スポーツ庁長官、歴代一覧。任期は?給与・年収も紹介!

スポンサーリンク
ニュース

2020年9月11日、スポーツ庁の新長官に、陸上男子ハンマー投げの五輪金メダリストの室伏広治氏を起用することが決まりました。

スポーツ庁長官、歴代を一覧にまとめました。

気になる給与・年収もご紹介します!

スポンサーリンク

スポーツ庁長官、歴代一覧。

スポーツ庁は2005年10月1日に新設されました。

2020年の東京五輪に向けて設置された、文部科学省の外局です。

スポーツ振興その他スポーツに関する施策の総合的な推進を図ることを目的としています。

初代長官

2015年10月1日~2020年9月30日

鈴木大地

  • 1998年ソウル五輪100m背泳ぎ金メダル
  • 日本水泳連盟会長

2代目長官

2020年10月1日~

室伏広治

  • 男子ハンマー投げ選手
  • 2004年アテネ五輪金メダル
  • 2012年ロンドン五輪銅メダル
  • 東京医科歯科大学教授
スポンサーリンク

スポーツ庁長官の任期は?

任期は2年。

最長5年まで再任可能となっています。

室伏広治長官の任期は、最短で2022年9月30日、最長で2025年9月30日ということになります。

スポンサーリンク

スポーツ庁長官、給与・年収を紹介!

年収

1,800万円超

ちなみに、室伏広治さんと同じ45歳男性の場合、東京都での平均年収が672万円となっています。

倍以上の年収です。

給与

月収150万円程度と考えられます。

45歳での平均月収は、約40万円。

4倍近いとは、驚きです。

 

ちなみに、スポーツ庁全体の人件費は、約9億円です。

コメント