妊婦の保育士、コロナ。体験談と対策を紹介!

お仕事

結婚や妊娠は、とても喜ばしいこと。

保育士は子どもが好きな人が多いので、なおさら妊娠は嬉しいと思います。

ただ妊婦は急に体調が悪くなったり、思うように身体が動かなくなったりします。

そして新型コロナウイルスが流行し、更なる不安が妊婦の保育士さんに出てきました。

コロナ禍で妊娠9か月まで保育士として働いた私が、妊婦の保育士のコロナ禍での体験談と対策をご紹介します!

 

保育士の妊娠報告については、こちら!



スポンサーリンク

妊婦の保育士、コロナ

コロナ禍で、さらに大変になった保育業界。

保育業界は、在宅勤務ができません。

 

日々の保育業務に加えて、玩具や保育室の消毒・換気等と、保育士の負担が増加しています。

上手くマスクを着けることが難しい子ども達のお世話は、保育士にとって感染のリスクが非常に高い現場です。

 

妊婦の保育士でも、コロナの状況はほとんど変わりません。

コロナ禍での保育園の仕事で、不安だったこと、苦労したこと、気を付けたことをまとめました。

妊婦の保育士がコロナで不安だったこと

妊婦でなくても、コロナに対して不安はありますよね。

妊娠して自分一人の身体ではなくなったので、私は余計に色々なことが不安になりました。

妊婦の保育士がコロナで不安だったことをご紹介します。

 

  • 保護者は感染者の多い地域で働いている人が多いため、コロナ感染リスクが高い。
  • 満員電車での職場までの通勤。
  • 自分が気を付けたり、休職したりしても夫は仕事に行かなければならないため、休職してもコロナ感染リスクは同じ。
  • 消毒液を使う機会が増え、胎児に影響がないのか不安。
  • コロナ禍でも、散歩に行かなければならなかった。
    ⇒保育園外に出ると人と接する機会が増えるので、感染リスクが高くなる。
  • 保育園内の会議が密になっている気がした。
  • 若い保育士は、あまり気にせず遊びに行っているという話を聞き、不安。

気を付けてはいるものの、保育園は密になる場面が多いので、妊婦保育士として不安に感じることが多かったです。

 

\ノンカフェインで赤ちゃんも妊婦さんも安心!/
ドルチボーレのオーガニックルイボスティー

妊婦の保育士がコロナで苦労したこと

妊娠中の保育仕事は、身体が思うように動かず苦労します。

たくさんの苦労がありますが、コロナによってより苦労したことをまとめました。

 

  • コロナ感染を恐れ、子どもからのスキンシップを断ることが多くなり、申し訳なく感じた。
  • つわりでしんどくなって、休憩しようと思っても、休憩できる場所がコロナの影響で閉鎖されていた。
  • 体調がすぐれないのが、妊娠の症状なのかコロナの症状なのか分からなかった
  • 換気をしないといけないが、室温を保つために、なかなか出来なかった。
  • 自分がコロナに感染すると保育園に迷惑がかかると思い、赤ちゃん用品の買い出しやプレママ体験などにほとんど行けなかった。

 

保育士である自分がコロナに感染すると、“保育園を2週間ほど閉園”しなくてはいけなくなります。

このことによるプレッシャーがすごくありました。

 

\妊婦さんのカフェイン対策に!/

あしたるんるんのノンカフェイン黒豆玄米コーヒー

妊婦の保育士がコロナで気をつけたこと

妊娠中は、とにかく色々なことに気を付けながら生活しました。

妊婦の保育士が、コロナで気を付けたことをご紹介します。

 

  • 頻繁に手洗い・うがいを行った。
  • 発熱、嘔吐、下痢をした子どもの処置は、出来るだけ行わないようにした。
  • 食事介助時にこまめに手洗い、消毒をした。
  • お腹が目立っていない時に、つわりでしんどそうにしているとコロナ感染者だと思われそうだったため、マタニティマークを見えるところに身につけた。

 

保護者にも安定期になるまで言わなかったので、体調不良だと思われ、不安を与えないように気を付けました。

コロナは前例のないことです。

妊婦の保育士として、様々なことに不安を抱き、気を付けました。

 

