保育士資格で一般企業へ就職・転職は可能?おすすめの一般企業の求人を紹介!

お仕事

PVアクセスランキング にほんブログ村

保育士さんの中には、保育園以外の一般企業へ就職・転職したいけれど、可能なのかどうかと悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

保育士でも一般企業へ就職・転職をすることは可能です。

ですが、保育士として働くにしても、一般企業へ就職・転職するにしても、メリット・デメリットはあります。

保育士で一般企業への就職・転職を考えている方に参考になる内容をまとめました。

 

保育士から一般企業への転職相談を行っている心強いエージェントがありますよ。

まずは求人情報を
\知りたいというだけでもOK!/マイナビ保育士保育士の求人探しなら【マイナビ保育士】

※登録ページでは、保育士転職としての登録項目が出ます。
登録後、担当者さんに「一般企業へ就職・転職希望」と伝えましょう。

保育士資格で一般企業へ就職・転職は可能?

保育士が、一般企業へ就職・転職をすることは可能です。

保育学生が在籍している学校には、一般企業からの求人も入ります。

また、保育学生自身が新卒用の就職活動のホームページから求人を探して応募することも可能です。

 

気を付けた方が良いのは、一般企業と保育士の求人とでは、就職活動の開始時期が大きく異なるということです。

一般企業は、3月に新卒用の企業情報が公開され、6月には内定が出始めます。

それに対して、保育士の就職活動は夏から秋にかけて開始する傾向にあります。

 

一般企業と保育園の両方で一旦就職活動をしてみて、内定をもらった方から決める、と考えていると、一般企業の内定が出てからかなり時間をおいて内定辞退をする可能性があります。

あらかじめ、一般企業か保育園のどちらに就職をしたいかを決めておいた方が、面接の際に志望動機がブレる事もなく、良いでしょう。

保育士資格は一般企業で活かせる?

保育士が一般企業に就職・転職するのであれば、保育士資格や保育の勉強内容が活かせる業種が良いですよね。

直接子どもの相手をする仕事がある一般企業や、子ども関係の商品を扱う一般企業は、保育士が就職・転職しやすいと言えるでしょう。

保育士に求められること

一般企業から保育士に求められることは、以下の6つです。

  • コミュニケーション力
  • リーダーシップ
  • 責任感の強さ
  • 視野が広く、気遣いが上手い
  • 体力
  • 共感力

保育士であるメリット

就職や転職の際に、保育士であるメリットを伝えることができると良いですよね。

そのためには、自分にはどのようなスキルや適性があるのかを、客観的に把握することも大切です。

自分一人では難しいと思うので、転職エージェントの力を借りて、担当コンサルタントにプロの目で見てもらいましょう。

保育士と一般企業はどちらが良い?

保育士と一般企業はどちらが良いかは、就職・転職するあなた次第です。

じっくり自分の心と向き合って決めましょう。

保育士が一般企業に転職・就職するメリットやデメリットをご紹介します。

一般企業に就職・転職するメリット

保育士が一般企業に就職・転職することのメリットは、給料が上がる可能性が高いことです。

保育業界は全体的に給料が低いです。

その点、一般企業であれば毎年昇給する見込みも高く、勤続年数に応じて収入アップが見込めるでしょう。

 

また、アパレルや写真館などの従業員の場合、売り上げが直接給料に反映されることも多いでしょう。

他にも、働きぶりが評価されて昇給し、給与アップというケースも考えられます。

大手企業などは、福利厚生が充実している点もメリットです。

 

さまざまな部署があり、保育以外のことを学んだ人たちと働くは、新しい考えや価値観を得る事にもつながるでしょう。

自分の新しい適性が見つかり、将来的なキャリアプランや仕事の選択肢が広がるでしょう。

保育士でないデメリット

一般企業で働くデメリットもご紹介します。

一般企業は保育園とは異なり、景気の影響を受けやすいです。

不景気になると仕事がなくなり、雇い止めに合う可能性もあります。

 

