保育士の転職先ランキング!キャリアを活かせる転職先を紹介!

お仕事

人気関係や仕事量の多さから、離職率が高いと言われている保育士。

保育園での仕事に疲れてしまったという保育士は、どんな場所に転職しているのでしょうか。

人気の転職先も気になりますね。

 

ここでは、保育士の転職について、保育業界への転職、異業種への転職に分けてご紹介します。

現在の職場からの転職を考えている保育士さんに参考になる情報をお届けします。

 

保育士で転職を考えている方は、まずはこちらに登録すると、自分に合った非公開求人を紹介してもらうことが出来ますよ!

専任アドバイザーが、転職を【無料で】全てサポートしてくれます。

時間のない保育士でも、スムーズに転職活動ができますよ!

\入職で、最大10万円のお祝い金/

ジョブデポ保育士
スポンサーリンク

保育士の転職先ランキング・保育業界×保育士

保育士の中には「やはり子どもが好き」という理由で、保育業界へ転職する方もいます。

今まで培ってきた保育のノウハウを活かせるのもメリットですね。

 

【保育士に人気の就職先ランキング・保育業界×保育士】をご紹介します。

それぞれの職場の特徴と魅力も簡単に説明していますので、参考にしてください。

1位:公立保育園

公立保育園は、給与水準が高く福利厚生も手厚いため、非常に人気の高い就職先です。

ただし、それだけ競争倍率は高く、採用までの道のりも険しいともいえます。

 

狭き門であることは事実ですが、苦労するだけの価値がある就職先ということも事実です。

運営母体が安定しており、保育方針も至って普通という特徴もあります。

 

なによりも、公立保育園には勤続年数による昇給があるのも大きなメリットといえるでしょう。

 

【公立保育園で働くメリット】

  • 給料が高い
  • 一般的な保育方針である
  • 勤続年数による昇給がある

2位:病院内保育施設

病院内保育施設は、病院に勤務する医師や看護師などの子どもを預かる保育施設のことです。

比較的小規模施設であり、保護者との連携がとりやすく、園行事が少ないため保育士の業務負担が少ないという特徴があります。

 

また、夜勤の看護師が利用することもあり、24時間365日稼働している保育施設もあります。

勤務する保育士もシフト制で、フレキシブルな働き方が選べます。

夜勤に入れば夜勤手当が支給されるなど、高い給料も魅力的でしょう。

 

【病院内保育施設で働くメリット】

  • 小規模施設で保育士の業務負担が少ない
  • フレキシブルな働き方が選べる
  • 夜勤には手当が支給される

3位:企業内保育施設(事業所内保育所)

企業内保育施設(事業所内保育所)は、企業で働く従業員のために設置される保育施設のことです。

病院内保育施設と同様に、小規模施設となるため預かる子供の数が少なく、園行事の数も少ない傾向があります。

 

また、勤務時間はその企業の従業員に準じるため、基本的にカレンダー通り、土日祝日に休みを取ることができます

子どもの発熱などの緊急時、保護者と連絡がとりやすいというのも大きなポイントですね。

 

【企業内保育施設で働くメリット】

  • 小規模施設で保育士の業務負担が少ない
  • 基本的に土日祝日は休み

4位:病児保育施設

病児保育とは、保育園などに通う子供が風邪などの病気になった際、保護者に代わって子供の預かる保育サービスのことです。

施設には、下記の3種類があります。

  • 医療施設併設型
  • 保育所併設型
  • 単独型

 

病児保育施設勤務のメリットは、預かる人数が少ないため、一人一人の子どもとじっくり向き合えること。

子どもの療養が中心の施設のため、保育士自身の心身負担が軽いことも魅力です。

 

保育士であれば、病児保育施設で働くにあたって特別な資格も不要です。

近年では保護者からのニーズも高く、高待遇の病児保育専従の保育士求人も増えています。

 

病児保育施設で働くメリット

  • 子ども一人一人とじっくり向き合える
  • 高待遇の求人もある

5位:小規模保育施設

小規模保育施設(小規模認可保育所)は、平成27年に施行された「子ども・子育て支援新制度」によってできた国の認可事業です。

0~2歳児を対象とし、定員6~19人以下の少人数の保育園となります。

 

落ち着いた家庭的な環境で、きめ細やかな保育ができるというメリットがあります。

また、乳幼児保育のため、走り回って遊ぶなどの体力的な負担が少ないのもポイントです。

園行事もコンパクトである場合が多いようです。

 

小規模保育施設で働くメリット

  • 少人数で落ち着いた職場環境
  • 体力的な負担が少ない
スポンサーリンク

保育士の転職先ランキング・保育業界×異職種

保育士として保育施設へ転職する方もいれば、保育施設以外に転職する方もいます。

保育施設以外も転職先として視野に入れることで、選択の幅もぐんと広がるでしょう。

 

