バニッシュスタンダードのアプリのダウンロード方法は?STAFF START(スタッフスタート)のQRメモも紹介!

バニッシュ・スタンダードのアプリ「STAFF START(スタッフスタート)」。

リリースから4年で、導入ブランド数は1,000以上、2020年8月時点での年間流通額は882億円と急成長しています。

ダウンロード方法は?

STAFF START(スタッフスタート)の口コミやQRメモもご紹介します!

STAFF STARTはどんなアプリ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ai.(@shiyuan.ai)がシェアした投稿

バニッシュ・スタンダードのアプリ「STAFF START(スタッフスタート)」はどのようなアプリなのか、ご紹介します!

 

STAFF START(スタッフスタート)は、ショップ店員が撮影した写真に、商品情報を紐づけてSNSに発信。

直接販売サイトに飛べる機能がついているアプリです。

オンラインでも接客が可能となり、売り上げアップ、ショップ店員の給料アップにもつながっています!

 

利用者にとっても、自宅で好きなショップ店員のコーディネートを見て買い物が出来る便利なサービスです。

STAFF STARTの実績

【2016年9月】

サービス開始。

年間流通総額:1.4憶円

【2017年8月】

年間流通総額:17億円

【2018年8月】

年間流通総額:89億円

【2019年8月】

年間流通総額:288億円

【2020年8月】

年間流通総額:882億円

 

すさまじい成長ぶりですね!!

導入企業やサービスは?

2020年8月時点で、1,000以上のブランドで導入されています。

どのような企業・ブランドがあるのでしょうか?

いくつかご紹介します!

 

2019年5月~:オンワード

 

2019年10月~:三陽商会

 

2019年12月~:ORICHICA

2020年1月~:マッシュグループ9ブランド

 

2020年3月~:コーセー(化粧品業界初!)

 

2020年3月~:FREAK’S STORE

2020年5月~:AOKI

 

2020年6月~:アニヴェルセル(サービス業界初!)

 

2020年7月~:アイスタイル

 

2020年7月~:ポーラ

 

2020年~7月:ゴールドウィン(ザ・ノース・フェイス等)

 

有名ブランドが続々と提携しています。

ブランド数が多い事は、利用者からしても嬉しいですよね!

 

連携サービスは、2020年9月末時点で5種。

 

ファッション業界だけでなく、様々な業界に広がりを見せているところに、今後の可能性を感じますね。

バニッシュ・スタンダードのアプリのダウンロード方法は?

STAFF START(スタッフスタート)は、業務用アプリとして提供されています。

App StoreやGoogle Playからダウンロードはできません

 

各ショップのページや販売員のSNSから投稿を見ることが出来ますよ。

いくつかご紹介しますね。

⇒ADASTRIA

⇒ANNIVERSARE

⇒AOKI

⇒BEAMS

⇒フリークスストア

⇒URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)

⇒BAYCREW’S(ベイクルーズ)

⇒コーセー

STAFF START(スタッフスタート)の口コミを紹介!

経営者にも、店員にも、購入者にも便利で魅力的なアプリであることが分かりました!

STAFF START(スタッフスタート)のQRメモを紹介!

街で買い回りをする場合、他店の商品と比較検討をすることが良くあります。

そのような時、気に入った商品を瞬時にQRコードに変換し、商品URLをスマホに送付してもらうことが出来ます。

販売員自身のSNSのURLなどもQRコードで紹介してもらうことも可能です。

 

お店側にとっても、売り上げアップにつながるサービスだそうです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です