逆に、好景気の場合は、仕事が増えることもあるでしょう。

忙しくて残業が続いたり、休日出勤となってしまうこともあるかもしれません。

 

また、一般企業で働く社員には、経営学を学んだりパソコンスキルが高い人が多くいて、保育士とのレベルの差を感じることも多いと考えられます。

 

当然ですが、慣れない仕事を一から覚えなければならない大変さはあります。

そのため、一般企業から見ると、若い方が良いということになります。

年齢が高くなるにつれて、一般企業への転職自体が難しくなってしまう傾向があります。

 

保育士からの転職・一般企業(異業種)

保育士から一般企業(異業種)に転職するためには、保育士資格に頼らない覚悟も必要です。

保育士からの転職・一般企業は難しい

子どもに関連する仕事以外では、保育士資格を持っていても、あまり評価はされません。

大半の一般企業では、保育士資格を持っていることで転職が有利になることは期待できないということです。

しかし、保育士資格は活かせなくても、保育士としての経験は活かせことができますよ!

 

転職先に対してどうアピールをするのかは、書類審査や面接において非常に大切です。

保育士経験の中で、転職先の仕事で活かすことができるポイントを見つけてアピールしましょう。

なぜ保育園で働かないのかを明確に!

転職や就職において、志望動機は重要です。

ただ保育士が嫌になって辞めただけでは?と思われないように、出来るだけ前向きな理由を明確にまとめましょう。

一般企業での仕事への憧れや、自分のスキルが活かせるポイントなど、相手が納得できるようにしておきましょう。

保育士資格におすすめの一般企業の求人

実は、保育士だからこそ持っている強みがあります。

保育士資格を無駄にしない、おすすめの一般企業の求人をご紹介します!

写真館

子ども専門の写真スタジオの求人には、【子どもと接することが好きな方】という記載が良くあります。

保育士は子どもが好き、子どもと接することが好きな人が非常に多いです。

そのため、企業から求められる人材とマッチしていると言えるでしょう。

 

写真スタジオには、写真を撮られるのが嫌な子どもだったり、じっとしていることが難しい子どもも訪れます。

そんな時に、保育実習や勤務経験を活かすことができます。

 

写真館へは保護者が子どもを連れてきます。

子どもとだけでなく、保護者とのコミュニケーションスキルも必要とされます。

親との関わりという面でも、保育士としての経験を活かすことができます。

子ども服の企業

子ども服を扱うブランドの販売員などは、保育士にとって内定をもらいやすい企業の一つです。

子どもの身体の成長に関する知識は、子ども服の販売員には必要不可欠。

子どもの発育に関して学んだ保育士は、子ども服関連企業から見ると採用したいと思える人材でしょう。

 

保育士は、実習や実務で、子どもと接した経験があります。

子供の年齢や成長、それに伴う行動などを想定して、アドバイスや提案をお客様にすることができるのは、保育士の強みと言えるでしょう。

 

保育士として身に着けた造形や色彩、空間演出のセンスやスキルは、店舗での季節ごとのディスプレイなどにも役立ちます。

そのため、保育士は魅力的な人材として扱われる傾向にあります。

子ども関連商品の企業

育児用品関連の一般企業が扱う商品には、おもちゃやおむつ、子ども用食器など様々なものがあります。

子どものための商品を生み出すことが仕事ですので、子どもの発達に関する知識や保育士としての経験が役に立つでしょう。

 

また、間接的に子供に携わることもできます。

自分の生み出した商品を子どもが使っている様子を思い浮かべることができることは、幸せなことです。

子育て用品関連の一般企業では、保育学生など子どもに関する知識が豊富な人材の採用に力を入れているところもあります。

企業の採用ページをチェックしてみるのもおオススメです!

