保育士の臨時職員を辞めたい。正職員(正社員)への転職方法を紹介!

お仕事

PVアクセスランキング にほんブログ村

臨時保育士は「1年」など決まった期間の契約でしか働くことができません。

臨時保育士と正規保育士の待遇格差などから、臨時保育士を辞めたい!と思うこともありますよね。

ここでは、臨時保育士を辞めたい!と思ってしまう理由についてまとめました。

また、「正社員(正職員)になる方法」も併せて紹介しています。

臨時保育士を辞めたい方や、臨時保育士から正職員を目指したい方に役立つ情報をまとめました。

 

まずは求人情報を
\知りたいというだけでもOK!/マイナビ保育士保育士の求人探しなら【マイナビ保育士】

スポンサーリンク

保育士の臨時職員を辞めたい

臨時保育士は、正職員の保育士と同等の業務をすることが多いようです。

それなのに正職員よりも低い給料しかもらえません。

業務内容や労働時間が同等なら、正職員(正社員)として採用されたいですよね。

 

ここでは、臨時保育士の仕事内容や待遇格差などについてまとめましたので、参考にしてください。

臨時保育士の仕事内容は、正職員とほぼ同じ

臨時保育士とは公立・私立の保育園で「臨時職員」として働く保育士のことです。

公立保育園などの臨時保育士は、正職員と仕事内容はあまり変わらないのに、待遇の差が大きいことが問題視されています。

人手不足を補うための「増員」として採用されるケースも多いため、労働量も多いのです。

 

また、契約期間が「期限付き」なため、契約終了後の再雇用の保証はありません。

産休保育士の代替としての採用などもあります。

 

臨時保育士という名前でも、仕事内容は正職員とほぼ同様です。

保育園で子どもや保護者と接する際、誰が正職員(正社員)で誰が臨時保育士かは、特に示されていません。

 

そのため、園児や保護者から見れば同じ「先生」なのです。

正職員(正社員)と同等の責任感や保育力も求められます。

もちろん、臨時保育士でも「保育士資格」が必要となります。

臨時保育士と正職員との待遇格差

地域差はあるようですが、臨時保育士の給料は一般的に時給1000円前後です。

一日8時間、月20回の勤務で月給は16万円年収にすると192万円となります。

 

一方、保育士の全国平均月給は24万4500円

平均年収は363万4600円です。(賞与等含む)

(出典:厚生労働省令和元年度賃金構造基本統計調査より)

 

また、臨時保育士は交通費、賞与、退職金が出ないところもあるようです。

日々の交通費すら支給されない場合など、どうしても正職員(正社員)との格差を感じてしまいますよね。

 

また、

  • 年金や保険といった福利厚生がない
  • 産休が取得できない

といったケースも多いです。

 

業務内容にはほぼ差がない割に、待遇面の格差が大きいのが現実です。

臨時保育士に待遇の改善は見込めない

正職員(正社員)なら、少しずつでも昇給がすることもあります。

昇給はなくても、ボーナスで調整したりすることもあるようです。

 

しかし、臨時保育士はそうではありません。

雇用期間中に時給が上がることは、ほぼないのが一般的です。

 

慣れてくると仕事量がどんどん増えるのに「もらえる時給は変わらない」という矛盾が生じてきます。

しっかり仕事ができる人ほど損をする!なんてことになりかねませんね。

スポンサーリンク

保育士の臨時職員から正社員(正職員)に転職!

臨時保育士と正職員(正社員)の保育士の待遇の差を見てきました。

保育の仕事が好きで、保育業務もそつなくこなせる方なら、正職員(正社員)になりたい!と思うでしょう。

ここでは、保育士の臨時職員から正職員(正社員)への転職方法を具体的にご紹介します。

公立保育園の正規職員になる

公立保育園の保育士は公務員となります。

人気が高い上に退職者も少ない傾向があり、新規採用の枠は少ないのが現状です。

 

公立保育園の正職員の求人は倍率がかなり高く、狭き門とも言えます。

募集されているのは、産休・育休の代替職員や非常勤職員(臨時職員)のほうが多いです。

 

公立保育園の正職員になるには、公務員試験と呼ばれる自治体の採用試験を受ける必要があります。

また、受験には年齢制限がありますので、自治体のホームページや募集要項を必ず確認してください。

 

公立保育園の正職員は、あくまでも公務員。

数年おきに人事異動があります。

一つの園で長く勤続するわけではありません。

市役所の保育課や児童センターなどに配置される場合もある、という認識を持った上で受験しましょう。

私立保育園の正職員(正社員)になる

私立保育園の場合、採用方法などは園の方針で決められています。

臨時保育士として採用されても、実績を積むことで正職員(正社員)へ登用されるケースもあります。

努力が認められて正職員(正社員)になる場合もありますので、頑張り次第な面もあるようです。

 