ここでは、保育関連でありながら保育園ではない人気の転職先をご紹介します。

仕事内容や特色なども解説していますので、参考にしてください。

1位:保育専門の人材派遣会社で働く 

保育専門の人材派遣会社での業務は、保育施設と転職したい保育士の間に立って、両者をマッチングする仕事です。

今までの保育士としてのキャリアを存分に生かすことができるというメリットがあります。

給与や福利厚生など待遇面も良いケースが多いようです。

 

実際、人材派遣・人材紹介の業界平均年収は529万円と、保育士の平均年収を大きく上回っています。

そのため、「保育の仕事には関わりたいけれど、待遇面に不満がある」という方にとっては、非常におすすめな転職先だといえるでしょう。

 

【保育専門の人材派遣会社で働くメリット】

  • 保育士としてのキャリアを活かせる
  • 待遇面が良い

2位:保育園運営会社で働く    

私立保育園は民間企業が運営しているところも多くあります。

私立保育園の運営や管理をするのが、保育園運営会社です。

仕事内容は部署によって違いますが、運営管理や人事部などに配属されるケースが多いようです。

 

民間企業に勤務することになるので、保育士として働くより労働環境が改善され、サービス残業などからも解放されるでしょう。

保育士としての現場経験も十分活かせるため、人気の転職先となっています。

 

【保育園運営会社で働くメリット】

  • 民間企業の会社員として働くことができる
  • 保育士経験が活かせる 

3位:ベビーシッターとして働く

ベビーシッター登録会社に保育士として登録し、依頼者の自宅などで子どもを預かるベビーシッター。

ベビーシッターは、登録会社の研修を受けることで、保育士の資格がなくても働くことができます。

 

保育士の資格と経験がある場合、時給の設定がはじめから高い場合もあり、保育経験者は貴重な人手ともいえます。

1人1人の子どもとゆっくり向き合えるほか、保育園で働いていた時のように、人間関係の問題も生じないこともメリットです。

 

【ベビーシッターとして働くメリット】

  • 時給設定が高い
  • 1人1人の子どもと向き合える
  • 保育士同士の人間関係のギクシャクがない

4位:子育て広場で働く

子育て広場とは、子どもを育てる親とその子どもが気軽に集い交流を図る場です。

地域の子育て拠点として、市町村が設置・主導しています。

 

保護者同伴で訪れる場のため、保育園のように子どものお世話で走り回るような仕事も少なめ。

また子育て広場は、家庭を支援する役割を担っているため、保護者からの悩み相談を受けるという仕事もあります。

保護者対応が苦にならない方におすすめです。

子育て広場では、保育士の仕事量を増やす原因となる事務作業が少ないため、働きやすく非常におすすめです。

 

【子育て広場で働くメリット】

  • 体力を使う仕事が少ない
  • 保護者対応が得意な保育士におすすめ
  • 事務作業が少ない

5位:保育ママとして働く

保育ママの制度は、都市部を中心に問題となっている待機児童を解消するため2010年に設立されたものです。

満3歳未満の子どもを対象に、保育ママの自宅や安全に配慮された場所で保育を行います。

 

児童とマンツーマンでの保育が多いため、1人1人に合ったに保育を行うことができます。

そのため、「理想的な保育が実現できる」との声が多いです。

 

労働時間については原則として8時間と規定されています。

また、保育料にプラスして、ほとんどの自治体では補助金を受けることも可能です。

 

例えば東京都江戸川区では、環境整備費と保育補助費を合わせて10万円(乳児1人の場合)を支給しています。

ただし、補助金は自治体によって異なりますので、事前にしっかりと確認する必要があります。

 

【保育ママとして働くメリット】

  • 都市部に住む保育士におすすめ
  • 理想的な保育ができる
  • 自治体による補助金制度がある
スポンサーリンク

保育士の転職先ランキング・異業界

保育士の仕事を離れ、違う職業を選ぶ方もいます。

勇気のいる選択ではありますが、保育士時代に感じたストレスや辛さがなくなるという点では、抜本的な解決方法でもあります。

 

保育士の資格を持っていれば、再び保育士と働くことができます。

一旦、異業種に就いて視野を広げてみたい方もいるでしょう。

\再就職を希望する女性を無料サポート/

女性しごと応援テラス・東京しごとセンター

 

ここでは、保育士から異業種への転職先の人気ランキングをご紹介します。

1位:一般事務・オフィスワーク

保育士はWordやExcelを使った事務作業が多いため、ある程度PCを使いこなせる方がほとんど。

PCのスキルを活かして事務職に転職する方が多いようです。

一般事務は給料面で言えばあまり高くありません。

 

