保育士を辞めたいと言えない。退職の伝え方を解説!

お仕事

保育士を辞めたいと言えないこと、ありますよね。

上司の反応が怖かったり、迷惑が掛かってしまうのではと思ったり。

 

保育士を辞めたいと言えない方に、退職の伝え方や、タイミングを紹介します。

しっかりポイントを押さえることで、言いづらさや伝える時の不安が少なくなりますよ!

 

保育士と辞めたいと言えない方は、コチラのサイトに登録するのもおすすめです!

専任のアドバイザーが、退職の伝え方やタイミングも、サポートしてくれますよ。

\入職後までサポート/

スポンサーリンク

保育士を辞めたいと言えない

保育士を辞めたいと思うには、理由がありますよね。

まずは辞めたい理由を明確にすることが大切です。

  • 人間関係のストレス
  • 激務
  • 給料の不満
  • 園の方針が合わない
  • 保育士という仕事が合わない

 

しっかり辞めたい理由を持っていないのも、保育士を辞めたいと言えない原因の一つになります。

辞めたい理由を再確認しましょう。

 

保育士を辞めたい理由はしっかりあるのに、辞めたいと言えない場合もあります。

保育士辞めたいと言えない理由と、対処方法をまとめました。

上司の反応が怖い

退職の意向を園長などに伝えた時の、上司の反応が怖いと思っている人も多いです。

保育士を辞めたい理由が上司である場合、なおさらです。

 

また、辞めたいと言った後の、上司の態度も気になりますよね。

そんな人は頭で、様々なシミュレーションをすることがオススメです。

辞めたいと言った時に言われるであろう反応を、自分なりに考えておきます。

反対されるパターン、すんなり了承されるパターン、嫌みを言ってくるパターンなど。

そうすることで、自分なりに受け止めやすくなりますよ。

引き止められたら心が揺らぐ

保育士を辞めたいと言ったら引き止められた経験のある人もいるのではないでしょうか?

引き止められると、退職しようとしていた気持ちが揺らぐ保育士も、少なくありません。

気持ちが揺らぐ保育士は、退職したい意思が固まってないのではないでしょうか。

 

「引き止められたら保育士を頑張ろう」と思えるのなら、退職したいと言うべきではありません。

引き止めて欲しいと思っている人は、不満がある事について、上司に伝えましょう。

何に不満があって、退職したいと思ったのかを明確にし、上司に伝えます。

そうすることで、問題が解決するかもしれません。

 

辞めたいと言うのは、「どんなに、誰に引き止められても退職する」という強い決意を持っている時だけです。

その強い気持ちを持って、退職を伝えましょう。

他の保育士へ迷惑がかかるから辞められない

人手不足の保育園も多いですよね。

それが原因で、激務であったり、残業があったりで、辞めたい保育士も多いでしょう。

 

そんな中自分が辞めると、さらに人手不足になり、他の保育士に迷惑がかかると思い、なかなか辞めたいと言えない保育士もいます。

 

年度途中で急に辞めてしまうと、他の保育士に迷惑がかかります。

しかし、年度末で退職すれば、他の保育士に迷惑をかけずに退職することができます。

 

また、年度が変わるときの方が新しい保育士も見つかりやすいです。

他の保育士への迷惑や負担を考えているなら、年度末で退職することを、早めに伝えましょう。

 

場合によっては、今すぐに辞めたい保育士もいますね。

辞めたかったら辞めましょう。

他の人のことを考えすぎて、限界を通り越してはいけません。

 

あなたが辞めると、他の保育士は大変になるかもしれません。

しかし、なんとかするはずです!

考えすぎると、辞めるタイミングを逃してしまいます。

周りのことを考えるのも大切ですが、あなた自身のことを優先してくださいね。

転職先が見つかるか不安

保育園を辞めて、“次の転職先が決まるのかどうか”という不安は誰にもでもあります。

また、“転職先が嫌な雰囲気だったらどうしよう”という不安もありますよね。

 

しかし、悩んでいても何も始まりません。

転職先が不安だから辞めたいと言い出せないのなら、今のところで頑張るしかないです。

 

今回の保育園で不満だったところを確認し、当てはまらない転職先を探してみましょう。

妥協せず、じっくり探すことで、良い転職先に巡り合えるでしょう。

未練があるなら、気持ちを整理!

保育士を辞めたいと考えてみた時に、未練があるのなら、今は辞めるタイミングではないのかもしれません。

未練があるのなら、自分の気持ちとしっかり向き合って整理しましょう。

スポンサーリンク

保育士の退職の伝え方を解説!

気持ちを整理して、辞めたい意思がしっかり固まったら、退職の準備に入りましょう。

できるだけ円満に退職したいですよね。

円満に退職するために気を付けるポイントをまとめました。

必ずしも本当の退職理由を言う必要はない

人間関係に悩んでいたり、不満があったりする場合、本音を言いたい気持ちになるかもしれません。

しかし、本当の理由を伝えると「改善するから」「考えすぎ」などと言われる可能性もあります。

本当の退職理由を伝えることで、厄介なことになるのは困りますよね。

 

辞める理由は、当たり障りのないことや、ポジティブなことを伝えましょう。

 

当たり障りのないこととは、健康上の都合や家庭の事情などです。

残業が多かったり、人間関係のストレスがある人は何らかの不調が身体に出ていませんか?

