

趣味・特技

趣味や特技は保育業務に関連することを書くことをおすすめします。

 

【趣味・特技の記入例】

  • ピアノを10年間習っていて、学生時代にコンクールで入賞した
  • 制作が得意で、卒業制作は○○を作った
  • 運動が好きで、学生時代6年間陸上部に所属していた
  • 絵画が得意で、学生時代に受賞歴がある
  • 手芸が好きで、アクセサリーや洋服などを自分で作ることが好き

など、保育の仕事に直結する内容であると、採用者にもより興味を持ってもらえるでしょう。

 

「コンクール入賞」「○○年継続している」など、具体的な内容を記入すると、より説得力のある文章となります。

ただし、虚偽の受賞歴などを記入するのは絶対にやめましょう。

文量は記入欄の半分以上

履歴書の志望動機や趣味・自己PRの項目、ポイントを絞って簡潔に、かつ伝わりやすい文章で書きましょう。

文量としては、最低でも記入欄の半分以上は埋めるようにしましょう。

余白が少ないほうが、しっかりと記載しているという印象を与えます。

文章のバランスを考え、下書きをしてから記載するとよいでしょう。

最大のポイントは、前向きな気持ちで転職を希望していることを伝えることです。

スポンサーリンク

履歴書を書くときの注意点

ここでは、履歴書を書くときの注意点について、具体的にご紹介します。

履歴書を書くことに慣れていないという方も、ポイントを押さえるだけで違いますよ。

黒色のボールペンで丁寧に書く

履歴書は、黒のボールペンか万年筆で記入します。

ただし、消せるボールペンは避けましょう

 

消せるボールペンのインクは、摩擦によって消えてしまうため、面接に向かう途中や郵送している間に、記載した文字が消えたり薄くなる可能性があります。

履歴書の中に見えづらい文字があれば、採用者側が判読できなくなります。

 

履歴書の文字は丁寧に記入しましょう。

字が上手いか下手よりかよりも、丁寧さや読みやすさを重視して書くことが大切です。

読んでもらうことを意識しながら書きましょう。

 

字が綺麗でも、とめ、はね、はらいが意識されていないと、適当に書いたような印象を与えてしまうかもしれません。

「一文字ずつ丁寧に」を心がけて書くとよいでしょう。

ゆっくりと丁寧に書くことで、履歴書を読む採用者側にも、一生懸命書いたことが伝わりやすくなります。

修正液や修正テープは使用しない

履歴書には、修正液や修正テープは使用しません。

 

履歴書は経歴を証明する公的文書のようなものです。

採用を判断する上での重要文書です。

そんな重要文書において修正液や修正テープを使ってしまえば、文書としての信憑性が下がってしまうのです。

 

また、裏から見ると明らかに修正したことが分かってしまうため、綺麗に修正したと思っても提出することはおすすめしません。

新たに書き直しましょう。

修正液・修正テープ・消せるボールペンは、履歴書の記載にはNGです。

日付欄は、提出日を記入

日付の欄には履歴書を書いた日ではなく、履歴書を提出する日を記入しましょう。

郵送するならポストへ投函した日、面接に持参するならばその日付となります。

 

西暦・和暦は、履歴書全体で日付に書いたものに統一して表記するようにしましょう。

記入漏れがないか履歴書全体に目を通して見直し、文言や漢字の間違いについても確認しましょう。

日付や電話番号などの数字の間違いがないかも確認することが大切です。

スポンサーリンク

封筒の書き方

郵送する場合と面接時に直接手渡す場合のどちらでも、マナーとして履歴書を封筒に入れて応募先に渡します。

封筒は白色で、A4B5の履歴書を折りたたまずに入れられるサイズのものがよいでしょう。

 

履歴書を入れる封筒には書くべき項目が2つあります。

 

1つ目は「履歴書在中」の文字です。

赤色で封筒の表面の左下に書き、字を囲むように赤い線を引きます

市販の履歴書用封筒にはあらかじめプリントされているものもあるので、手書きが不安な方は市販のものを利用しましょう。

 

2つ目は住所氏名です。

自身の住所と氏名は封筒裏面の左下に書きましょう。

 

郵送時には、表面に送り先の郵便番号と住所に加え、

  • 「〇〇保育園 採用ご担当者様」
  • 「株式会社〇〇 人事部御中」

といった宛名を書いて切手を貼ります。

裏面の糊付けした部分には「〆」と書きましょう。

 

直接提出する際は、送り先の住所や宛名を記載する必要はありません。

採用担当者に手渡す時は、封筒から履歴書を出して封筒の上に重ねて「こちらが履歴書です。よろしくお願いします」と一言添えるようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、保育士免許の正式名称や保母資格との違い、履歴書の書き方についてご紹介しました。

転職する際に、ふと正式名称について迷ってしまう保育士もいるかもしれません。

また、自己PRや志望動機などは、書く際に特に悩みやすい項目ですね。

他者からの他己分析を参考にすると、案外書きやすいものです。

 

丁寧に誠意を込めて、読んでくれる人の気持ちに立って、読みやすい履歴書を作成することが大事です。

履歴書の書き方で悩んでいる保育士さんは、コチラに登録する、と無料で履歴書の添削をしてもらうことが出来ますよ!

手厚いサポートで 
\転職まで安心!/ ⇒無料で会員登録

 

お仕事
スポンサーリンク
花ママをフォローする
花ママの便利帳
タイトルとURLをコピーしました