「ねこねこ日本史」ジュニア版・通常版の違いを解説!

エンターテイメント

そにしけんじ著の「ねこねこ日本史」。

NHK Eテレで週2回アニメも放送されており、人気となっています。

本やマンガも発売されていて、マンガは通常版とジュニア版の2種類が発売されています。

「ねこねこ日本史」の通常版とジュニア版の違いを解説します!

スポンサーリンク

「ねこねこ日本史」通常版とジュニア版の違いは?

通常版

B6サイズ

文字:小さい

ふりがなは、一部のみ。

値段:800円

歴史上の人物のお話:1ページ使用

2020年5月現在、8巻まで発売中。

ジュニア版

単行本サイズ(A5)

文字:大きい

全てにふりがな付き

値段:880円

歴史上の人物のお話:2ページ(見開き)使用

→1冊につき、3ページ程度多いです。

2020年5月現在、6巻まで発売中。

通常版・ジュニア版の共通点

内容は同じです。

1ページに4コマ漫画が2つ載っているのも、同じです。

スポンサーリンク

まとめ

低学年には、ジュニア版がおすすめです!

高学年でも、歴史上の人物の名前などは読みにくい物が多いので、ふりがな付きのジュニア版の方が読みやすいと思いますよ。

 

「ねこねこ日本史」をもっとチェック!

⇒「ねこねこ日本史」の見逃し配信!無料の動画の紹介はこちら!

⇒「ねこねこ日本史」動画、新選組一覧!本やDVD、無料の動画の紹介はこちら!

⇒「ねこねこ日本史」映画の上映期間はいつまで?上映館や感想・口コミの紹介はこちら!

エンターテイメント学習
スポンサーリンク
花ママをフォローする
花ママの便利帳
タイトルとURLをコピーしました