気を付けていても、コロナに感染する時は、感染してしまうはずです。

少しでも、コロナの感染リスクを下げるように行動することが大切だと思います。

 



スポンサーリンク

妊婦の保育士のコロナ対策

妊婦の保育士のコロナ対策についてご紹介します。

少しの対策でも行い、母体・胎児共に負担がかからないようにしましょう。

 

コロナ対策は色々あります。

しかしどうしても不安な場合は、“休暇をとる”“退職する”という選択肢になります。

 

休暇を取っても補償金が出るわけではありません。

退職したら、それ以降は給料がなくなります。

これからたくさんのお金が必要となってくるので、働けるのであれば、ギリギリまで働きたいですうよね。

 

保育士として働き続ける場合は、仕事をする上で下記のことを配慮すると良いと思います。

  • 発熱、嘔吐、下痢の園児の対応は、あまり行わないようにする。
  • 園庭など、戸外遊びを取り入れる。
  • 園児とあまり密接しないように心掛ける。
  • こまめに換気を行う。
  • 休憩時間でも、職員とコミュニケーションをとる場合にはマスクを着用する。
  • 研修など、不特定多数の人が多い場所は行かなくて済むように配慮してもらう。
  • 早番や遅番などを多くしてもらい、満員電車に乗らずに済む時差出勤を増やす。

お願いしにくいかもしれませんが、園長・施設長などに話してみましょう。

 

思わず毎日抱っこしたくなる

ANDROSOPHY(アンドロソフィー )

スポンサーリンク

新型コロナウイルスに関する母性健康管理措置

厚生労働省では、妊娠中の女性労働者の母性健康管理を適切に図ることができるよう、「新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置」を設けています。

ともに、この措置により休業が必要とされた、妊娠中の女性労働者のために、有給の休暇制度を設けて取得させる事業を支援する助成制度を設けています。

 

これらの措置の助成金の期限は、令和41月末までとなっています。

また、都道府県労働局雇用環境・均等部(室)において、新型コロナウイルス感染症への感染について、ストレスを感じたり、通勤や働き方で悩んでいたりする妊婦の方を対象に「母性健康管理措置等に係る特別相談窓口」を設け、相談に対応しています。

 

このように厚生労働省は、在宅勤務や働きやすい環境づくりなどの配慮を要請しています。

しかし、拘束力がありません。

ある調査によると、働いている妊婦さんの7割はコロナ禍でも働いている環境は変わっていないと回答しています。

そのため休業を認めてもらえなかったり、解雇をほのめかされたりするケースもあったようです。

まだまだ、コロナで妊婦にとって働きやすい環境が整っている職場は、少ないようです。

 

妊婦さん向けの情報誌を無料でお届け!

『ゼクシィBaby 妊婦のための本』
スポンサーリンク

まとめ

妊婦の保育士に対しては、十分に配慮してくれる保育園と、してくれない保育園があります。

コロナ禍であれば、なおさら配慮してほしいですね。

妊婦の保育士に配慮してくれる保育園でなければ、辛い思いをしてしまいます。

 

働いているとつい、妊婦でも頑張りすぎてしまいます。

無理せず、母体と赤ちゃんを大切に過ごしてくださいね。

 

私の働いていた保育園は、理解ある人が多く、たくさん配慮をしてもらいました。

私の他にもう一人妊婦の保育士がいました。

その人は“妊婦だから”という態度で仕事をしていました。

  • 「手伝ってもらって当たり前。」
  • 「感染するリスクがあるので、しなくて当たり前。」

そういう態度には、周りも協力したくなくなり、ギスギスした雰囲気になっていました。

妊娠中での保育の仕事が大変なのは、分かります。

さらにこのコロナ禍です。

それでも、周りに感謝することを忘れずに、無理しすぎず仕事をしていくことが大切ですね。

 

保育士の妊娠報告については、こちら!

 

産後の復帰については、こちら!

お仕事
スポンサーリンク
花ママをフォローする
花ママの便利帳
タイトルとURLをコピーしました