子どもへのメッセージ文例(小学生)卒業!名言・四字熟語も紹介!

お役立ち

PVアクセスランキング にほんブログ村

小学生の子どもへのメッセージ例文をご紹介します。

卒業に使える言葉でおすすめの文例や四字熟語・名言(格言)をご紹介します。

子どもへのメッセージは、小学生が読んで分かりやすい様に簡潔に書きましょう!

スポンサーリンク

子どもへのメッセージ文例・小学生

子どもへのメッセージ文例・小学生をご紹介します。

子どもへのメッセージに、難しい言葉は必要ありません。

分かりやすく、簡潔に書きましょう。

また、幼稚な言葉遣いは避けましょう。

未来に向けて励ます言葉を入れると良いですよ!

小学校の卒業メッセージ・名言

小学校の卒業時に贈る言葉として名言や格言を選ぶのも良いでしょう。

子どもの知っている偉人の名言を引用するのも印象に残ります。

  • 君と過ごした日々は、かけがえのない宝物
  • 明日からもう聞けない声
    もう会えない友達
    もう見えない景色
    そんなことないよ、卒業しても離れるのは距離だけだから
  • 少年よ、大志を抱け(クラーク博士)
  • 無駄な1日とは、笑いのなかった日のことである(チャーリー・チャップリン)
  • 牛乳で言ったら、確実に腐っている。
    しかし、ヨーグルトで言ったら出来立て(吉田茂)
  • 人生に失敗がないと、人生を失敗する。(斎藤茂太)
  • 人生という試合で最も重要なのは、休憩時間の特典である。(ナポレオン・ボナパルト)
  • 人生とは自転車のようなものだ。
    倒れないようにするには走らなければならない。(アインシュタイン)
  • 自分の生きる人生を愛せ。
    自分の愛する人生を生きろ。(ボブ・マーリー)
  • 一つのことを、一生やり続けられると確信する日がくる。(スティーブ・ジョブズ)
  • 私は、人生の岐路に立った時、いつも困難な方の道を選んできた。(岡本太郎)
  • 止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい。(孔子)
  • 夢を見るから、人生は輝く。(モーツァルト)

卒業メッセージ・四字熟語

子どもへのメッセージを四字熟語で贈るのであれば、分かりやすい熟語を選びましょう。

子どもに意味を説明してあげて下さいね!

  • 一期一会(いちごいちえ):一生に一度の出会いと思って出逢いを大切にしよう
  • 前途有望(ぜんとゆうぼう):将来成功する大きな可能性を秘めていること
  • 前途洋々(ぜんとようよう):長い将来にわたり、希望と夢が満ち溢れているさま
スポンサーリンク

子どもへのメッセージ文例・小学生【卒業】

子供への卒業メッセージ文例をご紹介します。

プレゼントに一言添えると、喜ばれますよ!

  • 小学校卒業おめでとう。
    学校で沢山のことを学んで大きくなったね!
    いつも〇〇ちゃんを応援しています。
    これからも一緒に頑張ろう!
  • 卒業おめでとう。
    6年間あっという間だったね。
    友達と楽しく過ごした小学校生活でした。
    中学校でも新しい友達をたくさん作って下さい。
  • ご卒業、おめでとうございます。
    もうすぐ中学生!
    素敵なお姉さんに成長してくれて、嬉しく思います。
    これからもあなたのずっと味方だよ!
  • 卒業おめでとう!
    いつも笑顔で楽しそうに過ごす〇〇ちゃんのことが大好きです。
    中学校でも好きなことを思い切り楽しんで下さい。
  • どんなことがあっても〇〇くんなら大丈夫だと信じています。
    失敗や辛いこともあるだろうけど、いつでも味方だからね。
    応援しています。
  • 〇〇ちゃん、卒業おめでとう!
    この6年間で本当に大きく成長したね。
    最後の運動会での走る姿をみて、たくましくなったと嬉しかったです。
    やると決めたらできるまでやり遂げるのが、〇〇ちゃんの素敵なところです。
    中学校へ行っても、応援しているよ!
  • 〇〇君、卒業おめでとう!
    新しい友達と笑顔で中学校生活を楽しんでね。
    これからも一緒にがんばろう!
  • 小学校卒業おめでとう!
    入学した頃は大きかったランドセルが、とっても小さくなりました。
    この6年間で心も身体もたくましく立派になったね!
    これからも、持ち前の明るさで楽しく過ごしてください。
  • 卒業おめでとう。
    色々な経験をして、たくさん挑戦をして、充実した中学校生活を送ってくださいね。
スポンサーリンク

親から子供へのメッセージ(小学生)のポイント

親から子供へ送るメッセージのポイントをご紹介します。

  • 分かりやすい言葉を使う
  • 短い文章で読みやすく書く
  • 幼稚過ぎない様に書く
  • 手書きで書く

小学生の子どもへのメッセージは、子どもっぽくなり過ぎないように気を付けましょう。

読める範囲で漢字を使ったり、読めない漢字のみふりがなを振ってあげたりすると良いでしょう。

子どもが頑張ったこと、できる様になったことを誉め、いつでも応援していて味方であることを伝えましょう。

スポンサーリンク

子どもへのメッセージ(小学生)の注意点

小学生の子どもへのメッセージを書くときの注意点をご紹介します。

ポジティブな言葉・プラスのイメージのことを書くように気を付けましょう。

せっかくのメッセージです。

子どもが頑張ったことや、素敵な思い出をテーマにして書きましょう。

大変なことがあったのも事実ですが、読んだ後に嬉しい気持ちになるような文章を心がけましょう。

兄弟や同級生と比べるのも、避けて下さい。

長文で長々と書くよりも、短めの文章で簡潔にまとめることで読みやすいメッセージとなりますよ。

 

 

お役立ち
スポンサーリンク

にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

花ママをフォローする
花ママの便利帳
タイトルとURLをコピーしました