保育士40代新人の悩み・楽しみ!メリット・デメリットも解説! - 花ママの便利帳

保育士40代新人の悩み・楽しみ!メリット・デメリットも解説!

お仕事

PVアクセスランキング にほんブログ村

PR

「ついに保育士資格を取った!でも、40代の現実は甘くなかった。」

「40代で夢の保育士デビューしたのに、正直キツイ。」

何教科も試験を受けてやっと保育士資格を手にした40代、いざ働き始めた時に違和感や悩みをもつケースは少なくありません。

人生でいろいろ経験してきたからこそ、保育園・こども園で新人として働く難しさがあることでしょう。

最後まで読んでいただくと、40代新人でも前向きに保育士として働き続ける手掛かりが得られますので、是非ご覧ください。

 

まずは求人を
\知りたいだけでもOK/
保育士人材バンクで
非公開求人を紹介してもらう
スポンサーリンク

保育士40代新人の悩み

どんな職種でも40代で初めての仕事を経験するのはストレスがかかりますが、保育士特有の悩みとして次のようなことがあげられます。

  • 体力
  • 園の方針との相性
  • 給与

 

保育士の仕事は一日中子どもに向き合い、抱っこなど力仕事もある重労働です。

年齢的に疲れがたまりやすく抜けにくくなるのが40代です。

 

また、40代までの人生経験を積んでいるからこそ、園の方針や保育のやり方に納得いかない場合はジレンマに苦しむことになります。

いくら謙虚な気持ちでいても、時にはやりにくさを感じることでしょう。

 

さらに給与については、ただでさえ給与水準が低めの業界で新人の給料になります。

経験を積んだ若い職員よりも低いことにプライドが傷つくかもしれません。

40代新人の保育士がせっかく就職しても、悩んで辞めたくなってしまう状況が想像できます。

 

まずは求人を
\知りたいだけでもOK/
保育士人材バンクで
非公開求人を紹介してもらう
スポンサーリンク

保育士40代新人の楽しみ

保育士ならではの楽しみや、替えがたい喜びもあります。

子ども達のパワーや笑顔、保護者からの感謝の言葉に励まされ、やりがいが感じられるのも事実です。

0歳から小学生に上がるまでの成長や発達を間近で見られ、感動に事欠きません。

自分の声かけや関わり方で子どもの姿が変わることもあり、心と心の結びつきを築いていける稀な職業です。

 

また、正職員を目指せる仕事はなかなか無い中、保育士はまだまだ人手不足で正職員を期待できます。

保育士の給与水準が低いとはいえ、長い目で見れば正職員として受け取る恩恵は無視できません。

このように、40代保育士は新人でも楽しみをたくさん見つけられる仕事です。

 

まずは求人を
\知りたいだけでもOK/
保育士人材バンクで
非公開求人を紹介してもらう
スポンサーリンク

40代新人保育士が仕事を覚える方法・注意点

40代の新人保育士が、クラス担任としてすぐに独り立ちするのは無理な話です。

まずは次のことを頭に入れることから始めましょう。

  • 職員・子どもの名前
  • 仕事の流れ
  • 園の予定表
  • 消耗品・道具のある場所

 

同僚の職員の名前はもちろんですが、子どもの氏名は苗字も含めて一日も早く覚えましょう。

職員同士の話を理解するにも、かかって来た電話に応答するにも、子どもの氏名と顔が一致することが最低限必要だからです。

 

次に、朝子どもを受け入れてから保護者の元に返すまでの過ごし方と、期待されている自分の立ち位置を理解してください。

仕事の流れは基本的には毎日同じですが、行事や職員の配置によって変わることがあります。

園の予定と連絡事項は毎朝チェックすることが大切です。

 

また、消耗品や使う道具が何かと多いです。

消耗品のストックや道具の保管場所を知っていると自分で動けて他の保育士のサポートになります。

思い込みや勝手な判断で動くと迷惑がかかることもあるので、疑問点はどんどん質問しながら、他の保育士と連携しましょう。

 

また記憶力は低下しているので、聞いたことはメモして何度も聞かないように努力が必要です。

仕事を覚えようと頑張っている姿を周囲がきちんと見て評価してくれるので、確実に信頼につながります。

スポンサーリンク

40代の新人保育士が気を付ける事

40代で保育園・こども園に初めて就職しようとする場合、前もって確認しておくべきポイントを押さえることで失敗を避けられます。

求人があるからといって跳びついてしまうと、こんなはずじゃなかったと後悔する結果に終わるかもしれません。

 

