相手の気持ちを考える絵本!2歳~5歳、低学年、高学年も解説! - 花ママの便利帳

相手の気持ちを考える絵本!2歳~5歳、低学年、高学年も解説!

お仕事

PVアクセスランキング にほんブログ村

PR

人はさまざまな感情を持っており、それをどう表現したり、伝えたりするかは、日々の経験を通じて学びます。

また、自分の心の中を理解することは、他者の気持ちにも共感するステップとなります。

相手の気持ちを考える絵本をご紹介します。

2歳から6歳、小学生、中学生向けと、年齢別にご紹介します!

前後の年齢の絵本も参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

相手の気持ちを考える絵本(2歳)

2歳におすすめの、相手の気持ちを考える絵本をご紹介します。

ひとはなくもの

作:みやの すみれ
絵:やベみつのり
出版社: こぐま社

「怒り」と並ぶ大事な感情「泣く」。

涙にはさまざまな背景や理由があり、泣くことはダメなことではない。

そんなメッセージを伝える絵本です。

スポンサーリンク

相手の気持ちを考える絵本(3歳)

3歳(年少)におすすめの、相手の気持ちを考える絵本をご紹介します。

おこる

作: 中川 ひろたか
絵: 長谷川 義史
出版社: 金の星社

いつも怒られるのは嫌。

でも、何をしても叱られないのは寂しい。

お友達も怒るし、自分も時々怒る。

「なぜ人は怒るのか」と考える絵本です。

スポンサーリンク

相手の気持ちを考える絵本(4歳)

4歳(年少・年中)におすすめの、相手の気持ちを考える絵本をご紹介します。

ないた

作: 中川 ひろたか
絵: 長 新太
出版社: 金の星社

「なく」は人によって異ります。

涙を流すことはダメではなく、心の声の一部。

その理解を持つだけで、多くの子供たちが安堵するかもしれません。

自分はなぜ涙を流すのか、お友達はどうして泣いているのか。

「涙」について考えることで、さまざまな気づきが得られます。

どんなきもち?

作: ミース・ファン・ハウト
訳: ほんま ちひろ
出版社: 西村書店

この絵本を通して子ども達はさまざまな感情の存在に気づくかもしれません。

自分の感情を探る時間になるかもしれません。

重要なのは、今感じている「心の動き」を上手く伝えられるようになること。

この作品は、子どもたちの感情の成長をサポートしてくれる一冊でしょう。

スポンサーリンク

相手の気持ちを考える絵本(5歳)

5歳(年中・年長)におすすめの、相手の気持ちを考える絵本をご紹介します。

おもちのきもち

おもちのきもち
作:かがくい ひろし
出版社: 講談社

面白くて笑顔になれる絵本です。

おもちの感情を考えるなんてユニークですが、子どもたちはこの考え方を柔軟な心で受け入れるでしょう。

むねがちくちく

むねがちくちく[本/雑誌] (絵本・こどものひろば) / 長谷川集平/作絵

作: 長谷川 集平
出版社: 童心社

言葉のすれ違いや言葉足らずのために、誤解からけんかをしてしまう物語。

思い込みや勘違いでのトラブルは、よくある日常の出来事です。

読むと、両方の気持ちが理解できます。

スポンサーリンク

相手の気持ちを考える絵本(6歳)

6才(年長)におすすめの、相手の気持ちを考える絵本をご紹介します

けんかのきもち

作:柴田 愛子
絵:伊藤 秀男
出版社: ポプラ社

謝られたけれど、「けんかのきもち」はまだ解消されていない。

心の奥底の感情をしっかり共有すれば、友情はさらに深まる。

関わり方や対話の大切さを考えさせる絵本です。

どんなきもち?

作・たかいよしかず

出版社:大日本図書

感情を表現するのはなかなか難しいことがあります。

どうやって心の中をうまく伝えればよいのでしょうか?

様々な気持ちには背景があります。

その背景や理由を伝えることで、感情も理解されやすくなる。

相手の気持ちを想像して、考えて欲しい時におすすめの絵本です。

スポンサーリンク

相手の気持ちを考える絵本(低学年)

低学年におすすめの、相手の気持ちを考える絵本をご紹介します。

あのときすきになったよ

作:薫 くみこ
絵:飯野 和好
出版社: 教育画劇

子どもたちの間での小さなトラブルや対立は日常的に見られます。

しかし、友情が始まる瞬間も多々ある、そんな内容の本です。

みんなのきもちがわかるかな?おもいやりの絵本

作:WILLこども知育研究所

イラスト:すみもと ななみ

出版社:金の星社

身近な人たちや家族、友人の感情を、さまざまな場面で示し、共感する心の重要性を描いています。

共感的な行動の具体例やその意義を紹介している一冊です。

スポンサーリンク

相手の気持ちを考える絵本(高学年)

高学年におすすめの、相手の気持ちを考える絵本をご紹介します。

ほんとうのことをいってもいいの?

作: パトリシア・C・マキサック
絵: ジゼル・ポター
訳: 福本 由紀子
出版社: BL出版

母にうそ友人と遊びに出かけようとします。

初めてのウソに胸が締め付けられ、涙が出て…。

その体験をきっかけに、真実だけを話すことを決心します。

しかし、完全な正直さが、時に友人たちを傷つけることに気づき、悩むようになります。

ただの正直よりも、思いやりを持つことが大事だと教えてくれる一冊です。

おしえて! コロ和尚 こどものどうとく 人のきもちがわかる子になる!

作:釈 徹宗

絵:海谷 泰水

出版社:日本能率協会マネジメントセンター

仏教の教えをベースに、子どもたちの道徳観を深める絵本。

子どもたちの日常の疑問や不思議に、犬のコロ和尚がわかりやすく解説する物語です。

「友達を作る意味って?」や「なぜ挨拶が大切なの?」といった問いへの、コロ和尚の回答は?

スポンサーリンク

相手の気持ちを考える絵本(中学生)

中学生におすすめの、相手の気持ちを考える絵本をご紹介します。

しんゆうだけどだいきらい

作:石山さやか

好きな気持ちと嫌いな気持ちが混ざってしまって、どうすればよいのか分からない。

ずっと抑え込んでいた方が良かったのだろうか?

どうしたらいいのか、一緒に考える絵本です。

みえるとかみえないとか

作:ヨシタケシンスケ

そうだん:伊藤亜紗

出版社:アリス館

多種多様な人がいる中で、お互いの違いを尊重する重要性を、感じ取ることができる絵本。

お仕事
スポンサーリンク

にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

花ママをフォローする
タイトルとURLをコピーしました