保育士から保護者へのメッセージ 例文!進級・卒園・ポイントも解説! - 花ママの便利帳

保育士から保護者へのメッセージ 例文!進級・卒園・ポイントも解説!

お仕事

PVアクセスランキング にほんブログ村

PR

3月は1年を通して最後の月で、翌月の4月には新年度がはじまります。

卒園・進級の時期ですので、子どもたちの成長を強く感じ、嬉しい気持ちと、寂しい気持ちになりますよね。

3月と4月のクラスだよりや園だよりの中では、保護者に向けて特別なメッセージをのせます。

しかし、いざメッセージを書くとなると、悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

この記事では、保護者に向けてのメッセージの例文やメッセージのポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

保育士から保護者へのメッセージ・例文

保育士から保護者へのメッセージの例文を紹介します。

(例文1)

1年間、ありがとうございました。

4月にはまだ幼さがあった子どもたちですが、今では〇〇ができるようになったり、〇〇をみんなで協力できるようになったりと、子どもたちの姿に成長を感じ、うれしく思います。

どれも子どもたちとの大切な思い出ですが、担任の私の中で特に印象的なのが、〇〇です。

みんなで協力してがんばる姿に、感動しました。

これからも子どもたちの成長を応援しています。

(例文2)

1年間、保護者の皆様にはたくさんのご協力をいただきまして、ありがとうございました。

あっという間に最後の月となり、月日の流れのはやさに驚いています。

新年度が始まったときには、新しい担任・新しい保育室・新しいお友だちに緊張する表情が見られましたが、今では毎日子どもたちの笑顔が見られ、元気いっぱいにかけまわる姿に、うれしくなります。

これからも子どもたちの成長を見守り、応援しています。

(例文3)

1年間、担任をさせていただき、保護者の皆様にはクラス運営において、様々なご協力をいただき、ありがとうございました。

無事に卒園を迎えられること、心からうれしく思うと同時に、寂しい気持ちでいっぱいです。

集団生活の中で子どもたちは様々なことを学び、たくさん笑って、怒って泣いて、たくましく成長しました。

保育園生活でともに過ごしたお友だちとの絆を大切にしながら、小学校でもがんばる子どもたちの姿を、これからも応援しています。

 

保育士から保護者へメッセージを書くときには、子どもたちの姿や思い出を盛り込んだ内容にすると、メッセージが深く感じとれます。

感謝の言葉以外にも、印象的だったことを思い出してみましょう。

スポンサーリンク

進級のメッセージ・保護者へ

次に紹介するのは、保護者への進級メッセージです。

 

進級のメッセージでは、

  • 進級のお祝いひとこと
  • 自己紹介
  • クラスをどんな風にしていきたいか
  • 1年の抱負など
  • よろしくお願いします

これらを盛り込んだメッセージだと良いでしょう。

乳児クラスの担任より

(例文1)

進級おめでとうございます!

今年度〇〇組の担任の〇〇です。

どうぞよろしくお願いします。

 

子どもたちはひとつ大きくなり、お部屋も少し大きくなりました。

保育園で使う椅子や机も、大きくなります。

新しい保育室・新しい担任にまだ慣れていないので、泣いてしまうことがあるかもしれませんが、保育士と毎日触れ合う中で、少しずつ信頼関係を築いていきたいです。

子どもたちの気持ちに寄り添い、一人ひとりの考えを尊重して、あたたかい保育を心がけていきます。

 

1年間、よろしくお願いします。

(例文2)

進級おめでとうございます!

今年度、〇〇組の担任をさせていただく〇〇です。

よろしくお願いします。

新しい担任にかわり、子どもたちは少し不安そうな表情も見られます。

子どもたちと一緒に過ごす中で信頼関係を築き、安心できるような環境づくりを心がけたいです。

保育園生活が毎日楽しくなるように、子どもたちの興味を大切にしながら色々な体験をさせたいと思います。

1年間、どうぞよろしくお願いします。

幼児クラスの担任より

(例文1)

進級おめでとうございます!

今年度〇〇組の担任をさせていただきます、〇〇です。

ひとつ大きくなった子どもたち、自身に満ち溢れた表情が輝いています。

今年度、年間予定の中では〇〇・〇〇・〇〇など、お楽しみがたくさんあります!

子どもたちの笑顔がたくさん溢れるような時間を過ごしていきたいです。

不慣れな点も多くあるかと思いますが、小さなことでも保護者の皆様と共有して、安心して園生活を送ることができるようにしていきたいです。

1年間、よろしくお願いします。

(例文2)

進級おめでとうございます!

今年度〇〇組の担任をさせていただく〇〇です。

からだを使うあそびや、ルールのあるあそびを取り入れ、元気いっぱいに子どもたちと楽しく過ごしたいです。

毎日の保育園生活が子どもたちにとって居心地の良い環境となるように、子どもたち一人ひとりの気持ちを大切にしながら過ごしていきたいです。

1年間よろしくお願いします。

スポンサーリンク

保育士から保護者へのメッセージ・卒園

次に卒園のメッセージを紹介します。

卒園のメッセージでは、

  • 感謝の気持ち
  • 園生活でのエピソード
  • 卒園後に向けて

これらを盛り込んだメッセージだと良いでしょう。

(例文1)

ご卒園おめでとうございます!

ついに卒園の日が来てしまい、嬉しいような寂しいような気持ちでいっぱいです。

保護者の皆様には、たくさんのご協力をいただき、ありがとうございました。

これからも子どもたちの羽ばたいていく姿を、応援しています。

(例文2)

ご卒園おめでとうございます!

たくさん笑って、泣いて、子どもたちはたくさんの成長ができました。

保護者の皆様、これまでたくさんのご協力をいただきまして、ありがとうございました。

皆様のこれからの健康をお祈りし、子どもたちの成長を応援しています。

スポンサーリンク

保育士から保護者へのメッセージのポイント

保育士から保護者へのメッセージのポイントを紹介します。

メッセージのポイントは、

  • 感謝の気持ち
  • エピソード
  • 自分の思い
  • 今後について一言

これらのポイントをおさえておくと、メッセージがまとまりやすくなるでしょう。

 

卒園も進級も、子どもたちにとっても保護者にとっても、成長の大きな一歩です。

保護者の心に伝わるあたたかいメッセージを伝えましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、保護者に向けてのメッセージを解説してきました。

いざメッセージをとなると、書き方に悩んでしまったり、気持ちを文字に表すことってむずかしいことがありますよね。

また、3月4月は1年を通して特別なメッセージが多くなり、様々な場面でメッセージを書く回数が多くなることも考えられます。

書き方のポイントをおさえておくことで、メッセージは書きやすくなります。

保護者にメッセージを書く際にはぜひ参考にして、心に残るメッセージを書いてみてくださいね。

お仕事
スポンサーリンク

にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

花ママをフォローする
タイトルとURLをコピーしました