下記については保育園によって異なり、自分のイメージと離れている場合があるので必ず事前に情報収集してください。

  • 園の職員構成
  • 募集している雇用形態
  • 園の雰囲気など

 

確認しておくべきポイントについて、具体的に説明していきます。

同年代の保育士がいるか

同年代の保育士が一人でもいるとかなり心強く、さらに家庭をもち子育て中であるなど、自分と境遇が似ていればなおさらです。

相談した時に理解してもらえるだけでも救われますし、適切なアドバイスをもらえるかもしれません。

 

また、40代以上の保育士も在籍している職場ならば、自分と同じような境遇でも働きやすい環境と考えられます。

40代の保育士がどのくらいの割合でいるのか、直接または就職を斡旋するエージェントを通して確認するようにしましょう。

 

雇用形態

自分が希望する働き方ができるかどうかは、大きな問題です。

正職員になると、保育・行事・保護者対応から事務まで広範にわたる仕事と責任を背負うことになるので、それなりの覚悟が必要となります。

さらに園の体制によっては休みにくい場合もあり、自分が子育て中の場合でも仕事優先を強いられるかもしれません。

 

一方、保育園・こども園は早朝や夜の時間帯の保育士確保が難しいので、パートとして早朝や夜に働ける人材を求めていることもあります。

乳児クラスの食事・午睡・外遊びなど、保育補助として部分的に人手を増やしたい場合もあるでしょう。

 

まずは自分がどのような働き方をしたいのか、どの程度まで仕事を優先できるのか、心の整理が必要です。

自分の希望と保育園・こども園が求める雇用形態とがマッチするのか確認し、希望に合わせてもらえるのか相談してみましょう。

 

園の雰囲気

保育方針や雰囲気は、保育園・こども園によって大きく異なるため軽視できません。

例えば次のようなことが観点としてあげられます。

  • 園児の数が多い・家庭的な規模
  • 個々の自由な活動を尊重・一斉活動を尊重
  • 外遊びが多い・室内活動が多い
  • 行事が多い・日常生活を重視
  • 園全体として交流がある・クラス間での交流がない

 

40代保育士は新人であっても、それまでの人生経験から自分なりの価値観をもち、子どもと向き合いたいはずです。

したがって保育園・こども園の保育方針や雰囲気が自分の価値観と大きくずれている場合、納得いかずにストレスになってしまいます。

 

しかし実際は求人内容を見ただけで園の雰囲気は分からないまま、とりあえず採用されたところで働き始めるケースが多いようです。

採用後に後悔しないためには、面接や見学時などの機会を利用して園全体の保育方針・職員や子ども達の雰囲気について情報を得るようにしましょう。

心の持ち方

それまでの人生経験から自分なりの価値観をもつという長所は、油断すると「柔軟性がない」「協調性がない」という短所になってしまいます。

40代だからこそ気をつけたい「心の持ち方」は、次のようなことです。

  • 先輩が年下でも真摯な気持ちで教えてもらう。
  • 勝手な判断をせずに、疑問点は質問する。
  • 教わったことはメモをして、記憶力低下を補う。
  • 半年ほどは自分の意見を封印して周りを観察する。
  • 頼まれた仕事をきちんとこなして信頼を得る。

 

先輩保育士に対して、年齢や子育て経験の有無などで見下した気持ちがあると態度に出てしまうかもしれません。

また、自分の思い込みや勝手な判断で動いてしまうと周囲に迷惑がかかることもあるので気をつけましょう。

 

教わったことをメモして頼まれたことをきちんとこなし、人の間違いは寛容に受け止めて大人の態度を保つことで信頼が得られます。

信頼が積み重なることで納得いかないことに対して意見を言いやすくなります。

 

納得いかなかったことも、半年くらい経つと理解できる場合が多いです。

自分の人生経験を土台にして柔軟性と協調性をもって働けるかどうかは、「心の持ち方」にかかっています。

 

スポンサーリンク

40代で新人保育士になるメリット

正規職員になりたい場合、子育て経験のある40代に一番おすすめなのが保育士です。

40代で正職員として全く新しい仕事に就くことは難しいことですが、保育士資格をとれば就職できる可能性がぐっと上がります。

 