しかし、仕事内容や勤務時間の面では保育士よりも楽な部分も多いです。

企業の事務職には、総務・人事・経理といった管理部や、カスタマーサポートなどがあります。

営業事務や貿易事務などは、事務の中でも給料が高めです。

2位:サービス業(販売、飲食、アパレル、アミューズメント)

子ども服の販売や、子どもの職業体験施設など、子どもに接するサービス業も、転職先として人気が高いようです。

保育士の経験があれば子ども向けの仕事で有利になります。

 

保育士経験者は、明るい笑顔や優しい対応ができると評価されやすい面もあります。

そのため、未経験からの入社も難しくありません。

女性特有のギスギスした人間関係はあまりなく、未経験OKの求人も多いです。

3位:総合職(営業・企画)

総合職の営業は、既存のクライアントや関係者とのやり取りを主に、人と接する仕事です。

保育士としてのコミュニケーションスキルが活かせるでしょう。

 

また、企画職は自社商品やサービスの開発・商品化、マーケティングなどを行うため、保育士としてのもの作りのスキルが活かせます。

特に子ども向け商品の企画の場合、「子ども=顧客が喜ぶものを作る」ための視点があるのも強みになります。

4位:介護職

介護職は保育士と同じ福祉職です。

保育士の仕事に共通する部分が多く、スキルを活かしやすいようです。

 

介護職は福利厚生や給料面で保育士よりも優遇されている企業も多いので、良い条件で働くこともできます。

介護職は人手不足で募集も多いので、転職先が見つかりやすく、未経験でも入社もしやすいです。

\高収入求人あり!/

5位:幼稚園教諭

保育科を卒業した保育士であれば、幼稚園教諭の資格も持っている方も多いですね。

保育士の資格は一生使える国家資格です。

 

しかし、幼稚園教諭の免許には更新期限があり、定められた期間内に更新の必要があります。

また保育士は、

「児童福祉法」に基づく国家資格を持ち、0歳の乳幼児からを世話する

という資格であるのに対し、幼稚園教諭は、

「教育職員免許法」にもとづく教員免許を持ち、3歳の幼児からに教育的指導を行う

という違いがあります。

そのため、保育園は「生活の場」、幼稚園は「教育の場」と区別されていますね。

 

しかし、保育士として培ってきたスキルは活かせるでしょう。

保育士と似た業務内容・職場環境なため、保育士を辞めたい理由によっては、再び辞めたくなる可能性も高いです。

\幼稚園教諭の求人も豊富!/ 
  
ジョブデポ保育士 
スポンサーリンク

転職エージェント・転職サイトを活用!

転職するからには、後悔は絶対したくないですよね?

保育士専門の転職エージェントは、実際に紹介する保育施設などに足を運び取材を行っているため、

  • 給料の実情
  • 残業の有無
  • 人間関係や働いている人たちの人柄

まで把握していることもあります。

 

また、無料で利用できるため、後悔しない転職をするには非常に頼りになる存在です。

転職サイトやエージェントを利用することで、無料でサポートしてもらえるなら心強いですよね。

 

ただし、気を付けて欲しいのは、

  • 転職エージェント毎に保有している求人が違う
  • 担当コンサルタントと相性の合う合わないがある

ということです。

 

そのため、複数のサイトに登録して、一番自分が使いやすく希望に沿っていると思ったサイトを選ぶのが転職活動のセオリーです。

上手に活用することで、転職に成功している方もたくさんいますよ。

 

\入職後までサポート/
  
保育士専門求人サイトほいく畑 

 

自分に合う非公開求人を
\ 紹介してもらえる / 

⇒ジョブデポ保育士

 

\1都3県に特化!/⇒ホイクルージョブ

 

\自分のペースで転職できる/
  
保育Fine!
スポンサーリンク

まとめ

今回は保育士の転職先について、保育業界また異業種の人気の転職先を紹介してきました。

保育士として仕事をしていても、いずれは転職を考えることもあるでしょう。

そんな時に、こちらで挙げた職種が候補として参考になれば幸いです。

 

異業種へ転職する場合、年齢を重ねるほど難しくなるとも言われています。

保育士の仕事に違和感を感じた、どうしても転職をしたいと思ったら、早めに転職を考えるのもよいでしょう。

 

筆者は元保育士で現在はWEBライターをしています。

元保育士だろうが学歴よりも結果を求めるクライアントならば関係ないと感じています。

未経験の仕事でも努力と向上心、学ぶ姿勢があれば、結果に繋がります。

保育士としての経験も活かすことができますよ!

 

初めてでも、クラウドワークスを使えば、自宅で簡単にお仕事を始めることができます。

資格不要で稼げる!

\スマホでもできる高収入在宅バイト/

お仕事
スポンサーリンク
花ママをフォローする
花ママの便利帳
タイトルとURLをコピーしました