テーマパークやアミューズメント施設

テーマパークやアミューズメント施設は、子どものお客さんが多い場所です。

子どもと接することに慣れているからこそ、楽しく関わることができるでしょう。

どの様にしたら子どもに楽しんでもらえるかを考えることができるのは、保育士だからこそ。

才能を活かすことができるでしょう。

託児施設

商業店舗などで、一時的に子供を預かる託児施設。

自動車教習所や、駅前、歯科、スポーツ施設などにあることもあります。

色々な子ども達や保護者と関わるため、その場に応じた判断のできる保育士のスキルを活かすことができます。

習い事の講師

幼い頃から習い事をする子が増えています。

自分の得意を活かすことができる習い事の講師になることも、おすすめです。

講師は、給料が高いことも多いです。

また、保育園よりも少人数をゆったりと指導できることもメリットです。

保育園運営会社

保育園の現場で働くのではなく、保育園を運営する側の仕事です。

保育園運営がうまくいく様にしたり、保育士の採用をしたりと、保育士経験を存分に生かすことの仕事です。

運営している保育園の数が多い、株式会社の保育園等の求人があります。

保育系の転職サイト

保育士の転職をサポートする仕事です。

保育士の経験があることで、転職をしたい保育士さんの気持ちを理解して、マッチする保育園を紹介することができるでしょう。

おすすめの転職サイト!

マイナビ保育士】やほいく畑は、特におすすめできる就職・転職サイト。

マイナビ保育士
全国の正社員・パート保育士の求人に対応しています。
特に、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島県、静岡県の保育士求人に強い保育士転職サイトの最大手です。
登録すると、ネット上での検索などでは見られない非公開求人の情報を得ることが出来ます。
ほいく畑
全国の正社員・派遣・パート保育士の求人に対応しています。
特に関東・関西・静岡・広島・山口・福岡・佐賀・山梨に住んでいる保育士さんにおすすめです。
土日祝日の転職活動が可能。
登録しないと得ることが出来ない、非公開求人がたくさんあります。
紹介できる求人などに差があるために、転職サイトは複数社に同時登録して併用するのがおすすめです。
就職・転職活動が不安な保育士さんは、まずは簡単な相談目的での登録でも大丈夫です。

保育士の転職サイトは、新卒の方や未経験の保育士さん、資格取得見込みの方でも利用可能です。

どの転職エージェントも、安心して利用できると思います。

しつこく電話をしてくるということもないですよ。

 

まずは求人情報を
\知りたいというだけでもOK!/マイナビ保育士保育士の求人探しなら【マイナビ保育士】

 

大事なポイントは、複数の就職転職エージェントに登録する、ということです。

紹介できる求人などに差があるため、転職エージェントは複数社に同時登録して併用するのがおすすめです。

 

保育士の就職転職エージェントは、【非公開求人】というネット上には公開されない求人をそれぞれのサイトごとに持っています。

ひとつの転職エージェントに登録するだけでは、せっかくの好待遇の非公開求人を見逃してしまう場合があります。

マイナビ保育士
マイナビ保育士は、全国の保育士のパート・正社員の求人に対応。
登録すると、ネット上の検索などでは出てこない保育園の求人情報を得ることが出来ます。
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)や広島・静岡の保育士求人に強い、保育士転職サイトの最大手です。
大手ならではの情報収集力で、他社にはない保育園の求人情報がたくさんあります。
一都三県の保育士さんには、登録必須のサイトです。
ほいく畑は、日本全国の正社員・派遣・パート保育士の求人があります。
取扱求人数が多く、登録しないと得ることが出来ない非公開の求人情報が多いです。
専任のコーディネーターに相談ができ、土日・夜間でも面談を受けることができます。
相談だけでも可能なので、登録して経験豊富なコーディネーターに話を聞くだけでも、価値がありますよ!
保育士で転職を考えている人は、登録しておいて損はないです。
紹介できる求人に差があるため、転職サイトは複数登録がおすすめです。
お仕事

にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

花ママをフォローする
花ママの便利帳
タイトルとURLをコピーしました