社会保障の面からも長い目でみれば、パートや派遣より正職員として働いた方がメリットが大きいことはいうまでもありません。

保育士は子どもの成長に直接関わる仕事であり、社会的な重要性からもやりがいを感じられる職業です。

 

また、子どもとの関わりの中で得られる感動や喜びは、毎日の苦労を補って余りあるといえます。

40代で新人保育士になるメリットは、正職員としての採用される可能性が高いことと仕事のやりがいです。

 

スポンサーリンク

40代で新人保育士になるデメリット

体力面で自信が無い人と高年収が必要な人には、保育士をおすすめできません。

保育士の仕事は乳児の抱っこや幼児の外遊びの相手の他、室内でも立ち仕事が多く、行事では力仕事もあり重労働です。

まめに動くことが苦ではない人にとっては許容範囲内のはずですが、疲れが取れにくかったり、腰を痛めてしまったりする可能性があります。

 

また、保育士の給与水準は低めで、勤め続けたからといって役職手当がつくものでもありません。

同じ職場で長年働き続ける40代と新人の40代では給料に差があって当然ですが、保育士という業種が不安を大きくしています。

シングルで子育て中の場合、保育士の年収では暮らせないという現実もあるかもしれません。

 

一方、よく話題にあがる人間関係の難しさは保育士に限ったことではなく、自分の心の持ちようで何とかできる問題です。

40代で新人保育士になるデメリットは、体力面と金銭面といえます。

 

スポンサーリンク

40代の新人保育士が戦力になる理由

たとえ新人でも、40代の保育士が人生経験や子育て経験で得た力を発揮できる場面が、保育園・こども園にはたくさんあります。

これは求人の数字にも現れており、他の職種では40代の求人は低い傾向ですが、保育業界では当てはまりません。

保育士の仕事は子どもの相手をするだけではないので、社会的良識や知識、判断力や対応力を備えた40代を保育園・こども園は必要としているのです。

以下に40代新人保育士が戦力になる理由について、具体的に説明していきます。

保育士にはたくさんの業務がある

保育士の仕事は、子どもと関わって一人ひとりの成長をサポートすることだけではありません。

まず、家庭で必要な家事のほとんどが含まれます。

  • 布団の上げ下げ
  • 食事の準備と片づけ
  • 食事の介助
  • 掃除
  • 寝かしつけ
  • 替え
  • 洗濯
  • 整理整頓 など

 

あげたらきりがありません。

日々、保護者の要望に応え、不安を取り除くのも仕事です。

 

また、毎年めぐってくる行事について企画・準備・実行・片づけをこなさなくてはなりません。

さらに税金を使って運営していることから、日誌や月案など公的な文書を日々作成することが求められています。

たくさんの業務があるからこそ、40代の新人でも自分の得意分野で力を発揮できるのです。

 

保育士不足

保育士の不足がまだ続いている現状です。

令和4年10月の保育士の有効求人倍率は2.49倍。

前年に比べ0.17ポイント下落していますが、 全職種平均の1.35倍と比べると高くなっています。

参考:保育士の有効求人倍率の推移(全国)

 

特に東京都の値は3.57で、保育士1人に対して3.57件ものニーズがあるのです。

認可保育園・こども園では、子ども一人当たりに配置する保育士の人数を子どもの年齢ごとに配置基準として定めています。

配置基準を満たすという観点では、保育士資格をもって保育園・こども園で働くことだけでも園に貢献できるのです。

 

資格のない人でも保育園・こども園で働くことはできますが、配置基準を満たすための数には入れられません。

40代で新人でも保育士資格をもっていれば歓迎される現状だといえます。

 

スポンサーリンク

40代新人保育士のニーズ

40代で新人保育士になると、経験を積んだ40代保育士や若い保育士にはない視点をもって仕事ができます。

ずっと保育の世界で仕事をしていた40代保育士は、保育園・こども園での常識や「子どものあるべき姿」「保護者のあるべき姿」にとらわれがちです。

保育の外の世界もよく知る40代の新人だからこそ、現在進行形で社会の子育てニーズに合わせた保育ができる可能性があります。

 

また、若い保育士よりも子育て経験や人生経験を積んでいるため、子どもの潜在的な要求をくみ取りやすく、保護者からの信頼を得る面でも有利です。

40代で「新人」ということに気後れすることなく、自分の経験や視点を活かして保育に貢献していきましょう。

 

