シャボン玉液の作り方・安全!保育・簡単・大きなものも解説! - 花ママの便利帳

シャボン玉液の作り方・安全!保育・簡単・大きなものも解説!

お仕事

PVアクセスランキング にほんブログ村

PR

子ども達の大好きな遊びの一つであるシャボン玉。

シャボン玉液を買うことが多いと思いますが、実は家庭にあるもので簡単に作れるのです。

しかし、間違って飲んでしまうなど、安全性はどうなの?と感じてしまう方もいると思います。

本記事では、安全なシャボン玉液の作り方をご紹介していきます

スポンサーリンク

シャボン玉液の作り方・安全

シャボン玉液を作る時には第一に安全であることが非常に重要です。

子どもが間違って飲んでしまう場合もあるので、大量に飲んでしまうことがないように見守る必要があります。

見守るだけでなく、安全面に配慮したシャボン玉液を作るようにしましょう。

材料

  • 無添加石鹸  小さじ1
  • お湯     200ml
  • グリセリン  小さじ1

 

作り方

  1. 石鹸を細かく砕き、お湯に溶けやすいようにします。
  2. お湯の中に砕いた石鹸を全て入れ、石鹸が無くなるまで溶かします。
  3. グリセリンを石鹸の中に入れて溶かします。
  4. 20分程置いておき、よく冷ましたら完成。

 

食べても安全なシャボン玉液にするために無添加石鹸を使用してください。

中には合成石鹸と書いてあるものもありますので、確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

シャボン玉液の作り方・保育

保育園での遊びの中でも、シャボン玉をすることが多くあります。

たくさん遊ぶとシャボン玉液がなくなってしまうこともありますよね。

そんな時のために保育園にあるものを使ったシャボン玉液の作り方をご紹介します。

材料

  • 水          100ml
  • 液体タイプの洗濯のり 50mℓ
  • 台所用中性洗剤    10ml

 

作り方

  1. 洗濯のりと水を混ぜます。
  2. 中性洗剤を加え、泡立てないように優しく混ぜて完成。

 

シャボン玉遊びを楽しむために、まずはシャボン玉作りから。

子ども達に「シャボン玉液ってどうやって作るの?」と問いかけてみましょう。

子ども達なりの答えが返ってきますので、その材料を用意します。

最初のうちは答えを出さずに子ども達にやらせてみて、シャボン玉ができるかどうか試してみるのが良いです。

子ども達は遊びの中で、たくさん学んでいきます。

 

必ずしも答えに辿り着くとは限りませんので、その時にはヒントをあげながら楽しんでいきましょう。

スポンサーリンク

シャボン玉液の作り方・簡単

シャボン玉液を簡単に作ることができたら良いなと思った経験はありませんか?

分量が分からない、たくさん準備するものが必要でせっかくの楽しい遊びがもったいないですよね。

ここでは用意するものは二つだけ。

簡単に作れるシャボン玉液をご紹介します。

材料

  • ヒアルロン酸入りの化粧水 20ml
  • 台所用中性洗剤      5滴

 

作り方

  1. 用意した二つのものを優しく混ぜると完成。

 

これくらい簡単に作ることができると、子ども達もすぐに遊べて大喜びですね。

スポンサーリンク

大きなシャボン玉液の作り方

シャボン玉で遊んでいくうちに「大きいシャボン玉が作りたい」と大きいシャボン玉に憧れをもつようになります。

「大きいシャボン玉液の作り方なんて分からないよ」という方も多いのではないでしょうか。

今まで紹介した材料を活用すれば作ることができますよ。

材料

  • 水     1.5ℓ(精製水があれば尚良し)
  • 洗濯のり  200ml
  • 食器用洗剤 200ml
  • グリセリン 200ml

 

作り方

  1. 大きなシャボン玉を作るために大量に液を作るので、大きめの入れ物を用意します。
  2. 材料を全て入れ、泡立てないようにかき混ぜます。
  3. 混ぜ合わせたら、1時間程置いておき、液を馴染ませて完成。

 

洗濯のりの成分にPVA(ポリビニルアルコール)が含まれています。

これが増粘剤の役割を果たし粘り気が出るために大きなシャボン玉を作ることができるのです。

大きなシャボン玉を作るために最も大切なのは、液が泡立たないということです。

混ぜる時には優しくかき混ぜるようにしましょう。

大きなシャボン玉を作る時にはビニールプールに液を作り、フラフープにガーゼを巻いたものを使ってシャボン玉を作ると上手に作ることができます。

スポンサーリンク

シャボン玉液の作り方・砂糖

これまで様々なシャボン玉液の紹介をしてきました。

材料の中にグリセリンというあまり聞き慣れないものができてきましたが、実は砂糖で代用できます。

グリセリンの代わりに砂糖を入れることで同じようにシャボン玉液を作ることができますのでお試しください。

砂糖を入れる時の分量も含めて作り方をご紹介していきます。

材料

  • 水(ぬるま湯)   200ml 
  • 食器用洗剤     10ml
  • 砂糖        10g 

 

作り方

  1. 材料を泡立てないように優しくかき混ぜて完成。

 

砂糖は水に溶けにくい場合もあるので、ぬるま湯を使うと良いです。

実際に遊ぶ時には、液を冷ましてから遊ぶようにしましょう。

 

砂糖を入れることで割れにくくなり、シャボン玉が作りやすくなります。

シャボン玉ができてもすぐに割れてしまったら寂しいですね。

ぜひ砂糖を入れてみてください。

スポンサーリンク

シャボン玉液の作り方・ガムシロップ

砂糖と同様にガムシロップでもシャボン玉液を作ることができます。

ガムシロップの分量が砂糖とは異なりますので、間違えないようにしましょう。

材料

  • 水      200ml
  • 食器用洗剤  10ml
  • ガムシロップ 50ml

 

作り方

  1. 全てを混ぜ合わせます。(割り箸等で優しく混ぜましょう)

 

ガムシロップを入れることで砂糖同様に割れにくくなります。

ガムシロップや砂糖は家庭にある方をお使いになってください。

スポンサーリンク

まとめ

シャボン玉液の色々な方法をご紹介してきましたが、すぐには覚えられないですよね。

今回の記事を保存しておいて、いつでも見返すことができるようにしてください。

どの材料を使ってもシャボン玉液を作ることができます。

実際に作ってみながらどれが1番良いか試してみるのも良いと思いますので、やってみてください。

お仕事
スポンサーリンク

にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

花ママをフォローする
タイトルとURLをコピーしました