「ヒーリングっどプリキュア」第8話のあらすじ(ストーリー)と感想

ヒーリングっどプリキュア第8話「とべないちゆ?陸上大会大ピンチ」が、3月22日に放送されました。

あらすじ(ストーリー)と、感想をまとめました。

先週の内容をチェック!
⇒ヒーリングっどプリキュア第7話のあらすじと感想は、こちら。

あらすじ(ストーリー)

ビョーゲンキングダムでは、シンドイーネが占いの練習中です。

キングビョーゲン様の気持ちを射止められるかどうか?

占いに練習が必要か?と、呆れるダルイゼン・グアイワルでした。

もうすぐ陸上の県大会。

すこやか中のライバル、西中陸上部が、ちゆの県大会記録や、先日更新したベスト記録を越える記録を出していると、ますこ(すこやか中新聞部)から情報が入ります。

ちゆには隠そうとする、のどか・ひなたでしたが、ちゆに気づかれ、写真を見せることに。

ちゆは、「気にならないと言えば嘘になるけど、ライバルは私自身。」と言いますが、初めてハイジャンプで失敗してしまいます。

 

翌朝、心配をしたのどか、ひなたがちゆのランニングに加わります。

海辺を走り、休憩。

小さかった頃海が大好きだったちゆは、

「沖まで泳いだ時、空を飛んでみたいと思った。

それがハイジャンプを始めたきっかけ。」と話します。

行き詰まると、いつも海を見て初心を取り戻しているのです。

しかし、その後もスランプから抜け出せずにいました。

心配したペギタンは、ちゆの症状について調べます。

お手当の本を読み。ちゆの症状はイップスだと突き止めます。

(イップス:今まで出来ていたことが突然出来なくなる。

それが気になり、更に出来なくなる症状。

有名なスポーツ選手が何人もイップスで引退した。)

 

慌てたぺギタンは、みんなに助けを求めに行きます。

のどか・ひなたも、無理しすぎないように、既にちゆを止めようとしていたのですが、「今は無理をしてでも限界を超えたい」というちゆのやりたい気持ちを応援することに決めたと話します。

 

ちゆに内緒で横断幕を作り、陸上大会の応援にかけつけます。

サプライズに喜ぶちゆ。

「あの空の高さに比べたら、低いわ。」と、スランプから脱することができそうな気配です。

そこへ、ダルイゼンとメガビョーゲンが出現します。

「今日の為に皆必死で練習してきたのに!

それを台無しにするなんて!!」

と、ちゆも怒りを隠せません。

 

ハイジャンプの技を活かし、キュアフォンテーヌが氷のエレメントさんをお手当。

氷のエレメントさんから、エレメントボトルをもらいます。

 

大会は、中止となりましたが、ちゆはスランプを克服できました。

「お祝いをしよう!何食べたい?」

と尋ねられ「シラスおろしかな。」と答えるちゆでした。

 

次回は「ひなたのカワイイ大作戦」

お楽しみコーナーは、「パートナーを探せ」で、ラビリンを探しました。

感想

オープニングの曲のあとすぐに、ビョーゲンキングダムから始まるのは、珍しい気がしました。

シンドイーネが慕っている、キングビョーゲン様。

グアイワルやダルイゼンはあまり尊敬もしていなさそうですが、どうなのでしょう?

 

敵キャラについてチェック!
⇒ヒーリングっどプリキュア敵キャラ一覧のと声優プロフィールプロフィールはこちら。

 

ちゆの、スランプ。

前回お騒がせだった、ますこが、今回もきっかけでした。

今後も、ますこは、3人の周りに現れ、トラブルのネタを運んでくるのかもしれませんね。

ちゆがハイジャンプを始めたきっかけは、海だったとは。

第1話で、のどかとちゆが出会った場所は、ちゆにとっては特別な場所だったのですね。

 

第1話をチェック!
⇒ヒーリングっどプリキュア第1話のあらすじと感想はこちら。

 

今は、無理して頑張らない方がちゆのため、と皆思いつつも、応援することにした思いやりが、仲間として結束を強くしたと思います。

ピンチはチャンス。

もう完全にぎくしゃくすることもなくなり、プリキュアとしての、仲間意識は強まりましたね。

 

ぎくしゃくしていた過去をチェック。
⇒第5話「気まずい水族館。ちぐはぐな私たち」はこちら!

 

氷のエレメントさんからエレメントボトルをもらいました。

あと4つは置く場所があります。

あと4つ集めたら、新しい技がでるのかな?と期待しています。

 

エレメントさんについてもっとチェック!
⇒エレメントさん一覧と、声優のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です