「身体が休まる時間がなく、ずっと疲労している状態です」など、今の状態を伝えましょう。

 

多少の誇張は良いですが、誇張しすぎにはならないように注意してください。

その時に、不調の原因を問われても、具体的には答えない方がいいです。

 

人間関係が原因と言えば、「配慮する」など言われる可能性があります。

原因を問われても「自分では分からない」などと言えば大丈夫です。

 

退職理由を家庭の事情にする場合、嘘は禁物です。

退職理由の具体的な例をご紹介します。

退職理由の例①「次の職場が決まっています」

転職先が決まっているのなら、引き止められることはないでしょう。

転職先が決まっていないと、「転職先が決まるまでいてほしい」などと言われる可能性があります。

伝える時には転職先を決めておいた方が辞めやすいです。

退職理由の例②「勉強に専念する予定です」

資格を取ったり、他業種に進みたいと思っている保育士にオススメの理由です。

勉強したいと言うのではなく、学校や職業訓練に通う予定があることを伝えましょう。

具体的な計画が決まっていれば、引き止められなくなります。

“仕事をしながらでは、勉強に専念できない”ということを強調しましょう。

嘘は言わない方が良い

退職理由に嘘は禁物です。

話に一貫性がなく、嘘だとばれてしまう場合もあります。

そうなると、後味が悪くなってしまうので、嘘は言わないでおきましょう。

多少の誇張なら大丈夫ですが、真実を伝えるべきです。

お詫びと感謝を伝える

退職を伝える際はしっかりと、お詫びと感謝を伝えましょう。

例え嫌な上司でも、最悪な人間関係でも、お詫びと感謝はしっかり伝えましょう。

社会人としてのマナーです。

しっかり伝えることで、退職への強い意志も伝えることができます。

スポンサーリンク

退職を伝えるタイミング

退職の伝え方が決まったら、退職するタイミングと伝えるタイミングを決めましょう。

このタイミングを間違えると、円満退職が上手くいかないこともあります。

具体的な退職日まで決めましょう。

 

退職のタイミングとして、最適なのは年度末です。

保育園側も、退職者がいるかもしれないと思っているので、伝えやすいです。

次年度の意向調査の時に伝えるのがベストです。

「年度末までは、一生懸命頑張ります」と添えると、より良い印象になりますよ。

退職1カ月前には伝える

年度途中で退職したい場合や、意向調査の後に退職を決意した場合は、1か月前までに伝えましょう。

行事の多い時期は、保育園もバタバタしているので、避けた方がいいです。

運動会前や発表会前などは避け、準備もまだしていない時期を選びましょう。

5・6・8・11・12月が比較的良いのではないでしょうか。

週末がベター

週の始めに退職を伝えると、その週は呼び出されて引き止められる可能性もあります。

週末に伝えると、休日を挟むので、上司とのやりとりにワンクッション置くことができます。

 

上司の反応を見て、休みの間にシュミレーションが出来たりもします。

お互いが冷静になれる週末が、退職を伝えるベストなタイミングです。

上司の状態をチェック

ベストな伝え方で、ベストなタイミングで伝えても、上司の状態が悪いと、最悪なタイミングになってしまいます。

保育士を辞めたいと言う前に、上司の状態をチェックしましょう。

  • 保育園でトラブルが起こっていないか
  • 上司の仕事は忙しすぎないか
  • 体調、機嫌は悪くないか

しっかり見極めましょう。

 

月初め、月末は、仕事が多い可能性があります。

避けた方が無難です。

 

伝えるタイミング、時期、上司の状態、これら全てしっかり見極め、退職を伝えましょう。

スポンサーリンク

保育士専門の転職コンサルタントに相談!

自分自身で、気持ちの整理が出来なかったり、転職先に不安がある人もいるのではないでしょうか?

そんな時は、保育士専門の転職コンサルタントに相談してみましょう。

 

あなたの気持ちに寄り添って、ベストな判断をしてくれます。

保育士専門の、転職コンサルタントに登録をすると、自分に合った求人や現在の転職事情など、必要な情報を知ることができます。

転職活動を一人で全てするよりも、専門家に相談することで、転職のストレスを軽減することが出来ますよ。

 

\入職後までサポート/
 
 保育士専門求人サイトほいく畑 

 

自分に合う非公開求人を
\ 紹介してもらえる / 

⇒ジョブデポ保育士

 

\1都3県に特化!/⇒ホイクルージョブ

 

\自分のペースで転職できる/
  
保育Fine!

https://natura-plus.com/archives/7593  

スポンサーリンク

まとめ

保育士を辞めたいのに言えない方の対処法をまとめました。

 

私も、保育士を辞めたい時に、どう切り出そうかとても悩みました。

 

私は次にやりたいことがあり、業種も違ったので、タイミングをしっかり確認して伝えることに配慮しました。

「続けたら?」「今辞めたらもったいないよ」など引き止めの言葉をたくさん掛けられました。

嬉しいことですし、子どもといる時は楽しかったので流されそうになることもありました。

 

しかし、仕事で納得出来ないところがあったので、それを思い出し、強い意思を持ち続けました。

上司の反応が怖くて辞められない気持ちも分かりますが、辞めると決まれば、ストレスが半減します!

「あと〇日で終わり」と、ゴールが見えてくるので、気持ちも楽になりますよ!

 

退職を伝えるまでは辛いですが、伝えたら楽になります。

伝えてから、風当たりが強くなったとしても、ゴールは見えています。

終わりのない嫌な仕事をし続けるのではなく、嫌な仕事は早くゴールに向けて進み、自分に合う職場で、仕事をする方が良いですよね。

保育士を辞めたいと言えない方が、一歩踏み出せるきっかけになれると幸いです。

お仕事
スポンサーリンク
花ママをフォローする
花ママの便利帳
タイトルとURLをコピーしました