スポンサーリンク

40代新人保育士に求められること

40代新人保育士に求められるのは、柔軟性と協調性です。

40代の保育士は社会経験や子育て経験から、自分の価値観をもって物事を判断するので、園のルールなどに対して疑問を持つこともあるでしょう。

 

しかし、ルールができた経緯や必要とされる理由を知れば理解できることもあります。

保育の仕事は、周囲との協力と連携が欠かせないため、思い込みや勝手な判断で動くことは避けるべきです。

柔軟性と協調性を忘れずに、仕事をしていきましょう。

 

スポンサーリンク

40代新人保育士の就職活動

40代の保育士が初めて就職先を探す場合、保育専門のエージェントの力を借りることをおすすめします。

エージェントへ相談する前に大切なのが、勤務時間・給料・年間休日・通勤時間など、何を優先させたいのか整理することです。

 

自分の希望を正しく伝えたうえで、雇用形態・同年代の保育士がいるかどうか・園の雰囲気などを確認しましょう。

園に対して直接聞きにくい情報もエージェントに仲介してもらうことで詳しく知ることができます。

40代保育士の需要は十分にあるので、遠慮せずに理想の勤務先を見つけましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで次のことについて解説してきました。

  • 保育士40代新人の悩み・楽しみ
  • 40代新人保育士が仕事を覚える方法・注意点
  • 40代の新人保育士が気を付ける事
  • 40代で新人保育士になるメリット・デメリット
  • 40代の新人保育士が戦力になる理由
  • 40代新人保育士のニーズ
  • 40代新人保育士に求められること
  • 40代新人保育士の就職活動

 

先生の笑顔は、子ども達の笑顔につながっていきます。

悩みを抱える新人さんの心が少しでも軽くなり、前向きな気持ちで保育に携われるよう願ってやみません。

40代で保育の仕事に跳びこむことだけでも素晴らしいので、自分の能力を過小評価せずに現場で力を発揮していってください。

スポンサーリンク

おすすめの転職サイト!

保育士人材バンク】やほいく畑は、特におすすめできる就職・転職サイト。

保育士人材バンク
全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。
求人数が多く、最短3日で内定を得ることができるスピード感がおすすめです!
登録すると、ネット上での検索などでは見られない非公開求人の情報を得ることが出来ます。
ほいく畑
全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。
特に関東・関西・静岡・広島・山口・福岡・佐賀・山梨に住んでいる保育士さんにおすすめです。
土日祝日の転職活動が可能。
登録しないと得ることが出来ない、非公開求人がたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるために、転職サイトは複数社に同時登録して併用するのがおすすめです。
就職・転職活動が不安な保育士さんは、まずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。

保育士の転職サイトは、新卒の方や未経験の保育士さん、資格取得見込みの方でも利用可能です。

どの転職エージェントも、安心して利用できると思います。

しつこく電話をしてくるということもないですよ。

 

まずは求人を
\知りたいだけでもOK/
保育士人材バンクで
非公開求人を紹介してもらう

 

大事なポイントは、複数の就職転職エージェントに登録する、ということです。

紹介できる求人などに差があるため、転職エージェントは複数社に同時登録して併用するのがおすすめです。

 

保育士の就職転職エージェントは、【非公開求人】というネット上には公開されない求人をそれぞれのサイトごとに持っています。

ひとつの転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの好待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

保育士人材バンクは、全国の保育士のパート・正社員の求人に対応。

登録すると、ネット上の検索などでは出てこない保育園の求人情報を得ることが出来ます。

求人数が多い事が評判で、最短3日で内定を得ることができるスピード感がおすすめですよ。

 

東証一部上場企業が運営しているので安心!

他社にはない保育園の求人情報がたくさんあります。

転職を考えている保育士さんには、登録必須のサイトです。

ほいく畑は、日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人があります。
取扱求人数が多く、登録しないと得ることが出来ない非公開の求人情報が多いです。
専任のコーディネーターに相談ができ、土日・夜間でも面談を受けることができます。
相談だけでも可能なので、登録して経験豊富なコーディネーターに話を聞くだけでも、価値がありますよ!
保育士で転職を考えている人は、登録しておいて損はないです。
紹介できる求人に差があるため、転職サイトは複数登録がおすすめです。
お仕事
スポンサーリンク

にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

花ママをフォローする
タイトルとURLをコピーしました