スポーツ庁長官、歴代一覧。給料・年収・任期を解説!

スポーツ

2020年9月11日、スポーツ庁の新長官に、陸上男子ハンマー投げの五輪金メダリストの室伏広治氏が起用されました。

スポーツ庁長官、歴代は、鈴木大地さんと室伏広治さんの2人です。

気になる給料は月収150万円程度、・年収は、1,800万円超と考えられます。

任期についても詳しく解説していきます!

 

毎年の確定申告、けっこう大変ですよね。

クラウド確定申告を利用すれば、作業時間が大幅に削減できるんです!

1カ月間、無料でお試し出来ますよ!


スポンサーリンク

スポーツ庁長官、歴代一覧

スポーツ庁は2005年10月1日に新設されました。

2020年の東京五輪に向けて設置された、文部科学省の外局です。

スポーツ振興その他スポーツに関する施策の総合的な推進を図ることを目的としています。

スポーツ庁長官の歴代は、2人。

鈴木大地さんと室伏広治さんです。

初代長官:鈴木大地

任期:2015年10月1日~2020年9月30日

【経歴】

  • 1998年ソウル五輪100m背泳ぎ金メダル
  • 日本水泳連盟会長

2代目長官:室伏広治

任期:2020年10月1日~

【経歴】

  • 男子ハンマー投げ 2004年アテネ五輪金メダル
  • 男子ハンマー投げ 2012年ロンドン五輪銅メダル
  • 中京大学 スポーツ科学部 准教授
  • 東京医科歯科大学 教授
  • スポーツサイエンス機構サイエンスセンター長
  • 公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 スポーツ局長
  • 公益財団法人 日本オリンピック委員会(JOC) 理事
  • 公益財団法人 日本陸上競技連盟 理事
スポンサーリンク

スポーツ庁長官、給与・年収を紹介!

スポーツ庁長官、給与・年収をご紹介します。

年収

1,800万円超

スポーツ庁新設の概算要求には、9億円の人件費が盛り込まれました。

他の省庁からスポーツ関連業務の人員を移管するとのことでしたが、トップの長官は、事務次官クラスに迫る年収1800万円超え

 

ちなみに、室伏広治さんと同じ45歳男性の場合、東京都での平均年収が672万円となっています。

スポーツ庁長官の年収は、平均年収の3倍近い年収となっています。



給料

スポーツ庁長官の給料は、月収150万円程度と考えられます。

 

45歳での平均月収は、約40万円。

4倍近い月収とは、驚きですね。



スポンサーリンク

スポーツ庁長官の任期

スポーツ庁長官の任期は2年。

最長5年まで再任可能となっています。

室伏広治長官の任期は、最短で2022年9月30日、最長で2025年9月30日ということになります。





 

スポーツ
スポンサーリンク
花ママをフォローする
花ママの便利帳
タイトルとURLをコピーしました