『100万回生きたねこ』で伝えたいこと!教訓・生き返らなかった理由を解説! - 花ママの便利帳

『100万回生きたねこ』で伝えたいこと!教訓・生き返らなかった理由を解説!

お仕事

PVアクセスランキング にほんブログ村

PR

『100万回生きたねこ』は、子供から大人まで幅広い層に愛される絵本です。

この物語は生と死、愛の深い意味を教えてくれます。

なぜねこは最後に生き返らなかったのか、その理由と、教訓をご紹介します。

スポンサーリンク

『100万回生きたねこ』で伝えたいこと

『100万回生きたねこ』で伝えたいことをご紹介します。

 

愛を知らずに100万回生きるよりも、一度だけ愛を知って死ぬ方が価値があります。

愛を知らないで何度も繰り返し生きるより、一度愛を深く感じた人生に満足することができます。

100万回愛されても、真の意味での愛の重みは分かりません。

愛する感情、そして他者を思いやることの大切さを理解したとき、初めて失うことの痛みや、自分自身が愛されていることの感謝を知るのです。

愛されることよりも、愛することが大切。

真の愛を知ることで、生きることに意味があると感じ取ることができます。

スポンサーリンク

100万回生きたねこの教訓

100万回生きたねこの教訓をご紹介します。

 

100万回の『命』の中で、猫にとって価値があったのは一度きりでした。

私たちの命は一度だけのもので、そのため日本語で『一生』と言われるのでしょう。

何回生きる機会があっても、自分にとって価値のある人生を生きることが最も重要です。

 

また、少し大胆な見方かもしれませんが、「互いに望む関係であっても、”飼い主”と”飼いネコ”という関係を超えて、真に他者との絆を築けなければ、人生は空っぽで無意味です。

愛は「猫同士だけではない」とも言えるでしょう。

スポンサーリンク

100万回生きた猫が生き返らなかった理由

100万回生きた猫が生き返らなかった理由を考察します。

 

とらねこは以前の全ての飼い主が嫌いでした。

死の恐れや不安も感じていませんでした。

しかし、真に愛情を感じる白猫との出会いが、彼の心を満たしてくれたのだと思われます。

白猫がいない人生は、想像すらできなかったのかもしれません。

 

おそらく、天国に行っても白猫と永遠に一緒にいたいという願いが叶えられたのでしょう。

彼の人生は、白猫との愛によって初めて完全になったのかもしれません。

 

とらねこは、自分よりも大切な白猫や子供たちとの出会いで、生きる事の意味を理解したのでしょう。

自分だけが好きで他は皆嫌い、という生き方では生きることの意味を知ることは難しいです。

死を恐れず、感じないというのであれば、それは真に生きているとは言えないのではないか、と作者が示唆しているかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

『100万回生きたねこ』は、繰り返す生と死のサイクルの中で真の愛を見出す物語です。

ねこの最後の選択は、愛することの本質と永遠の別れを受け入れる勇気を象徴しています。

この絵本は、愛と別れの大切さ、そして生きる意味を深く教えてくれる作品です。

お仕事
スポンサーリンク

にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

花ママをフォローする
タイトルとURLをコピーしました