人手不足の「補助」として臨時保育士を採用した場合、新しい保育士を採用するより、臨時保育士を正職員(正社員)に!と考える園もあります。

同僚や園児・保護者に好かれるような方や、仕事が出来る方は、「正職員(正社員)になりませんか?」と声がかかる可能性も高くなるでしょう。

企業内保育所や院内保育所の正職員になる

近年、企業内保育所や院内保育所の求人も増えています。

各企業や病院が直接保育園を運営している場合、給料や待遇の面も良いと言われています。

 

保育事業を展開する株式会社などが「業務委託」を受けて保育所を運営している場合もあります。

その場合、給与や待遇は私立保育園とほぼ同じとなります。

土日が休みの企業であれば、企業内保育所も土日は休みとなります。

 

また、園行事が少ない傾向があるため、園行事の準備に振り回される心配が少ないのが利点です。

\自分に合う園のタイプを診断/

診断はこちら >>
スポンサーリンク

待遇・給料の良い正社員(正職員)保育士の求人を見つける方法

待遇・給料の良い正社員(正職員)保育士の求人を見つけるにはどうしたら良いのでしょうか?

待遇・給料の良い正社員(正職員)保育士の求人を見つける方法をご紹介します。

 

待遇・給料の良い正社員(正職員)保育士の求人を見つけるためには、転職サイトの活用がおすすめです。

自分で求人を探すよりも、スムーズに自分の条件に合った求人を見つける事ができますよ!

どのサイトも、登録は無料です。

いくつものサイトを併用することで、より自分にぴったりの求人を見つけやすくなりますよ!

スポンサーリンク

おすすめの転職サイト!

マイナビ保育士】やヒトシア保育は、特におすすめできる就職・転職サイト。

マイナビ保育士
全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。
特に、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。
登録すると、ネット上での検索などでは見られない非公開求人の情報を得ることが出来ます。
ヒトシア保育(旧:保育ひろば)
全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。
特に東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・福岡・愛知・茨城に住んでいる保育士さんにおすすめです。
登録しないと得ることが出来ない、非公開求人がたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるために、転職サイトは複数社に同時登録して併用するのがおすすめです。
就職・転職活動が不安な保育士さんは、まずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。

保育士の転職サイトは、新卒の方や未経験の保育士さん、資格取得見込みの方でも利用可能です。

どの転職エージェントも、安心して利用できると思います。

しつこく電話をしてくるということもないですよ。

 

まずは求人情報を
\知りたいというだけでもOK!/マイナビ保育士保育士の求人探しなら【マイナビ保育士】

 

大事なポイントは、複数の就職転職エージェントに登録する、ということです。

紹介できる求人などに差があるため、転職エージェントは複数社に同時登録して併用するのがおすすめです。

 

保育士の就職転職エージェントは、【非公開求人】というネット上には公開されない求人をそれぞれのサイトごとに持っています。

ひとつの転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの好待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

マイナビ保育士
マイナビ保育士は、全国の保育士のパート・正社員の求人に対応。
登録すると、ネット上の検索などでは出てこない保育園の求人情報を得ることが出来ます。
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島・静岡の保育士求人に強い、保育士転職サイトの最大手です。
大手ならではの情報収集力で、他社にはない保育園の求人情報がたくさんあります。
一都三県の保育士さんには、登録必須のサイトです。
ヒトシア保育は、日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人があります。
取扱求人数が圧倒的に多く、登録しないと得ることが出来ない非公開の求人情報が多いです。
地域専属の、保育園事情に詳しいアドバイザーがいるので、転職者の95%が満足しているという結果が出ています。
面談の必要はなく、電話での相談やヒアリングが可能。
相談だけでも可能なので、登録して経験豊富なアドバイザーに話を聞くだけでも、価値がありますよ!
保育士で転職を考えている人は、登録しておいて損はないです。
紹介できる求人に差があるため、転職サイトは複数登録がおすすめです。

給料の良い正社員(正職員)の求人の見つけ方については、こちらの記事にまとめてあります。

 

転職で失敗しないポイントもチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、臨時保育士を辞めたい!と思う理由や、正職員(正社員)になる方法についてご紹介しました。

臨時保育士はフルタイムや時短勤務が選べるため、産後の社会復帰に不安のある方などが、あえて選ぶ傾向もあるようです。

保育のニーズや需要が高まかっている現在、保育士は様々な働き方を自分で選べるようななりました。

臨時保育士として働いている保育士が「正職員(正社員)」としての働き方を選びたくなってもおかしくありません。

働き方が選べる保育士だからこそ、希望する雇用形態で満足のいく仕事をしたいものですね。

お仕事
スポンサーリンク

にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

花ママをフォローする
花ママの便利帳
タイトルとURLをコピーしました